ドラマ【電影少女】1話の動画とネタバレあらすじ!西野七瀬のアイとお風呂入りたいと話題!?

2018年1月9日

ドラマ【電影少女】1話の動画とネタバレあらすじ、感想まとめ!

乃木坂46の西野七瀬×野村周平のW主演でおくる桂正和の人気漫画『電影少女』のドラマ版。

「電影少女」第1話がAmazonで独占先行配信。ビデオガール・アイを演じる西野七瀬の可愛さが第1話から爆発!?

(C) 『電影少女 2018』製作委員会

スポンサーリンク

ドラマ【電影少女】1話の動画

ドラマ【電影少女】はAmazonプライム・ビデオで独占先行配信しています。

『チェイス第1章』『東京アリス』『はぴまり』ほかオリジナルドラマも豊富。無料期間もありますよ。

ドラマ【電影少女】1話のあらすじ

※ここから先はネタバレを含みますのでご視聴前の方はご注意下さい。

物語は90日前にさかのぼる―。

普通の高校生・弄内翔(野村周平)は、両親の離婚を機に、中立を選んで親戚の絵本作家の叔父・弄内洋太(戸次重幸)の一軒家に居候する。

けれど家には誰もいない。今、叔父さんは国内外を転々としている。奥さんもいるはずだが会ったことはない。

つまり初めての1人暮らし。翔も悪い気はしない。

2階の叔父さんの部屋は物置状態。遊びに来た翔の親友・古矢智章(清水尋也)が帰るとポツンとなり急に腹が減った。

学校生活では、翔は同じクラスのマドンナ・柴原奈々美(飯豊まりえ)に恋心を抱いていた。今日もラインでメッセージのやりとりをする。シナリオが完成したようだ。

授業中に翔は菜々美を盗み見て横顔を絵に描いた。先生にも一人暮らしを親から知らされていた。

放課後の教室。菜々美が足を組むしぐさ、太ももについ目がいってしまう翔太。古矢智章もやってきて、菜々美のシナリオを都合よいとダメ出しする。

「本気で言ってくれて嬉しい」と菜々美が言う。彼女の気持ちは智章にあった。ハッピーな脚本は菜々美の想いが込められていた。翔の気持ちを知る智章は、奈々美の想いに気づかないふりをしていた。この3人の関係・仲間が終わってしまうから。だけど俺は――。

翔は恋模様にモヤモヤしていたその夜。突然、クローゼットの中から物音が聞こえる。扉を開けると、1本のビデオテープと故障したビデオデッキがあった…。

VHSが入ったままのデッキの引っかかりを直して再生すると、流れて来たのは――

『GOKU RAKU / VIDEO GIRL』の文字。と、

『なぐさめてあげる♡ 天野あい』とタイトルらしき画面。

続いて女の子が登場。

アイ「こんにちは。あたしの名前は、天野アイ!」

翔「AVかあ、ないない。今はない」

アイ「待ってえ!どうしたの?元気がないね。何があったの?

そう。

好きな想いを押し殺して、ご両親とも離れて、たったひとりで全部背負って…

でも友達も片思いの人も家族も、みんな大切ってことなんだよね。

大丈夫。あなたの思い、痛いほど分かるよ。

私なりに、精一杯なぐさめてあげるね♡」

なにこれ??…翔は呆然と画面を見つめていた。

「想像して。心に描いて。私に何をしてほしいのか…

分かった。今日からいつもそばにいてあげる」

突然、光に包まれ天野アイ(西野七瀬)と名乗る女の子が、画面から中から飛び出してきた…!

画面に引っかかるアイの手を握った翔は強く、強く現実世界へと引っ張り込んだ。

うつぶせに倒れたアイは「いてえ。ちゃんとしとけよ、手入れ!ぼろっちいデッキ使いやがって。死ぬかと思っただろお」

アイは自分で暴言だと気づき…

「ぼろっちい、おデッキお使いに、おなりやがって。」

翔はVRかと思った手をふらふらしていたらアイのほっぺに触れた!?

「オレ、天野アイ!よろしくね」

翔は叔父さんに電話したが電波が悪く切れてしまった。ネットで質問してみたら「VRですね」の回答。

「何してほしい?君が望むこと何でもしてやるよ。」

アイがからみついてきたので慌てて離れる翔。突然、アイが早くなって…

翔がデッキで早送りしていた。「寿命が縮む」と怒るアイ。再生時間は3か月なのだ。

お風呂にも一緒に入ろうとするが翔は拒否。「オレじゃダメかな?ダメ?願ったよねオレにいて欲しいって」

好きな人がいるからしないのだ。翔は好きな人には他に好きな人がいるから気持ちを押し殺していた。あの子が幸せなら伝えなくてもいい。けれど中途半端なことはしたくないのだ。だからアイとは入らない。話しを聞いていたアイは翔を見つめていきなり言った…

――お前のイイトコひとつみっけ!

翔の1人暮らしは1日で終わった。そこへ叔父・弄内洋太が帰宅。「ホントにアイなのか?25年前俺たちはここで暮らしてたんだ。」

「え?」アイも翔もびっくり仰天して…

ドラマ【電影少女】1話の感想

「漫画だからあのエロは良いんだ」と原作ファンに心配された実写化ですが、

西野七瀬の可愛さが1話から爆発。

お風呂に入る・入らないで走り回りたい人が続出!?

オレじゃダメ?

と言われたい!?ファンには西野七瀬のPVのようで必見。

「コバンザメ~!」もカワイイと話題!

何それ?

コバンザメってサメが宿主にくっつく習性があるから、アイが翔にくっつくことを意味するんですね。

しかし野村周平がうらやましすぎます。

これは予想されたことですが、西野七瀬さんファン・なーちゃん推しからは野村周平さんへの嫉妬の嵐!

演技ですからお手柔らかに。ファンは複雑ですね。

ドラマ【電影少女】は30分でサクッとみられて楽しい時間をおくれます。おすすめ!

Posted by Jima