【イップス】8話のネタバレ&考察!アンミカのアリバイは関西弁が!

イップス8話
※当サイトのリンクには広告が含まれます
フジテレビ金曜9時の2024年4月期の連続ドラマは、篠原涼子とバカリズムがダブル主演する【イップス】(4月12日スタート、金曜午後9時、初回15分拡大)が登場します。映画「ウエディング・ハイ」(2022年)で脚本家と主演としてクレジット共演している2人ですが、役者同士としては初共演。篠原はミステリー作家、バカリズムはエリート刑事役で、お互いに、ある問題を抱えた“絶不調バディ”が、絶妙会話術と掛け合いで事件を解決するミステリーコメディーです。
この記事では【イップス】8話のネタバレ&考察をお届けします。
イップス

【イップス】はどんなドラマ

小説を書けなくなってしまったおしゃべりなミステリー作家・黒羽ミコ(篠原)と、事件を解けなくなった自己評価高めのエリート刑事・森野徹(バカリズム)という互いに“イップス”を抱えた2人が絶妙会話術と掛け合いで事件を解決するミステリーコメディー!
イップスとは、心の葛藤により、筋肉や神経細胞、脳細胞にまで影響を及ぼし、「できていたことができなくなってしまう」心理的症状のこと。
2人は、プレッシャーによって普段は何も考えずにできていることが急にできなくなってしまうイップスを抱えていたのです。そんな絶不調な2人が仕事から逃避するために訪れていたサウナ施設で偶然出会い、殺人事件に遭遇することであれよあれよとバディを組むことに。ミコは「小説のネタが拾える」「生の死体見るの初めて」と事件に興味津々。対する森野は捜査に身が入らない中でも、刑事としての鋭い洞察力を見せミコと共に真相に近づいていきます。2人の捜査から犯人の目星はつき、容疑者本人に問い詰めようとしますが森野のイップスが発動してしまって……。“書けなくなってしまった”ミステリー作家と、“解けなくなってしまった”エリート刑事。絶不調なイップスバディが時には助け合い、もがきながらもリスタートを目指す痛快ミステリーコメディーが幕を開け、小気味よい会話劇を繰り広げながらコミカルタッチに犯人を追い詰めていきます。
完全オリジナルストーリーで【古畑任三郎】(1994年ほか、フジテレビ系)などをほうふつとさせる倒叙式の構成となっており、多彩な顔ぶれとなる犯人には毎話豪華ゲストが登場する予定です。
そして、今作でバディを組む篠原さんとバカリズムさんは、映画『ウェディング・ハイ』(2022年)で脚本家と主演としてクレジット共演していましたが、演者同士としては初共演。そんな2人が、イップスを抱えもがき、時には助け合いながら謎を解き明かしていきます。
・毎週金曜日 夜9:00~
・2024年4月12日スタート
脚本 オークラ 森ハヤシ
音楽 野崎美波
主題歌 AARON『フェイス』
演出 筧昌也
プロデュース 宮崎暖
プロデューサー 熊谷理恵(大映テレビ)
制作著作 フジテレビ

【イップス】相関図

イップス

【イップス】8話あらすじ 5月31日放送

イップス

<あらすじ>

黒羽ミコ(篠原涼子)は、BS放送の恋愛トーク番組「ナンリサ・窪タツの『恋するクリニック』」にゲスト出演することに。ミコとは因縁がある恋愛小説家、“ナンリサ”こと南条理沙(アンミカ)と人気俳優の窪田達臣(河相我聞)がMCを務める番組で、視聴者からの恋愛に関する悩みに答えていくものだった。理沙と窪田は公にはしていないが恋仲にあった。しかし、実は窪田は6年前に結婚していたことが発覚。ミコがコメンテーターを務める情報番組『朝キュン』でもその話題を取り上げていた。そのような中でも窪田は理沙に“大人の関係”は続けようと提案する。

ゲストとして呼ばれていたミコだったが、以前から理沙とは馬が合わず、番組出演をおっくうに感じていた。ところが本番直前になって、突然収録が中止に。窪田が、大道具倉庫で遺体となって発見されたのだ。警察による現場検証が始まろうとしている中、ミコや樋口一之(矢本悠馬)らも驚くほど早いタイミングで現場に現れる森野徹(バカリズム)。森野曰く、スケート場の事件以来調子が良いのだという。

窪田の死因は脳挫傷で、倉庫の棚の上にあった石膏像が落下し、下にいた窪田の頭を直撃したことが原因だと思われた。俳優が大道具倉庫に出入りしていることなど不自然な状況に疑問を抱いたミコと森野は、理沙からも話を聞くことにする。だが理沙は、森野の質問には答えるものの、天敵のミコのことは完全無視。窪田の死亡推定時刻、理沙は楽屋で配信用動画の撮影を行っていたというアリバイがあり……。

【イップス】8話ネタバレ!

今回の犯人は、アンミカ!

ミコは番組に出演。付き合ったのが7年前

ミコ(篠原涼子)は、仲の悪い作家、南条理沙(アンミカ)と人気俳優の窪田達臣(河相我聞)がMC を務める番組に出演することに。

実は世間には知られないまま、南条は窪田と交際していたのだが、窪田が極秘結婚していたことが判明。

それでも、窪田は大人の関係を続けたいと、南條に伝える。

南条は次の収録で窪田に返事を聞かせてほしいと、大道具倉庫に呼び出される。そこでアシスタントディレクターに、ネックレスからまったので解いてほしいと頼む。自身は動画の撮影を衝立の奥で行うといい、すでに収録を済ませた動画の音声が聞こえるように流していた。

イップス8話

 

倉庫での犯行を子供が!

帽子をかぶって変装して楽屋を出た南条。

台車に隠れたり、監視カメラをかいくぐり、倉庫の隅で窪田と落ち合う。

リップクリームを落としたので、とって欲しいと頼み、ダビデ像で後頭部を殴りつけ、事故に見せかけた。

しかし、オーディションでテレビ局にきていた女の子が、南条の姿を目撃してしまう。

楽屋にもどり、動画が終わるころ、頼んでいたネックレスが解けた。その直後、窪田が亡くなったことがわかり収録は中止に。

イップス8話

アリバイがある南条

森野(バカリズム)が、南条に話を聞く。

永年番組を一緒にやっていた盟友だが、プライベートは秘密主義で、結婚したことも知らなかった。

死亡時刻は、動画撮影中で、アシスタントディレクターは衝立越しにその様子を聞いていた。

ミコは、普段きつめの香水をつける南条から匂いがしなかったのは、匂いを現場に残さないためではないかと疑う。

森野は、南条に動画の撮影時刻を確認したいと申し出るが、問題はなく、アリバイが崩れない。

私のこと疑ってるんですか?と言われ、調子の良かった森野は、またイップス状態に。

南条は、目撃された子供に近づくが。偶然、ミコが邪魔に入る。

森野も南条を怪しいと思っているが、アリバイが消せない。

防犯カメラを確認しようと、ミコが防犯室へ行くと、先週、南条が来たという。スタイリストは、いつも10種以上の衣装を用意させるのに、今回は先週1つだけに決めていた点も不可思議だった。

ミコは、ドッキリ用の隠しカメラの存在が廊下にあること知り、確認すると、犯人らしく姿が映っていた。だが特定できない。

オーディションに来た女の子が森野に遭遇。

携帯を2台持っていると聞き、南条もスマホを2つ持っていることに気づく。

イップス8話

関西弁が仇に

その頃、南条は女の子に近づく。

倉庫に入ったことがバレたらすごく怒られるが、黙っててあげると話す。

倉庫には、行ってない

南条にも、会ってない

そう言い聞かせる。

ミコはその女の子が、隠しカメラに映っていたことを思い出す。

それは森野が会った女の子だった。

ミコは南条に会いに行く。

衝立の向こうから、森野が聞く。

大道具に身を隠し、倉庫へ侵入。

アリバイは2台のスマホを使い、1台のスマホの音声を流し、もう1台は犯行の間、一時停止しておいて、戻った時にオンにしたのだ

と指摘する。

証拠がないという南条。

そこで森野は女の子を呼ぶ。

倉庫に行った?

「行ってない」

この女の人には

「会ってない」

女の子は生まれも育ちも練馬。

だが、その返事はなぜか関西弁。

南条に吹き込まれたからだった。

「倉庫に行った。

このおばちゃん、リップクリームをゴミ箱に捨ててた」

リップクリームから窪田の指紋が出れば言い逃れはできない。

窪田に結婚相手がいることを知りショックを受けた。

恋愛小説家だから経験豊富と思割れるが、窪田は初めての恋人だった。

「いつか一緒になれるって。本気で思ってた。

どうしても許されへんかった」

ミコは「あなたのことは苦手でした。

でもいつかまた新作を書いて欲しい」と話すのだった。

イップス8話

【イップス】8話考察&感想

 

アンミカさんの特徴でもある関西弁のイントネーションが、アリバイ崩しにつながるとはお見事でしたね。

子役の女の子の名演技が光りました。

しかし、篠原涼子さんの、「行ってない」は良かったけど、「会ってない」の関西弁の発音が、ネイティブからすれば、微妙でしたがw w w

次回は、萩原利久さんが犯人役でSNSでもはや話題に。楽しみですね。

記事内の画像出典:フジテレビ「イップス」公式サイト