【A LIFE】最終回のあらすじと感想まとめ!大絶賛「感動した」「完璧なドラマ」

3/19に今期民放NO.1ドラマ【A LIFE~愛しき人~】の最終回が放送されました。

このドラマはキムタクこと木村拓哉さんのSMAP解散後初の主演作となっており、注目度も非常に高いものとなっていました。

最終話ではこの物語を通して繰り広げられた壇上深冬(竹内結子)の手術が行われました。

果たして最高難易度の深冬の手術は成功したのか、また沖田、深冬、壮大の三角関係の結末はどうなるのかに注目が集まりました。

今回はTBS日曜劇場のドラマ【A LIFE~愛しき人~】の最終回あらすじと感想をお伝えします。

スポンサーリンク

【A LIFE】最終回のあらすじ

羽村と榊原の追求に遭う壮大。

沖田はが庇うも壮大は「もう誰も俺のことなんて必要としてないよ」と病院を出る。

榊原は壮大が去った副院長室で深冬に壁の穴を見せ、「副院長の心にも穴が開いてるんですよ」と言った。

壮大はその日から家には帰らず、連絡もつかなくなった。

そんな中、深冬はオペの為に入院した。

沖田は「深冬先生を小児外科医に戻したいと思います。このメンバーならやりとげられると思います」そうみんなを鼓舞して手術へと向かった。

手術は順調に進んだが3つ目の腫瘍のところで沖田の手が止まる。

脳が腫れていて予想よりも腫瘍が奥に入ってしまっていたのだ。

仕方なく1つの腫瘍を残したまま閉じることになった。

沖田は脳の腫れが引いてから一週間以内に再手術することを院長に報告した。

壮大はまだ深冬の元へ帰っていなかった。

そんな時、虎之介の妹が沖田の元へ。

深冬の”将来のりな”へ向けたノートを壮大に渡して欲しいと手渡される。

沖田は壮大の実家へ向かった。

そこで壮大とお互いを羨やむ気持ちをぶつけ合った。

沖田は「深冬にはお前が必要だ」と言い、その場を去った。

再手術当日、沖田がオペ室の前に座っていると壮大がやってきた。

そして沖田と一緒に手術を担当することに。

難しい手術だったが無事に成功。

深冬を救った壮大は院長に、羽村は副院長となった。

榊原は父親を許すことにした。

沖田はシアトルに帰り、また技術を磨きながら人命を救い続ける道を選んだ。

【A LIFE】最終回の感想まとめ

ドラマ放送前の段階では「どうせキムタクでしょ」という批判の声が相次いでいた「A LIFE 愛しき人」ですが最終回が放送された後は誰一人としてそんな批判をするコメントは見られませんでした。

沖田と壮大が力を合わせて深冬を救うというムネアツな展開にワクワクした視聴者も多かったようです。

次回のTBS日曜劇場は「小さな巨人」です。

こちらも間違いなく注目のドラマなのでチェックしてみて下さい。

ドラマ【小さな巨人】のキャストとあらすじ!長谷川博己&岡田将生で目標は半沢直樹!
2017年4月スタートのTBS日曜劇場は【小さな巨人】。 このドラマは長谷川博己と岡田将生を主体とした刑事ドラマです。 …

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク

『【A LIFE】最終回のあらすじと感想まとめ!大絶賛「感動した」「完璧なドラマ」』へのコメント

  1. 名前:mami 投稿日:2017/03/20(月) 15:52:58 ID:d2be1acd4 返信

    A・LIFE~愛しき人最終回は日本を離れるのですが!台詞を聞いていたらまた日本に戻って来る様な気が・・・・何となくパ-ト2が始まる様な気がしてきましたので嬉しくなって来ました❤楽しみにしています❗❤♪☆(*^▽^)/☆♪✋✌

  2. 名前:サンセトオレンジ 投稿日:2017/03/26(日) 15:31:19 ID:115ecbaea 返信

    病室での深冬との最後の別れのシーンの沖田先生の表情が切なくて想いが込められていて、最高でした。40代になったキムタクの渋い格好良さが出ていてとても良かったです。スーツ姿も素敵でした。そして病室を去るあの後ろ姿の画面はこのドラマの中での私のベストショットです。これぞ木村拓哉! という感じでした。B’zの still alive と相まってこれ以上の格好良さは無いという印象を受けました。あのシーンの為にこのドラマはあったのではと思わせる程のインパクトでした。でもただ外見の格好良さだけではなく、沖田先生の一途一心の思いが木村拓哉からも感じられた事がこのドラマにのめり込ませた要因であると、今思っています。昨年の大変な時期を経てのこのドラマの出来栄えに、拍手を送りたい思いで一杯です。このドラマの主役は紛れもなく木村拓哉です。良質な見応えのある真のドラマでした。TBSにも感謝です。
    沖田先生ロスは当分続きそうです。