【さっちゃん、僕は。】5話ネタバレと感想!京介と早智の別れと夫の盗撮に衝撃!

さっちゃん、僕は。ネタバレ
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【さっちゃん、僕は。】5話のネタバレと感想を紹介します。(TBSドラマストリーム・毎週火曜 後11:56)FANTASTICS・木村慧人主演。

2024年7月9日に放送された5話は京介(木村慧人)の生い立ちが明らかに!ラストに衝撃発言が!

【さっちゃん、僕は。】ネタバレ最終回まであらすじ解説!漫画のその後から結末予想!
木村慧人(FANTASTICS)主演ドラマ【さっちゃん、僕は。】の最終回までの全話あらすじネタバレを解説。原作は朝賀庵による同名漫画。原作(漫画)の結末とその後(番外編)のネタバレもお届けします。
【さっちゃん、僕は。】キャスト相関図と出演者一覧!実写化で平野莉玖が木村慧人の友人役に!
【さっちゃん、僕は。】のキャスト相関図、キャストと登場人物のプロフィールを画像付きで紹介します。主演はFANTASTICSの木村慧人。TBS火曜ドラマストリームで放送中の【さっちゃん、僕は。】は同名漫画の実写ドラマ化。平野莉玖出演など話題の作品です。追加キャストも随時更新!

【さっちゃん、僕は。】の漫画は電子書籍で!
【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan(イーブックジャパン)
無料漫画が豊富!【まんが王国】(一般TOPページリンク)
DMMブックス

【さっちゃん、僕は。】5話のあらすじ

階段から落ちた京介(木村慧人)が病院で目を覚ますと、不安そうな顔でこちらを見つめる早智(中山ひなの)の姿が。

早智は、美鈴(樋口日奈)から京介が入院したことを聞き、急いで東京へと向かったのだ。そして、京介の着替えを取りにひとりアパートへ向かい、入院中に必要なものを用意していると、紫乃(石川恋)が訪ねてきた。京介が入院したことを聞いた紫乃は、着替えを探す早智を手伝うのだった。

一方、入れ替わりで病院にお見舞いにきた美鈴に、京介は自分の幼い頃の話をし始める。さらに、早智との出会いを話すうち、京介は自分の本当の気持ちに気づいた様子で…。

引用:あらすじ 第5話|TBSテレビ:ドラマストリーム『さっちゃん、僕は。』

【さっちゃん、僕は。】5話ネタバレ

美鈴(樋口日奈)から紫乃(石川恋)との関係を責められ、嵐の中、階段から落ちた京介(木村慧人)!
京介は大丈夫!?という結末を迎えた4話。
5話は京介がある決意をします!

【さっちゃん、僕は】5話のネタバレを紹介します。(未視聴の方はご注意ください)

さっちゃんを好きになりたかった京介

階段から落ちる中、京介(木村慧人)は思っていた。

「さっちゃん、僕はずっと君を好きな気持ちに自信がないんだ」

京介は救急車で搬送され入院。

目を覚ますと「大丈夫?」と心配する早智(中山ひなの)がいました。

早智は美鈴から京介が入院したと聞き、急いで東京に来たのです。

京介が倒れたとき、美鈴が傍にいてくれてよかったと感謝をする早智。

早智は美鈴に京介を頼み着替えをとりにアパートに行くことに。

病室は京介と美鈴のふたりきり。

「あんなに可愛い彼女がいるのに、どうして浮気なんか」と美鈴に問われ「自分でもわからない」と答える京介。

「あのとき、階段を踏み外したので熱ぽくてふらついたと思うけど、本当にそうなの?」

美鈴は京介が階段から落ちるのを承知していたように感じていたのです。

遠い目をする京介に
「片桐って、そういう目をするよね。彼女のことも、そういう目で見てたよ」

京介は自分の過去を話します。

京介の母は「お父さんみたいになっちゃダメよ。あの人は誰かを愛するなんてできないんだから」と言って、幼い京介を置いて出ていきました。

その後、父は若い女性と暮らし始め、京介もその女性になついていたのですが、その女性も出ていきました。
京介の父は女をとっかえひっかえしていたのです。

「多分、僕は父さんと同じで愛がなにかわからないんだ。だから、父さんみたいにならないように、誰かを愛してみたいと思っていた。そんな時、さっちゃんと出会った」

明るくストレートな表現をする早智は京介にないものを持っていました。

早智を大事にしたい、同じ熱量でこたえなければならない、そう思う京介は早智を求めたのです。

「僕はあの時、さっちゃんが好きだから抱きたかったのじゃなく、さっちゃんを好きになりたいからセックスをしたいと思った。僕はずつとさっちゃんを好きになりたかったんだ」

紫乃の夫は盗撮してる!

早智がアパートに行くと紫乃がやってきました。
紫乃はノックをしても京介が来ないことが気になっていたのです。

早智から京介が入院したと聞いた紫乃。

早智は着替えの場所がわかりません。
すると、紫乃が洋服のある場所を教えてあげます。

紫乃に要(桜田通)から電話が。

「仕事が落ち着いたからふたりでゆっくり過ごそう」という要。

そんな要は隠しカメラの映像で紫乃の姿を見ています。

結末:京介からの別れ

病院に戻った早智は、かいがいしく京介の世話をやきます。

「出会ってからどれくらいたった?」と優しい京介。

「5年くらいかな」早智は明るく答えます。

京介は早智の髪をなでながら…。

「さっちゃん、別れよう」と告げました。

早智は「えっ?」と驚き…。

<続く>

【さっちゃん、僕は。】5話の感想

京介が早智との別れを決意するという衝撃結末を迎えた5話
京介の口から生い立ちも明かされました。京介の父は女性を愛せない男性。京介もまた自分がそうではないかと思っていたのです。さっちゃんを好きになろうとしていたという京介ですが、真っすぐで明るいさっちゃんがまぶしてくて直視できなかっただけではないかな。つまり、さっちゃんのことを好きだからだと思うのです。

だからこそ、一緒にいるのが辛かったのかもしれない。
というか、5年も付き合っていて肉体関係がないことが別れの原因でしょう。

もし、あの時、さっちゃんが拒まなければ、もっと違う展開になったと思います。人妻と浮気をする京介を肯定はしませんが、あの美しき人妻に誘惑されたらその気になっちゃうのは仕方ないかも。

紫乃が京介の洋服の場所を知っていたことに疑問を持たないさっちゃん。いや、疑問に感じても感じないフリをしているのかも。もしや二人の関係に気づいているかも??

紫乃の夫の要はずっと紫乃のことを監視しています。怖すぎですね。泥沼化が予想できる展開です。
果たして?

次回もお楽しみに♪♪

公式情報
【さっちゃん、僕は。】TBS公式サイト
【さっちゃん、僕は。】公式X(旧Twitter)
【さっちゃん、僕は。】公式Instagram
【さっちゃん、僕は。】公式TikTok

記事内画像:ドラマストリーム『さっちゃん、僕は。』|TBSテレビ