【トドメの接吻】2話あらすじと視聴率!志尊淳の歪んだ愛に山崎賢人は逃げ切れるのか?

【トドメの接吻】2話のあらすじと視聴率!

2018年1月開始の日曜ドラマ【トドメの接吻】。

1月14日に【トドメの接吻】2話が放送されました。

クズなイケメンホストの前に現れた謎の女。

その女にキスをされると絶命し、何故か7日前に何度も戻ってしまう・・・。

運命のその先は?生と死が織り成すサスペンスドラマです!

【トドメの接吻】2話の視聴率、あらすじ、感想をまとめます。

2018年1月7日開始の日曜ドラマ【トドメの接吻】。 【トドメの接吻】の視聴率と最終回ネタバレについて紹介します。 女を…
スポンサーリンク

【トドメの接吻】2話の視聴率

【トドメの接吻】2話の視聴率は6.5%でした。

1話の7.4%からダウンしてしまいましたが、2話の黒幕発覚の衝撃ラストに今後の視聴率にも影響がありそうです。

【トドメの接吻】2話のあらすじ

旺太郎(おうたろう)(山﨑賢人)は自分を襲う“キスで殺す女”(門脇麦)から「あなた、狙われてるか」という謎の言葉を残され混乱する。

心配しボディガードを買って出た和馬(かずま)(志尊淳)から暫く出歩かない方がいいと言われる旺太郎だが、どうしてもモノにしたい100億円の女・美尊(みこと)(新木優子)の友人の菜緒(なお)(堀田茜)から指名を受け出勤する。

しかし、美尊に会うための糸口を探っている最中、店のバックヤードで旺太郎の栄養ドリンクを飲んだ同僚ホスト・柿崎が倒れて騒ぎに。

さらに旺太郎のロッカーから毒物が見つかり、容疑者にされてしまう!和馬の助けで警察署から逃げ出した旺太郎は、イブの夜ロッカーにあった赤いルージュの「デンジャラス」というメモが毒入りドリンクの警告だったのではと思い、店へと急ぐ。

すると毒物騒ぎで閉店へと追いやられた店にキス女からの呼び出しの電話がかかってきて…。

警戒しながら待ち合わせ場所に向かった旺太郎だが、なんと突然背後から包丁で刺されてしまう!意識の遠のく中、現れたキス女が再び「あなた、狙われてるか」という言葉とともに死のキスをして…。

目を覚ますと、そこは7日前のナルキッソス。旺太郎は毒入りドリンクを飲もうとしている柿崎を危機一髪のところで止め、容疑者になる運命を回避する。

そんな中、再び興信所の根津(ねづ)(岡田義徳)が現れ、旺太郎の弟・光太の捜索協力を仰ぐため、父・旺(あきら)(光石研)の居所を教えて欲しいと話す。

しかし、旺は出所後、行方不明になっており…。過去と決別したい旺太郎は根津を追い返す。

そして、並樹乗馬倶楽部の初乗り会の日。

長谷部(はせべ)(佐野勇斗)や布袋(ほてい)(宮沢氷魚)から煙たがられながらも美尊の気を引こうとする旺太郎は、真凛(まりん)(唐田えりか)や他の部員たちが美尊に遠慮して本音を言えない中、間違いを諌め叱ってくれる尊氏(たかうじ)(新田真剣佑)を美尊が慕っている様子を見る。

しかし、二人で話すチャンスを得た矢先、立てかけられた鉄骨が突如旺太郎目がけて倒れてきて…!!血を流し身動きが取れない旺太郎と混乱する美尊の前に再びキス女が現れて…。

そんな中、ただ一人旺太郎がタイムリープをしていることを知る春海(はるみ)(菅田将暉)は、キス女について意外な考えを話した。

春海「タイムリープをするってことは、助けてくれてるんじゃないの?」

旺太郎はまだその意味を理解できなかったが、思い当るふしはあったのだ。

キス女に「あなた狙われている・・・。」と犯人の名前も言いかけた事が気がかりだったが、戻りたくない過去もあるとその場を去っていった。

そしてまた、並樹乗馬倶楽部の初乗り会の日。

間違いを諌め叱ってくれる尊氏の言葉をそっくりそのまま美尊に伝えた。

そして嫌われ役をワザと演じる旺太郎。兄以外に叱られ、そして間違いに気付いた美尊は旺太郎に惹かれていく。

そして、美尊は自分には本音を言えない周りのことも知ることができ、改めることも出来た。

その後、旺太郎に尊氏が御礼を告げた。

本名を聞かれた旺太郎だったが、エイトでいいと断る。

旺太郎は色々と知っていると意味深な言葉を残し去っていった。

さらに、並樹グループの社長秘書・郡次(ぐんじ)(小市慢太郎)は旺太郎の過去を嗅ぎ回っていてた。

海難事故で船長の息子が旺太郎と言う事、事故の真相を探っているのかもしれないと尊氏に伝えた。

その事を聞いた尊氏はハッとした。色々と知っていると言われた事を思い返した。

その後、旺太郎はお店の前に居た美尊に御礼を言われた。

確実に美尊の気を惹いていってる矢先、和馬から一本の電話が…。

情報を頼んでいたオンナからの電話でキス女の住所が分かったと言う電話だったのだ。美尊に店で待つように伝え、和馬の元へ急ぐ旺太郎。

和馬から大家に借りた合鍵で部屋の中に入ると…そこは。

旺太郎の写真が部屋一面に張り付けられていた。まさにストーカーの部屋だった。

そこに旺太郎にキス女の住所が分かったと情報をくれたはずの女からの電話が…。

和馬から聞いたと話す旺太郎に女は和馬に電話していないと話す。

不信感を抱いた旺太郎は春海の言葉を思い出した。

(キス女に助けられている・・・?)旺太郎が気付いたときにはもう遅かった。

振り返った先にはナイフを持った和馬の姿が…。

逃げる旺太郎を追いかける和馬は「ずっと好きだった」と告白し旺太郎を刺した。

そこへ春海が声を掛けると和馬は逃げ去っていった。

刺された旺太郎に春海は「だから言っただろう。」と高笑いをした。

【トドメの接吻】2話の感想

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク