2021年冬ドラマ
番組情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【2017春ドラマ視聴率ランキング】専門家オススメと高評価の作品まとめ!

【2017春ドラマ視聴率ランキング】専門家オススメと高評価の作品まとめ!

2017年春の連続ドラマの視聴率ランキング有名コラムニストのオススメをまとめます。

ドラマは見ることも面白いが、昨日のドラマはああだこうだと語る「ドラマ語り」も面白い!

スポンサーリンク

2017春ドラマの視聴率!

まずはなにかと気になる視聴率から――。

視聴形態の変化から、なにかと批判される「視聴率」ですが、いまだ評価の指標になっていることは事実です。2017年冬クールのある脚本家は「気にしたくはないが、視聴率であたると現場の雰囲気もいいし、次の役にも恵まれる」と述べ、指標として認めざるを得ないようです。

では確認しておきましょう!

2017春ドラマの初回視聴率ランキング

  1. 「緊急取調室」17.9%
  2. 「警視庁・捜査一課長2 」14.5%
  3. 「CRISIS 」13.9%
  4. 「小さな巨人」13.7%
  5. 「ボク、運命の人です」12.0%
  6. 「貴族探偵」11.8%
  7. 「警視庁捜査一課9係12 」11.5%
  8. 「フランケンシュタインの恋」11.2%
  9. 「あなたのことはそれほど」11.1%
  10. 「母になる」10.6%
  11. 「リバース」10.3%
  12. 「人は見た目が100%」9.5%
  13. 「4号警備」7.6%
  14. 「女囚セブン」7.5%
  15. 「櫻子さんの足元には死体が埋まっている」6.9%
  16. 「釣りバカ日誌2」6.8%
  17. 「犯罪症候群」5.8%
  18. 「ツバキ文具店」5.7%

注目ポイントは・・・

★上位4つが警察もの

★一桁スタートのフジテレビ・木曜10時と日曜9時。

★月9が11.8%スタート

2017春ドラマの最終回視聴率ランキング

  1. 「小さな巨人」16.4%
  2. 「緊急取調室」14.4%
  3. 「あなたのことはそれほど」14.8%
  4. 「警視庁・捜査一課長2 」13.5%
  5. 「警視庁捜査一課9係12 」11.5%
  6. 「フランケンシュタインの恋」11.2%
  7. 「リバース」10.2%
  8. 「貴族探偵」9.8%
  9. 「母になる」=「ボク、運命の人です」同率:9.7%
  10. 「CRISIS 」9.6%
  11. 「フランケンシュタインの恋」7.3%
  12. 「人は見た目が100パーセント」6.1%
  13. 「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」4.9%

※民放(日テレ・テレ朝・TBS・フジテレビ)のプライム帯(19時-22時59分)に放送のドラマ最終回をランキング化しました。

※「小さな巨人」最終回が逆転1位。全話平均視聴率では「緊急取調室」に軍配が上がるも、しり上がりに盛り上がった日曜劇場作品でした。

2017春ドラマの視聴率一覧

タイトル123456789101112平均
月21貴族探偵11.88.39.18.98.07.57.87.08.48.09.88.77%
火21CRISIS13.911.212.08.410.310.28.710.510.39.610.58%
火22あなたのことはそれほど11.19.09.59.99.811.512.413.510.114.811.25%
水22母になる10.610.79.37.98.39.57.99.28.49.79.17%
木20捜査一課長214.59.610.812.112.412.312.013.211.413.512.5%
木21緊急取調室17.914.212.412.413.214.313.113.814.414.09%
木22人は見た目が100パーセント9.56.46.05.56.56.45.65.85.76.16.44%
木23恋がヘタでも生きてます3.73.23.43.53.83.53.33.13.53.23.12.73.33%
金22リバース10.36.310.58.69.07.47.37.510.410.28.79%
金23女囚セブン7.55.34.15.14.96.25.15.45.45%
土22ボク、運命の人です。12.09.69.29.89.19.58.68.29.29.79.55%
日21小さな巨人13.713.011.713.513.913.512.113.613.716.413.60%
日21櫻子さんの足下には死体が埋まっている6.96.55.75.05.34.24.85.44.44.95.35%
日22フランケンシュタインの恋11.27.38.48.06.16.66.76.37.07.37.68%

2017春ドラマ・専門家おすすめはこれ!

4月スタートしてから1か月。各コラムニストの意見はどうでしょうか・・・

テレビ解説者・木村隆志氏おすすめは5本。

おすすめドラマとして、『ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~』(NHK 金曜22時)、『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(フジテレビ系 火曜21時)、『母になる』(日本テレビ系 水曜22時)、『小さな巨人』(TBS系 日曜21時)、『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系 木曜22時)の5本を選んだ。

引用マイナビニュース

木村氏は5/6のテレビ番組(新週刊フジテレビ批評)でも語り、「ツバキ~」について黛監督の繊細な映像を好評価。「CRISIS」はじっくり制作し、予定調和ない脚本と主演2人に見応えあり。「人は見た目~」は見ないで批判せず、見てほしいと訴えます。

日刊スポーツ・梅田氏おすすめの満点は2本。

「CRISIS」「小さな巨人」に満点/春ドラマ評

「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(フジテレビ系、火曜9時)小栗旬/西島秀俊

★★★★★

直木賞作家金城一紀×小栗旬の「BORDER」コンビ。小栗、西島秀俊らメンバー個々の戦闘力がすさまじい冒頭20分の超絶アクションに息止まる。列車から川にダイブなんて見たのビーバップ以来。軽妙な会話、スリルジャンキーなスピード感にあっという間の1時間。紅一点の存在感が自然で、男4人と女1人のガッチャマン編成に信頼が置ける。2話はずしんと重い少女買春の闇。1話とは違う隠密アクションの展開力もさすが。

多忙な俳優が1年かけて武術鍛錬に取り組むほど魅力的な脚本と、カンテレ制作の準備力。国家の外道がからんだ汚れ仕事だけに、真実と現実の胸くそ悪さが圧倒的な余韻。走れて飛べる小栗旬がかっこいい。

「小さな巨人」(TBS系、日曜9時)長谷川博己/岡田将生/香川照之

★★★★★

理不尽に所轄署に左遷されたエリート警察官が、キャリア復帰のため捜査一課長とバトル。権力闘争と管内の事件がうまくミックスされた骨太な作風。エリートの言動に嫌みがない長谷川博己の品格が効いていて、捜査員としての優秀さ、官僚カルチャーを知り尽くした立ち回り、手詰まりからの突破力が魅力的。もろに「半沢直樹」の警察版だが、本人に落ち度や欠点がきちんとあって親近感が沸く。香川照之がいつもの様式美で安定していて笑える。岡田将生がヒール役でびしっときまり、長谷川とにらみ合った時の長身ツーショットが素晴らしい。人物たちの名前のつけ方がうまく、細部までリアリティーに丁寧で信頼できる。

引用梅ちゃんねる

梅田氏は、「CRISIS」のアクションとTBS日曜劇場を評価。男が絵になるドラマという点で推薦。また、「人は見た目~」のブルゾンちえみを助演女優賞に推します。

ライター・吉田潮氏はネットでは採点せず、色々つっこんでるのですが、上記のフジテレビ出演時、「やすらぎの郷」「あなたのことはそれほど」「母になる」の3本をすすめていました。

 

とにかく欲望に正直で、主語が「私」の婆さんばかりだ。流されない、芯の強い婆さんになりたいと常日頃から願う私は、テレビドラマでこんなに素敵な「婆サンプル」をたくさん見られることがありがたい。だいたい日本の映画とドラマは若すぎるのよ、全体的に。今を生きる前向きな爺と婆を見たかったので、この作品はどストライクだ。若くてぬるい朝ドラよりも、この「老いドラ」に興味津々。

引用デイリー新潮

「やすらぎの郷」を大絶賛。「あなたのことはそれほど」のざわざわ、「母になる」のキャストも好評価。

「母になる」の藤木さんについては梅田氏も絶賛し淑女を魅了しています。

ちなみに「以前あったNHKの『祝女』のようにドラマとしてはみてないので(おすすめに)あげてない」らしいですが、

と、「人は見た目~」をイチオシして、楽しんでいるようです。

上記番組で、久代・フジテレビアナウンサーはちゃっかり意見を・・・

「女囚セブン」を注目していると話します。また、近年の頭ポンポンなんていやだとして、天海さんの強い女性がいいと梅田氏・吉田氏が「緊急取調室」を褒めれば、頭ポンポンされたい派の私は「ヘタ恋」(恋がヘタでも生きてます)でキュンとしていると語ります。

ところで、コメンテーターお三方が、注目作「貴族探偵」を酷評してヤフーニュースに・・・

木村氏は(中略)「10代が一番見るドラマは月9だったんですけど、それがどこに行っちゃったんだろう」と指摘した。

吉田氏は「ちょっともったいないというか…。相葉くんの良さも出ず、豪華なメンバーの良さも出ず。空転している状況は、もったいななぁという感じは正直しますよね」とコメントした。

梅田氏は酷評の主演に対し「相葉くんの端正な演技はよいと私は思う」と切り込みましたが「全編に漂わないのがおしい。黄門様は背後に雰囲気がある」と指摘します。今後に期待としめくくりましたが、さてはて。

ライターの成馬零一氏は――

「架空OL日記」と「あなたのことはそれほど」をコメント。

山根聡氏は――

倉本さんあっての新設枠だろうが、テレビドラマ史に特筆すべき出来事と言っていい。

他に「緊急取調室」と「CRISIS」を評価し、

井上由美子のよく練られた脚本が高齢者の孤立の問題に踏み込み、優れた社会派ドラマとなっていた。本作が高視聴率を取った意味は大きい。

金城脚本はアクション場面が多いが、政治テロという喫緊の問題を扱っており、これまた面目躍如だ。

わき役にも注目している。引用ヤフーニュース

【2017春ドラマ視聴率ランキング】のまとめ

  • 視聴率ベスト5は初回から好調キープ!
  • 刑事もの多い傾向の中、テレビ朝日が好調で、フジテレビが苦戦。
  • 専門家は各自推してますが、「CRISIS」「あなたのことはそれほど」「人は見た目が100%」「やすらぎの郷」を複数名が好評価。
視聴率
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】