【東京タラレバ娘】最終回の視聴率は11.1%!最後のカギはKEY!?


3/22に東京タラレバ娘の最終回が放送されました!

早坂さんという婚約者がいながらKEYの事を抱きしめ、放っておけない倫子…。

“KEYへの気持ちが再燃してしまったのか?”

“タラレバ娘たちは幸せをつかむことができたのか!?”

気になる最終回の視聴率とあらすじをまとめます。

スポンサーリンク

【東京タラレバ娘】最終回の視聴率

最終回視聴率は11・1%でした。

ちなみに、9話の視聴率は8・5%と低めなのに対し、最終話に2桁超えて良かったのではないかと思います。

【東京タラレバ娘】最終回のあらすじ


KEYの事が放っておけない倫子はKEYを抱きしめ自宅へと連れていってしまう。

この夜は早坂と会う予定だった倫子は早坂に「お腹の調子が悪いから・・」と言ってドタキャンしました。

そして倫子はKEYを放っておけずにそのまま一晩家に泊めてあげたのです。

朝起きてKEYが居る中早坂から電話がありベランダへ。倫子はそこでも嘘をついてしまう。

電話が終わり部屋へ戻ると部屋にはKEYの姿はない。

「これは人助け。あのまま放っておいたら、凍え死んでたかもしれないアイツを泊めた。ただそれだけ。」
と自分に言い聞かせる。

後日、倫子は早坂と2人で一緒に住む部屋を探しに行く。

「2LDKがいいかなー」などとても幸せそうな2人。明るい未来に思いを寄せ2人は始終笑顔だった。

倫子は早坂にKEYを自分の部屋に泊めたことを言ってないことについて気持ちがモヤモヤしていたが、

「女は息を吐くように嘘をつく。それが相手の為と言い訳しながら、自分の為に嘘を重ねていく。」と。

後日、倫子は職場でKEYに会います。KEYは早坂との仕事の打ち合わせで来ていたのです。KEYは倫子に話しかけます。

「こんど・・」と言いかけたのですが、そこに早坂が来たのでKEYはその先は何も言いませんでした。
KEYと早坂が去ったあと、倫子は1人で考え込む。

「こんど・・ってあいつ何を言おうとしたんだろう?」

と、気になってしかたがなかったのです。

倫子は香と小雪の3人で「呑んべえ」に集まって、倫子は自分がKEYに好意を持っていることに気づいていたのですが

「アイツ(KEY)はわたしに興味がない」

と決めつけて、早坂との恋を進めていきたいと決める。

そんな時、偶然にも早坂とKEYの2人が現れたのです。

その後、みんなで一緒に飲むことになります。

倫子と早坂の幸せトークにイライラし落ち着けないKEY。

しかしこの場でなんと小雪の父親の安男(金田明夫)がKYな発言をしてしまう。

「倫子ちゃんと同じアパート住んでるんだって?」

場が一気に凍り付く・・

安男の友人が目撃したと・・KEYが倫子のマンションから出て行くところを・・・

KEYは気を使ってすぐにこの場を去りました。みんな席を外し、倫子と早坂二人だけに。

「家に来れなくなったのって、おなか痛くなったんじゃなくて、KEYくんと一緒だったのかな?」

と確信をつかれる倫子。

そして倫子は早坂に正直に言います。あの夜のことを・・

倫子はKEYが困っていたから助けただけと言い訳をしたのですが、早坂は気づいたのです。倫子がKEYのことを好きなことを。

倫子は「忘れよう・・何もなかったアイツ(KEY)への思いに蓋をするのは簡単だ。」

と早坂との恋に覚悟を決める。

翌日、倫子と早坂は引き続き、一緒に住む部屋探しをしました。倫子は「わたしは早坂さんと幸せになる。この人だけを見て生きていくんだ」と決意したのです。

そんな中、KEYは映画の仕事が舞い込む。KEYはこの仕事で北海道に1ヶ月ほど滞在しなければいけなくなったのです。

倫子は早坂との部屋探しが終わってから、早坂と別れて1人でいたのですがそこにKEYが現れる。

そしてKEYは北海道行きのことを倫子に伝えました。

KEYは「あんたには感謝してる。最後だから。もうこれが最後で会うこともなくなるだろ」と言います。

そして「いつかあんたが書いた脚本に出てやるよ」と言いました。

その後、KEYは「じゃあ」と言ってその場を去ったのです・・・

この2人が一緒にいる光景を早坂は偶然見てしまう。

後日、早坂は倫子に「一緒に住むのはやめましょう」と言いました。

「どうしてですか?」と驚く倫子。

「ぼくは倫子さんとお付き合いを始めてから楽しくて幸せを感じていました。でも最近はなんだかうまく笑えなくなって・・」

「倫子さん・・KEY君のことが好き?」

と核心に迫る質問をされる。

「好きじゃありません。」

「嘘はやめよう」

「嘘じゃありません!私は・・」

「気持ちに蓋をすることも、嘘をつくと同じじゃないかな」

「ぼくはそれでもいい。それでも倫子さんと一緒にいたいと思ったんだ」

「でもやっぱり・・それは無理だ。このまま倫子さんの気持ちに気づかないふりをしてつきあってたらうまくいかなかったとき、きっと後悔する。」

「僕はタラレバ男にはなりなくない」

「倫子さん僕たち戻ろ!仕事仲間に・・ね」

と言って、早坂は倫子に別れを告げたのです。倫子はだまってうなずくしかありません。

この後、倫子は「幸せって何なんだろう・・」と大いに悩みます。

せっかくつかみかけた幸せを台無しにして・・わたし何をしているんだろう?

そこに、タラの白子と生レバーが現れる。

「倫子さんがが幸せだと思うことが倫子さんの幸せタラ」

「今倫子さんやりたいことは何?」と問われる。

「わたし、アイツ(KEY)にちゃんと・・」

「やりたいことをやることが幸せだ」と決意する。

【1ヶ月後】

倫子の後輩の芝田マミ(石川恋)が結婚したので、倫子たちは結婚式に参加しました。

そしてこの結婚式にはKEYも出席していたので倫子はKEYに思いを伝える。

「わたし早坂さんと別れた。でも言いたかったのはそのことじゃなくて・・」

「わたし・・あんたのこと好きだわ・・」

「やっと言えた・・」

「じゃあね」と言って倫子はその場を去ろうとしたのですが、KEYはすかさず言う。

「俺もあんたのことが好きかも・・って言ったらどうする?」

「考えといてタラレバさん」と言って去ろうとするが、

「待ちなさいよ!」

2人はお互いに向かい合い笑顔で笑い合う。

これで倫子とKEYの2人はお互いの気持ちを伝えることができました。

「幸せって何なのか、その答えは人それぞれ違う。人の数だけ答えはある。」

「幸せは自分が決めることだ!」

【東京タラレバ娘】最終回のまとめ

早坂というあんなにも完璧で優しい人なのに、自分の気持ちには嘘はつけない。

自分の気持ちに嘘をついて生きていても本当の幸せはやってこない。非常に勉強になりました。

お金持ちでも一癖、二癖あるけど妥協して結婚したり、経済力がなく、だらしなくても好きだから結婚する。などと現実でもよく耳にします。

私も自分の気持ちに蓋をせず生きていこうと思いました。

KEYの笑顔に視聴者も微笑む!?

https://twitter.com/777Koto/status/845196442213892097
やっぱりKEYの笑顔は破壊力絶大!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク