【トットちゃん!】59話のあらすじと感想!あす最終回。徹子と咲子のしあわせの形に共感!

【トットちゃん!】最終週・第59話が12月21日(木)に放送されました。

黒柳徹子さんの半生を描くテレビ朝日系・昼帯劇場の第2弾。

今回は【トットちゃん】59話のあらすじと感想!

スポンサーリンク

【トットちゃん!】59話のあらすじ

パリから帰国した伊藤華子(高岡早紀)に、母・朝(松下奈緒)の前で恋人・佑介の存在をばらされて、徹子(清野菜名)は動揺し、逃げるように2階に行ってしまう。

華子は佑介を世界的ピアニストだと紹介するも、結婚しないのはなぜか、と朝は心配。もてあそばれてると不安になる。華子に“お嬢さま奥様”と揶揄され「自立した母親なら自立した娘を
ほっといてあげなさいよ」といわれる。

華子は徹夜で朝と話しこみ、徹子が起きてきたころ、ホテルに戻っていった。その後、 朝は祐介のことを徹子に問うことはなかった…。

そんな中、徹子はNHK時代から仲間であるテレビ朝日ディレクター・久松勇(三宅健)と彼の妻で徹子の音楽学校時代からの友人・咲子(趣里)に久しぶりに会う…。

久松と咲子の結婚記念日で、徹子が外食に呼ばれたのだ。徹子は咲子に仕事復帰を誘うも、咲子は今しあわせだった。子どもが喜んで食べてくれること、庭の一輪の花に喜びを見いだし、以前は羨んでいた徹子を今では心から応援していた…あのころ、競争意識が強かったのだ。

徹子は6000人の12人に選らばれたことを思い出す。 河毛先生の講義は今でも覚えている。理想を求めなければ堕落する。

久松に怒られたことも、 飯沢先生に「そのままでいてください。あなたの個性を必要としている」と言われたことも…。

愛する人と4人の子どもに恵まれた咲子と、愛する人と会うことがままならない私。まったく別の道を歩んでいる、と徹子は思う。

その後、葉山のホテルにいると祐介のファックスがきた。徹子は飛んでゆく。佑介と徹子は、浜辺で歩く…。

【トットちゃん!】59話の感想

対比された咲子と徹子の人生。

仕事と家庭でくっきり分かれてしまっていますが、どちらが幸せかなんて言えません。

最終週は回想が多いのが気になりますが、テレビジョンの使命や「そのまま」認める台詞などのメッセージに感銘を受ける視聴者多数です。

いよいよ最終回ですが・・・

早くも1話を残してトットちゃんロスの声が!

どんなラストカットか最後まで見逃せません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク