A LIFE9話のあらすじと視聴率!沖田のサイテーな態度に視聴者は?裏番組には中居が…

日曜劇場「A LIFE 愛しき人」の9話が3/12に放送されました。

最終回を目前にして深冬の手術の執刀医が決定、盛り上がりを見せています。

しかしまたもキムタクには暗雲が…視聴者の非難を受けたキムタクの取ったサイテーな態度とは?

そしてA LIFEの裏番組で起こっていた中居絶賛の対応も話題になりました。

今回は「A LIFE 愛しき人」の9話のあらすじと視聴率、感想をまとめていきます。

スポンサーリンク

A LIFE9話の視聴率

「A LIFE 愛しき人」の9話視聴率は14.7%。

前回の8話は15.7%と復調の兆しを見せました。

最終回を前にした大事な場面なので9話は何としても15%以上はキープしたいところでしたが…。

深冬のオペ以外に2つのオペシーンがあり、少し話が流れ過ぎた影響もあるのかもしれません。

A LIFE9話のあらすじ

倒れた深冬は脳から出血したが一命を取り留めた。

しかしこれで手術の難易度は上がり、延期となった。

壮大は現役大臣のオペを担当することに。

成功すれば世間へのアピール効果は絶大、銀行にも強気な姿勢を見せる。

この手術のプレッシャーに打ち勝つことができれば深冬のオペも自分が担当しようと壮大は決めていた。

一方の井川は担当していたシングルマザーを沖田にお願いすることにした。

彼女の息子から「先生はこの病院で一番凄い先生ですか?この病院にはベルギーの王様の家族を手術した先生がいるって…その先生なら絶対失敗しないですよね?やっぱり偉い先生はお金持ちじゃないとやってもらえないんですか?」と言われ父のオペでの失敗を思い出す。

沖田はベルギーの王様の家族を手術した先生、それが自分だとは言わなかった。

柴田は壮大の手術に取られている為、オペナースは三条が担当する事になった。

オペのシュミレーションをすると三条のダメ出しを厳しい口調で繰り返し、「今ので15秒無駄になった」など冷たい態度を取る。

沖田は患者さんの為と言っているが井川は「三条さんにプレッシャー掛けてるだけじゃないですか。今の沖田先生には深冬先生のオペができるとは思えません。」と声を荒げた。

オペ直前、息子から「大人になったら1億円はらいます」という借用書を渡されベルギーの王様の手術をした先生に渡してこれで手術をして欲しいと頼まれる。

母親が病気になったのは自分が苦労を掛けたせいだと思っている息子は必死で母親を助けたいのだ。

退院した父を心配した沖田が家に帰るとやはり仕事をしていた。

言い争いをしながらも、沖田は「どうすれば一人前になれるんだよ!」と聞いた。

父「どんな時だって、ただひたすら準備をする。心をその一点だけに集中させるんだよ。雑念は入らねぇ。一途一心だ。それを顧客に出す、それが職人ってもんだろ。」

その言葉を聞いた沖田は病院に戻り、三条を探した。

すると三条は井川や柴田とオペのシュミレーションをしていた。

沖田もそこに加わり、「三条さんごめん。やりにくくしてたの、俺だった。」と三条に謝った。

そして沖田は柴田と井川にお礼を言った。

羽村は榊原と飲んでいた。

「自滅すればいいのに…」と本気で言う榊原に羽村はあるお願いをした。

シングルマザーの手術、三条は不測の事態にもしっかりと対応して無事に成功。

沖田は三条に「スムーズだった、ありがとう」と言い、オペ室を出た。

そこには息子が待っていた。

彼は「ベルギーの先生は?一億円は?渡してくれなかったんですか?」と食って掛かる。

沖田に飛びかかった少年に見かねた井川が「この人がベルギーの王様の家族の担当をした沖田先生です。」と明かした。

息子は「マジですか…」と喜びと驚きで呆気に取られていた。

彼は後日、「すみませんでした。失礼な事言っちゃって…」と謝ってきた。

そして将来、沖田のような医者になりたいと言われ、沖田は笑顔になった。

壮大も大臣の手術を成功させた。

自信を取り戻した壮大は沖田に「深冬のオペ、俺がやるよ」と再度言ってきた。

壮大は家に帰り、深冬にもその事を説明した。

深冬は何故か9年後のりなへの手紙を書いていた…

院長・虎之介の元に羽村と榊原が来て衝撃が走った。

深冬は副院長室に沖田と壮大を呼び、「私のオペは沖田先生にお願いしたいです。」と言ってきた。

頭に血が上る壮大、言い争っていると虎之介が入ってきた。

そして「壮大くん、君を解任する。この男はこの病院を乗っ取ろうとしていたんだ。」と桜坂中央病院との契約書を見せた。

沖田「お前何やってんだよ…」

虎之介は「今すぐこの病院を出て行きなさい!」と怒鳴った。

A LIFE9話の感想まとめ

「どうせキムタクはキムタクじゃん…」という意見が多いですが、逆にそういう考え方もあるんですね!

この親子関係って破綻してそうですごく強く繋がってるんですよね。親父もどこかでお母さんの為に医者になった沖田に想う部分があるのでは?

キムタクのダメな部分で見える人間味って今まであんまり無かったのかもしれませんね。

「留学ってしたことあります?」と羽村に聞いたシーンがありましたね。あれによって父の病院を継がずに沖田のような現場の医師を選択する気がしました。

ちょっとハッとしました!そこにも意味があるんですかね?

裏番組WBCで中居被り!しかし中居の行動に絶賛!?

キムタク主演ドラマの裏でWBCに中居が出演…解散前ならあり得なかった光景ですね。しかし、キムタクのドラマの最中、中居くんが一切喋らなかったと話題になりました。

タブーというわけではないですが、やはりテレビ局サイドも気を遣う部分なんでしょうね。

キムタクが塩対応?視聴者から賛否両論の言動とは…

オペナースの三条(咲坂実杏)に対し沖田は

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク

『A LIFE9話のあらすじと視聴率!沖田のサイテーな態度に視聴者は?裏番組には中居が…』へのコメント

  1. 名前:鶴淵冨美夫 投稿日:2017/03/13(月) 15:59:53 ID:5a5c655c0 返信

    ドラマの初めの頃は沖田先生は腕のいい先生だが、何かボ-としていて大丈夫かなと思ったがドラマが進行していく中、元恋人に難易度の高い手術をする為に、顕微鏡を覗きながら研究したり、資料を調べたりしていた。
     かつての私の仕事も段取り8分、実施は2分と言います、同じ腕の人間であれば段取りがしっかりした者の方が成功率は高い、これが常識であり実際もそうです。
    深冬の手術はうのぼれている夫より、起きた先生の方が成功は確実と思います、最終回が楽しみです。