【リピート】3話のあらすじと視聴率!ぱるるが狂気のストーカーで怖すぎと話題!

【リピート】3話のあらすじと視聴率!

  • 貫地谷しほり×本郷奏多×ゴリがタイムリープする読売テレビ木曜ドラマF。
  • ぱるること島崎遥香のストーカーが話題!?
  • 今回はゴリのタイムリープの理由が判明して…。
  • 視聴率、あらすじネタバレと感想をまとめます。
読売テレビ・日本テレビ系、2018年1月期のプラチナイト・木曜ドラマは、【リピート~運命を変える10か月~】。 主演は、貫地谷…
貫地谷しほり・本郷奏多・ゴリ主演のドラマ【リピート】が絶賛放送中! ここでは【リピート】全話のあらすじと視聴率、視聴率予想のほ…
スポンサーリンク

【リピート】3話の視聴率

リピート3話img_1

【リピート】3話の視聴率は分かり次第更新します。

【リピート】3話のあらすじ

リピート後、高橋和彦(福田転球)に続いて横沢佐知子(手塚理美)も亡くなった。風間(六角精児)のもとに集まったリピートメンバーは不安でいっぱい。天童太郎(ゴリ)は「偶然なのか?」と怪しむが「偶然でないならなんだと言うんです?」と言う風間。


その後、篠崎鮎美(貫地谷しほり)や毛利圭介(本郷奏多)、天童が佐知子のラストダンスの図書館に集まって冥福を祈った。天童に、元妻の文香(ちすん)から電話があった。息子の淳史(南出凌嘉)とともに3月23日からアメリカに移住すると言う。「いいわよね?会わなくて」と尋ねる文香に、「ああ、会わない」と天童。

鮎美が電話の内容を聞いても「秘密だ」と天童。圭介は天童のリピートした理由はカフェの新メニュー以外にあると疑うが、天童は、はぐらかして去った。


圭介が帰宅すると由子(島崎遥香)が勝手に料理していた。生肉とともに「圭介LOVE」の血文字が皿にあった。圭介は追い返すが由子は「絶対別れない」と叫んだ。


リピートripi-to img_2

3月23日が来た。天童のカフェに鮎美と圭介が訪れると、天童は再び文香から電話を受けて、淳史がと飛行機の時間を一本遅らせて会いに来るという。慌てる天童に「何があったんですか?」と尋ねる鮎美。「実は……」と白状する天童。

リピート前の3月23日。渡米前に、天童の店に淳史を招いた。楽しい時間を過ごしたが、その後、高速バスに乗って成田空港に向かうバスが、交通事故に巻き込まれた。…死んだのは淳史一人。

…天童がリピートした本当の理由は、その事故を避けるためだった。

天童は出ていこうとするが、「待って!」と鮎美は止めた。「淳史君のお父さんに会いたいって気持ちはどうなるんですか?自分に会いたくないと思うって悲しくないですか?逃げないで向き合ってください」

「俺もこいつに賛成だ。空港への行き方を変えればいいんじゃないか?」と圭介にも説得され、天童は淳史に会うことにする。

リピートripi-toimg_3

…「淳史!久しぶりだな」天童と淳史は二人で楽しく時間を過ごす。そして時間になり、天童は淳史を文香の元に連れて行く。天童は文香に「バスに乗るのは止めてくれ」と頭を下げる。だが、代替手段の電車も事故で遅延。

圭介が、天童にレンタカー屋を携帯メールで知らせる。天童は車を借りに走ったが、その間に文香は淳史を連れてバスに乗ってしまい、見張っていた鮎美も思わず一緒にバスへ。

天童と圭介はレンタカーでバスの後を追う。事故は16時12分。あと10分だ。 鮎美も必死に運転手に訴えるが相手にされない。圭介は乗客に訴えるよう携帯で指示。

「おまえが一人で降りろ」と責められるが、淳史だけは「お父さんが自分の勘を信じろって言ってた。お姉ちゃん、お父さんの友達でしょ?僕、降りる」と鮎美を信じてくれた。その瞬間、対向車線でふらつく車が!「あそこ、前!」と鮎美が叫んだ。

運転手は急ブレーキをかけて追突事故は回避できた。そこに天童と圭介がきて「淳史!無事か?!」と淳史をだきしめる天童。

そしてその後、天童たちは無事に淳史と文香を成田空港まで送り届けた。

家の近くの公園まで戻った鮎美は、偶然一樹(松田悟志)に会う。圭介に「逃げるな」と言われ、思い切って浮気を尋ねる。だが一樹は嘘で誤魔化そうとする。しかし鮎美は「このゲス野郎!私は都合のいい女になりたくい!……だから別れて下さい!」と言ってしまう。

すると一樹は「鮎美みたいな地味な女と結婚してやろうってのに、別れるとかふざけんな!最低な女だ!」と鮎美を罵る。何も言い返せない鮎美だったが、その時、「最低なのはあんたの方だ」と圭介が現れた。「あんたにこいつはもったいないよ」と言い、鮎美の手を取って連れ去る。

鮎美が圭介にお礼を言っていると、天童からの電話で呼び出された。先ほどの高速バスが事故にあったという。淳史とは別の小学生の男児が一人、事故死した……。「別の子が犠牲に!?」と鮎美が驚いていると風間が来る。「困りましたね。忠告したはずです。人の生き死にを変えるのは禁止だと。ルールを破るなら、あなたたちにも何が起こるか分かりませんよ。どうぞお忘れなく」

…その頃、由子は圭介の部屋に隠しカメラを設置していた。

【リピート】3話の感想

ぱるる(島崎遥香)の狂気の演技が話題!

ラストはカメラを設置して笑っていましたね。

恐い!

((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

そしてリピート後の結果はハッピーとは限らない、そんなストーリー展開に引き込まれてしまう視聴者多数。

風間の不穏な忠告、ぱるるの暴走、鮎美と圭介の進展など今後もますます見逃せません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク