【おしゃ家ソムリエおしゃ子!2】9話のネタバレと感想!おしゃ子が合理主義男子を前に万事休す!?

かっぴー原作、矢作穂香主演のテレ東系連ドラ・ドラマ25【おしゃ家ソムリエおしゃ子!2】の9話が12月3日に放送されました。オシャレな家に住んでいる男性としか付き合えないおしゃ子(矢作穂香)。理想の男性探しをするおしゃ子が、その毒舌で“ぶしゃ家”に住む男性たちに強烈なダメ出しをする痛快ラブコメディ。今回は合理主義男子の家へ。

テレ東【おしゃ家ソムリエおしゃ子!2】のネタバレ・感想・まとめを紹介します。

【おしゃ家ソムリエおしゃ子!2】の動画配信は「Paravi」で!

Paravi

※本ページの情報は2021年12月時点のものです。最新の配信状況は「Paravi」公式サイトにてご確認ください。

※毎週地上波放送に先駆けて「Paravi」で先行配信!


ADVERTISEMENT

【おしゃ家ソムリエおしゃ子!2】9話のネタバレ

【おしゃ家ソムリエおしゃ子!2】9話・ネタバレになります。

おしゃ子、合理主義男子の家へ

めう江(MEGUMI)のカフェを訪れたおしゃ子のボディガード・真鱈井(今井翼)。何やら怪しげなやりとりかと思われた前回ラストでしたが…実は真鱈井がスマホを落としただけだったという、超ハイスピードな伏線回収から9話はスタート。

とあるパーティー会場に向かったおしゃ子(矢作穂香)は、入口で、帰りろうとする六田木来(藤森慎吾)に遭遇。センスのいい六田木におしゃ子は即ロックオン。合理主義な六田木は即、おしゃ子に連絡先を聞くのだった。後日、めう江のカフェでくすき(富田望生)に六田木の話を聞いていた真鱈井は、六田木のことを怪しむも、全く聞く耳持たないおしゃ子。純愛を説く真鱈井にを「暑苦しい」と一蹴するのだった。

そんななか、配達員のバズ・リー(曽田陵介)がやってくる。「炎上とバズりは紙一重」という迷言に、おしゃ子も震え上がる。そんななか、六田木からおしゃ子にムダのないお誘いメッセージが届く。心配しすぎて胃が痛い真鱈井をよそに、おしゃ子は六田木の誘いに乗るのだった。

ホテル住まいの合理主義男子にスキはある!?

ホテルで食事を楽しむ六田木とおしゃ子。ワインを合理的という六田木の考え方に同調するおしゃ子は、六田木に部屋の話をされ、行く気満々になるもあえてじらす。だが、家が近いといっただけでまだ誘ってないと、合理的なくせにスカしてくる六田木。おしゃ子は、そんなしゃらくさいやりとりも楽しんでいると、「君、合格」と言われ、本当に六田木の家に誘われる。そして、六田木の家にいくのだが…何とそこはホテルの一室! 六田木はホテル住まいの「ホテル男子」だったのだ。

確かにおしゃれではあるが、「やっぱり家が一番ねぇ」という安堵感や、住む人の人間らしさが見えてこない部屋を前に、おしゃ子は「チート部屋」だと否定。だが、「合理的に考えてるから、過去にはとらわれない。すなわち、ものにも執着しないんだ。だから、トランク1つでいろんなホテルを渡り歩いてるってわけさ」とすかす六田木の合理的な考えに論破されそうになってしまう。

論破ポイントは「過去への執着」

「過去に執着しない」合理的なホテル暮らしに満足している六田木に、物申せないおしゃ子。その時、ルームサービスを届けにきたホテルマンに扮し真鱈井が部屋の中へ。おしゃ子を助けようとする真鱈井と、それを拒否し出ていくよう指示するおしゃ子の会話が動きのみでテレパシーのように繰り広げられ(笑)、バツの悪い真鱈井は「キレイな後頭部ですね」と六田木を褒めて、部屋を出ていくのだった。スキのない六田木に万事休すなおしゃ子だったが、ベッドに、かわいいくまのぬいぐるみがあるのを発見。それは、六田木が小さい頃から大事にしていた「くま吉」だった。

「くま吉」をきっかけに、過去にとらわれないはずの六田木の化けの皮がはがれてくる。おしゃ子は、部屋にあった他のトランク群も発見し、思い出の詰まった「NOかけがえ」のトランクを大事にしている六田木を見て、「普通の人より過去に執着してるよ」と思わずツッコミを。六田木はエセ合理主義者で、「大切な思い出を大事にするほうが力を発揮するタイプ」だと説き、今の暮らしが六田木には苦しそうだと言って、部屋を借りてみたら、その部屋はきっと六田木にとってかけがえのない思い出になる、六田木はきっと自分の住む部屋を大事にするんじゃないかとアドバイスを。

そして、真鱈井から六田木がトランクルームをいくつも借りられていることを報告される。だがそれはすでに、おしゃ子が“ぶしゃ家”斬りした後だった。

その後、ホテルを出て不動産屋に行こうとしていた六田木が、なぜか電柱に抱きつく真鱈井を発見。電柱にキスしようとしている真鱈井は、「好きになってもいいはずないんだ。だってあなたはもう…」と衝撃発言をするのだった!

<続く>

【おしゃ家ソムリエおしゃ子!2】9話の感想

思わずツッコまずにはいられない面白ポイントが今回もTwitterで話題に。

【おしゃ家ソムリエおしゃ子!2】9話・感想を紹介します。

おしゃ子が今回出会った藤森慎吾さん演じる六田木来(ムダギライ)の合理チャラっぷりや、そんな六田木の愛してやまないくまのぬいぐるみ「くま吉」の登場が話題に。顔芸ともいわれる、ハイテンションなおしゃ子のコミカルな表情や、随所に散りばめられた小ボケポイントなどなど…金曜の夜を笑って締められるところにも、好意的な感想が多数ありました。

おしゃ子の護衛・真鱈井宗(今井翼)に関する感想も続々! おしゃ子が言う真鱈井へのセリフや、真鱈井の愛用胃薬、ホテルマンに扮しておしゃ子を助けようとするシーン、ラストで電柱にキスしそうになる場面など、真鱈井のキャラクターも人気ですね。

【おしゃ家ソムリエおしゃ子!2】9話のまとめ

テレ東【おしゃ家ソムリエおしゃ子!2】9話・まとめになります。

「ホテル男子」六田木の徹底した合理主義に持論をくつがえされそうになるおしゃ子が、過去に執着する六田木の一面に気が付き、大事な思い出と共に生きていく部屋を見つけるよう指南した第9話。スキのない状況に苦戦したおしゃ子でしたが、真鱈井の助けも借りずに、一人でホテル男子の矛盾をついた様は本当に痛快でした。

おしゃ子に負けず劣らずの暴走気味な行動も、真鱈井もユニーク。真鱈井が口にした衝撃発言が何を意味するのか、次回以降が楽しみです。

次回予告

  • 知人、バズ・リー(曽田陵介)の家へ
  • バズ・リーの部屋にまさかの彼女が!?

次回もお楽しみに!

記事内画像出典:【おしゃ家ソムリエおしゃ子!2】公式サイト

2021年秋ドラマ
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント