【1122】ネタバレあらすじ全話まとめ!レス夫婦の最終回結末は?

※当サイトのリンクには広告が含まれます

ドラマ【1122】ネタバレあらすじを最終回まで全話紹介します。「1122(いいふうふ)」は、不倫公認のレス夫婦を描いた同名漫画を高畑充希×岡田将生でドラマ化した作品です。
家族とは、夫婦とは何かを問う話題作。新しい夫婦のカタチを結末まで紹介します。Prime Video配信ドラマ

動画視聴はAmazonプライム・ビデオにて!
「1122 いいふうふ」はPrime Videoにて世界独占配信(全7話)

【1122(いいふうふ)】キャスト相関図・出演者一覧!ドラマ化で岡田将生×高畑充希W主演!
【1122(いいふうふ)】キャスト相関図・出演者一覧!渡辺ペコの漫画1122のドラマ化作品。岡田将生×高畑充希W主演【1122(いいふうふ)】のキャスト相関図と出演者を一覧にまとめ、キャストと登場人物のプロフィールを画像付きで紹介します。

【1122】ネタバレ

ドラマ【1122(いいふうふ)】は、AmazonPrime Videoよる世界独占配信ドラマです。
高畑充希と岡田将生が主人公となる一子(いちこ)と二也(おとや)の夫婦役を演じ、監督は今泉力哉、脚本を今泉監督の妻である今泉かおりが担当。本作が初の夫婦合作。
原作は渡辺ペコの大ヒット漫画【1122(いいふうふ)】で、婚外恋愛を公認する夫婦を描く話題作。すでに漫画は完結しており、セックスレス、不倫、といった夫婦間の問題を取り入れた作品で累計部数400部を超えている人気漫画です。

あらすじ
ウェブデザイナーの相原一子(高畑充希)と文具メーカーに勤める相原二也(岡田将生)は、結婚7年目の友達のようになんでも話せる仲の良い夫婦。
だけど、ふたりにはある秘密がある。それは、夫婦仲を円満に保つための「婚外恋愛許可制」。二也には、毎月木曜日の夜に会う恋人(西野七瀬)がいること。
一子はそれを許可していました。
不倫公認でセックスレスで子供がいなくても、ふたりの仲に問題はないはずだったが…。

一見いびつで特殊な夫婦の関係のふたり。物語は「結婚」というハッピーエンドの続きを描きます。
「1122」はふたりでいることを諦めないすべての人に届けたい。30代夫婦のリアル・ライフ。普通のキュンキュンとは違う、不倫ドロドロとも違う、一子と二也の夫婦愛のカタチを描くラブストーリーです。

【1122】第1話ネタバレ・あらすじ

『1122 いいふうふ』特報映像|プライムビデオ

夫・おとやんに拒否される一子

一子(高畑充希)と二也(岡田将生)は結婚7年目の夫婦。
二也のことを「おとやん」と呼ぶ一子。おとやんは一子を「一子ちゃん」と呼ぶ。おとやんはお茶をいれたりお菓子を出したりとマメに動く中、一子はパソコンを前にして仕事をしている。

一子は担当するみどり整体に行く。院長(片桐はいり)は一子の手をとり「あなた淀んでる。子宮も下半身も冷えるわよ」と言ってくる。

恵(中野クルミ)、たまえ(土村芳)、ユリ(宇垣美里)との女子会では性欲の話で盛り上がる。恵は岡村ちゃんと愛犬が性欲を満たすといい、たまえは子育てで手一杯だと言い…。
一子の性欲は凪だと言う。無風状態。最後にセックスをしたのは1年前か2年前か。記憶は定かではない一子。

この時、ユリが秘密のエステの話を始める。希望者に特別コースがあるという。つまり女性用の風俗。

結婚記念日に箱根旅行を計画するが、おとやんは他の日にして欲しいと言い出す。理由は恋人のせい。

おとやんには恋人がいる。一子も認めている恋人だ。一子がセックスを拒否してからおとやんの落ち込みは激しかった。ところが生花を習い始めたるとおとやんはみるみる元気になりキラキラしていく。恋をしていると感じた一子は「好きな人がいるの?」と訊くとおとやんは迷わずに「うん」と答えたのだ。

一子は自分に責任があると思う。だからそれを認める。嘘はつかない、家に持ち込まない、それがルール。デートは第三木曜日。

なのに旅行を変更するなんてルール違反。一子は自分が恋人以下なのかと怒ってしまう。おとやんはすぐさま一子の意見を聞き、結婚記念日は計画通りに。

一子はひそかに期待をする。久々のセックスのためにと体操もする。
ところが、おとやんに迫ると全力で拒否された。ショックを受ける一子だが、それは、かつて一子がおとやんにしたことと同じ。
これがブーメランかと思う一子は、心の中にモヤモヤを感じ始めていく。

1122・ネタバレ

一子が不倫を決意!

一子は大学時代、美術サークルで仲の良い男友達の五代(成田凌)と飲みに行き「ホテルに行かない?」と不倫に誘う。
五代は不倫経験者。妻にバレて以来、妻から見張られいる。フレンズはOKだがセックスフレンドはNG。「夫婦再構築中」という五代とは友達関係を継続することに。

花をみてニヤニヤするおとやんの姿にイラつく一子。それをおとやんにぶつけず、自分に問いかける。「どうしたい?一子」そして、エステ「花園」に予約をする。

その頃、美月(西野七瀬)は夫の志朗(高良健吾)に「生理終わったでしょ」と誘われていた。息子のひろが泣き出しさりげなく拒否。「泣き止まなくていいよ」とひろを抱きしめる。

【1122】第2話ネタバレ・あらすじ

一子の過去

結婚記念日。
二也は一子を抱きながらブッチャーを思い出していた。ブッチャーは飼い猫のこと。愛おしい温かさあが欲情とは程遠いものだ。

一子の母・奈々(風吹ジュン)がケガをして帰省する一子。二也も一緒。
一子と奈々はすこぶる仲が悪い。一子はその原因となる幼少期のことを二也に話す。

一子の父親はDVだった。アトピー性皮膚炎が酷かった一子は、かきむしると奈々に怒られた。奈々は一子に触れようとしなかった。愛を注がれずに生きてきた一子は、弱った奈々を労わることはできない。
「私は優しくない」という一子に二也は「優しいよ」と優しい。

二也は父とは違う。優しくて家事もしてくれる。パーフェクトな夫だ。一子にとって二也は唯一の家族なのだと話す。

別の日。二也は恋人の美月と美月の息子のひろと公園で会う。ひろは発達の遅れがあり美月はその育て方に悩み苦しんでいた。優しい二也に美月は癒されていく。
その様子を偶然にも美月の夫・志朗が目撃。

「あの人誰?」と問われた美月はお花教室の人だと話す。志朗はお花教室の人たちを家に招けばいいと言うが美月はさりげなく拒否をする。
二也とホテルで会った美月は、不倫がバレないために外で会うのに気をつけようと提案。すると二也は、妻は不倫を公認していると明かす。すると、美月は自分だけが秘密を守ってきたのかと怒りをぶつける。

一子のお相手はイケメン男子の礼

1122ネタバレ

一方、一子は予約をしたエステサロン「花園」に行く。そこで、セラピストの礼(吉野北人)と出会う。美しい年下男子にときめく一子は早速、礼を指名し予約を取る。

二也の祖母の法事があり親戚が集まる。子どもを早くしろと言われる一子と二也。
二也は子どもがいなくても十分だと反論。二也の母の(宮崎美子)も二也の意見に同意する。
二也は、父を早くに亡くし母と姉と仲が良い。一子は救われてもいるし羨ましくも思う。

一子の高級なブラを見た二也は一子が不倫をするかもしれないと思い始める。今まで考えてもいなかったことに愕然とする。

その頃、一子は礼と会うためホテルに…。

【1122】第3話ネタバレ・あらすじ

一子と二也の出会い

一子は、二也の会社「白バンビ」のホームページを担当して顔を合わせていた。知人のウエディングパーティーに招かれ、そこで再会する。
二也が元カノの嫌味を言われているのにいたたまれなくなった一子は、さりげなく「あっちに」と二也を誘う。それがキッカケで、付き合うことに。

美月と志朗の出会い

美月は志朗と職場で知り合う。志朗は先輩だった。ストーカーに付け回され困っていた美月を志朗が家まで送ってくれた。それがキッカケで付き合うように。

美月が局部を剣山で!

一子は、ホテルで礼と熱いキスを交わし、ベッドに…。そこに二也から連絡が入る。
なんと、二也がギックリ腰になったというのだ。一子は放っておけず、礼とは何もせず急いで家に帰る。
二也の看病をする一子。痛がる二也の背中を撫でてあげる。

二也はギックリ腰のため、美月とお茶をする。美月は二也が弱っているときに何もできないのは「ちょっと辛い」と話す。
美月は荒唐無稽(こうとうむけい)のことだと前置きをして「私とひろと一緒に暮らさない?」と言い出す。二也は焦ってしまう。

二也は美月と一緒になることは、一子と別れて血のつながらないひろと暮らすこと。二也にその覚悟はなかった。ただ肉欲だけで美月と付き合っていたのか。そんなことはない。でも重い。と思いめぐらし…。
「もしかして、俺クズなのでは」と思う。

志朗のシンガポール転勤が決まった。美月は単身赴任はできないかと言うが志朗は反対する。ひろのためにという美月に「それって本当にひろのため?美月が離れたくないんじゃない?」と言ってくる。
志朗は「母親として胸を張れるようにして」と告げる。
志朗は美月の不倫を知っているのだ。美月はここで不倫を終わらせなければと思う。

美月は二也を呼び出し「シンガポールに行く」と告げる。
二也は美月に会えなくなることにショックを受けず「助かった」と思ってしまう。そんな自分を「寂しい」と感じる。

その後、二也と美月は生花教室のあとにお茶をする関係を続けていた。

来週の木曜日は二也の誕生日。一子と約束をしていた二也は「取引先との会食が入った」と嘘をつく。本当はその日は美月の最後の生花教室の日。ふたりだけで会う約束をしていたのだ。

一子は二也のスマホをこっそりとみる。二也の嘘に気付く。
誕生日はふたりでお祝いしようと大事にしてきた。だからこそ思う。

「それはないじゃん。おとやん」
一子は礼の予約を取る。

そうして誕生日がやって来た。
二也は美月から剣山セットを誕生日プレゼントで貰う。二也は美月から誘われるも「こういうのはやめよう」と拒否。二也は一子との関係に危機を感じていた。だから一子の関係を立て直そうと思っていたのだ。
「お互いに家庭を大事にしていこう」という二也に美月は腹を立て、剣山を二也の局部を刺してしまう。

その頃、一子は礼と会っていた…。

【1122】第4話ネタバレ・あらすじ

のちほど更新します。

【1122】第5話ネタバレ・あらすじ

のちほど更新します。

【1122】第6話ネタバレ・あらすじ

6月28日配信予定。

【1122】第7話(最終回)ネタバレ・あらすじ

6月28日配信予定。

【1122】感想・レビュー

全話配信後に更新します。

記事内画像:ドラマ『1122 いいふうふ』オフィシャルサイト