ワンピース映画【FILM RED】が賛否両論(ネタバレ・感想有り)!

ONE PIECE FILM RED

ワンピース映画【FILM RED】が賛否両論(ネタバレ・感想有り)!

ワンピース映画最新作【ONE PIECE FILM RED】(以下、ワンピース映画【FILM RED】)が8/6(土)に公開。

メインは世界の歌姫・ウタ。歌唱パートはAdoさんが担当、シャンクスと赤髪海賊団が登場と話題沸騰。

でも感想や評価は賛否両論。一体、どうして。

今回の記事ではワンピース映画【FILM RED】のネタバレ、感想をお届け!

ワンピース映画【FILM RED】ネタバレ!ウタの能力と目的は?

ウタの悪魔の実の能力

ウタ

ウタは「ウタウタの実」の能力者。その歌声を聞いた者を眠らせ、心を「歌の世界」に閉じ込める能力。

ウタは歌うことで「歌の世界」を自由に作ることが出来る。ライブステージ、美味しい食事と「歌の世界」は楽しいことばかり。

さらに武器と鎧を身にまとうことで敵の攻撃を防げる。「歌の世界」ではウタは無敵。四皇幹部・オーブンですら寄せ付けない。

さらに現実世界でウタは眠らせた者を自在に操り、自分を守らせることが出来る。

歌姫・ウタのライブ

麦わらの一味は世界の歌姫・ウタのライブを観戦しに音楽の島「エレジア」へ。今までは「映像伝電虫」を用いた配信のみだったが、今回は初の観客を入れてのライブ。

早速、ウタのオープニングライブがスタート。その歌声に会場は大盛り上がり。

ルフィがステージに乱入、ウタは四皇・赤髪のシャンクスの娘で自分の幼馴染であると打ち明ける。

そこにウタを狙う海賊と四皇・ビッグマム海賊団の幹部オーブン、ブリュレが乱入。ビッグマムがウタを気に入っていた。

怯むこと無く、2曲目を歌い出すウタ。剣と鎧でオーブンたちを撃退、楽譜に閉じ込めていく。

ウタが目指す「新時代」

ウタは食事を作り出し、麦わらの一味をもてなす。ルフィとウタは幼い頃の思い出話で盛り上がる。

ウタは赤髪海賊団の音楽家。ルフィは船を降りたことを疑問視する。ウタは「歌姫になるため」とするが、煮え切らない態度。

ルフィが海賊であると知ったウタは態度を急変、「海賊やめなよ」と迫る。そして、麦わらの一味も楽譜に捕らえてしまう。

ウタの狙いは「歌の世界」で永遠に生きること。海賊に怯えたり、悲しんだりすることは2度と無い。それこそウタが目指す「新時代」だった

仲間に手を出されたことでルフィは怒り心頭。だが、ウタに攻撃は通じない。

傘下のバルトロメはルフィを連れて撤退。同じく「エレジア」に着ていたロー、ウタの能力を探ることに。

悪魔の実の能力なら限界は必ずあるはずだ。

世界崩壊の危機

ウタのライブは「映像伝電虫」で全世界に拡散され、人々の心は次々と「歌の世界」に閉じ込められていく。このままいけば7割の人間が眠り、世界は崩壊する

五老星率いる世界政府はウタを危険視し、海軍大将黄猿と藤虎を出撃させていた。

海軍大将を目の前にしても「私が死ねばどうなるか分かっている?」と余裕の態度。現実世界のウタが死ねば人々は永遠に「歌の世界」に閉じ込められることになる。

さらにウタは能力で現実世界の人々や海賊たちを操る。一般市民が相手では黄猿と藤虎もうかつに手が出せない。

ブルーノとコビーが麦わらの一味を救助。ウタの「ウタウタの実」の能力について説明する。

本来「ウタウタの実」の効力はウタが起きている間だけで、ウタが眠ると他の者は目覚める。

だが、ウタは「ネズキノコ」を食べ眠らない体となった。さらに「ネズキノコ」の毒でウタの命(タイムリミット)は数時間しかない。

ウタが暴走

麦わらの一味、オーブンたち、海軍は一時休戦。共闘して「歌の世界」から脱出する方法を探る。

そして、音楽の魔物「トットムジカ」を「音楽の世界」と現実世界で倒すしかない、と突き止める。

一方、ウタの計画を知った観客の一部が反発。さらにウタは「ネズキノコ」の副作用で興奮状態に

何よりもルフィに自分の「新時代」を否定されたことでウタが暴走し始める

ウタが行っていることはルフィが最も嫌う「自由を奪うこと」だからですね。

ウタの歌で観客はぬいぐるみに変化。「歌の世界」は不気味な雰囲気になっていく。

ついに海軍元帥・赤犬は「人々を犠牲にしてでもウタを抹殺せよ」と命令を下す。

シャンクスの真実

ウタはシャックスとの確執について語りだす。

12年前、音楽の島「エレジア」を訪れた。「エレジア」素晴らしい楽曲と講師が揃っており、ここで学べばウタの才能はより開花する。

それでもウタはシャンクスたちと冒険することを選んだ。

だが翌日、ウタが目を覚ますと「エレジア」は火の海に包まれていた。「エレジア」のゴードンは「犯人は赤髪海賊団」と告げる。

ウタが海に目をやると赤髪海賊団は笑いながら去っていった。

自分(ウタ)とシャンクスに血の繋がりは無かったが、親子のように過ごしていた。だが、裏切られた。

その後、ウタはゴードンの指導を受け成長。2年前から歌姫として活動していた。

ゴードンはウタに12年前の真実を告げる。ウタの力に呼応した音楽の魔物「トットムジカ」が蘇った

シャンクスと赤髪海賊団でもどうにもできない。幼いウタが力尽きたことで「トットムジカ」は再び封印されたが、「エレジア」は崩壊した

ウタに真実を告げるのは酷。シャンクスはゴードンに「自分たちの仕業にして欲しい」と頼んだ。

別れに涙はいらない、笑って別れるのが赤髪海賊団の流儀だ。

共闘!VS音楽の魔物「トットムジカ」

現実世界の「エレジア」を海軍の軍艦が取り囲み、攻撃を開始。

そこにシャンクスと赤髪海賊団が到着。大切な娘(仲間)であるウタを守る

実は1年前ウタは残されていた「映像伝電虫」から真実を知っていた。

だが、もう遅い。追い詰められたウタは音楽の魔物「トットムジカ」を呼び出してしまう。

「トットムジカ」のせいで「音楽の世界」と現実世界が融合。「トットムジカ」を倒すには「音楽の世界」と現実世界で同時攻撃する必要がある

現実の「エレジア」にビッグマム海賊団の最高幹部・カタクリも到着。ルフィたちとシャンクス、赤髪海賊団が共闘していく。

結末

息のあった連携攻撃を次々に叩き込み、「トットムジカ」を撃破する。

だが、ルフィたちが目覚めない。すでに手遅れだったのか?

ウタはシャンクスが持ってきた「ネズキノコ」の解毒剤を飲むのを拒否。最後の力でウタは歌い上げ、ルフィたちを救う。

黄猿と藤虎は世界を崩壊させようとしたウタを捕らえようとする。

シャンクスはウタを守るため覇王色の覇気を発動。黄猿と藤虎は分が悪いを判断、撤退する。

目覚めたルフィは赤髪海賊団の船を発見。

輪を作るシャンクスたち。その中央には赤髪海賊団の海賊旗が被せられた棺が

麦わらの一味と赤髪海賊団の船は逆方向に進んで行くのだった。

最後ウタは死亡した様子。解毒剤を拒否したのはウタの贖罪なのかも知れません。

ワンピース映画【FILM RED】の感想が賛否両論!その理由は?

賛成の意見!Adoのライブが最高!

『ONE PIECE FILM RED』でウタの歌唱パートを担当しているのは大人気シンガーのAdoさん。

この映画の為にそれぞれ異なる作曲家により、7曲が書き下ろされました。この歌自体が『ONE PIECE FILM RED』の物語になっています。

ウタ(Ado)のライブシーンや映像のクオリティが高く、「最高のライブを堪能できた」と高評価

ウタ(Ado)が歌う劇中歌

  • 「新時代」
    オープニングライブ、『ONE PIECE FILM RED』主題歌
  • 「私は最強」
    歌でオーブンたちを撃退するウタ
  • 「逆光」
    ウタが麦わらの一味へ牙を向く
  • 「ウタカタララバイ」
    現実世界で観客を操る為の歌、ウタが暴走していく
  • 「Tot Musica」
    ウタが魔王「トットムジカ」を復活させる為に歌う
  • 「世界のつづき」
    ウタと赤髪海賊団の思い出の歌、人々を目覚めさせる為に歌う
  • 「風のゆくえ」
    幼いウタとルフィの思い出の歌、『ONE PIECE FILM RED』のエンディングテーマ

反対の意見!ワンピースの映画らしくない!

ただ一方、ウタ(Ado)が歌うのは全7曲。1つの映画では多いほうです。上映時間は115分なので約16分に1曲は歌っている計算になります。(歌の長さも加味するともっと短い。)

「歌唱パートが長過ぎ」、「ワンピースの映画ではなく、Adoのライブでは?」と否定的な意見もありました

また、麦わらの一味の出番が少なめ。見せ場はウタが作った音符兵士やラスボスとの戦闘ぐらい。

特に映画初登場となるジンベイ、歌がテーマなのに音楽家のブルックが活かしきれなかったのが残念。

ラスボスは封印されていた音楽の魔物「トットムジカ」。ダークファンタジーに出てきそうな敵です。

ウタを倒すわけにはいかなかったとは思いますが、「ラスボスがワンピースの世界観に合わない」という意見が多かったです。

青雉と赤犬が決闘した結果、氷とマグマの世界に別れた「パンクハザード」のように悪魔の実の影響が残る事が多い。

「トットムジカ」もかつての「ウタウタの実」の能力者によって生み出された存在なら良かったのでは?

ワンピース映画【FILM RED】のネタバレと感想まとめ

Adoの歌やライブは最高、でもワンピースの映画としては「ワンピースらしさ」がなくて残念。

ここが『ONE PIECE FILM RED』の賛否が分かれる原因となった様子。

でも映画にはまだまだ見どころはたくさんあります。

他の『ONE PIECE FILM RED』の見どころ

  • ブルーノ、カリファなどの懐かしのキャラが再登場
    →エンディングにも多数登場
  • 麦わらの一味やカタクリ、シャンクスと赤髪海賊団の共闘
  • ウソップ、ヤソップ親子がシンクロして指示を出す
  • ルフィの「ギア5」やサンジの「魔神風脚(イフリート)」が先行登場
  • シャンクス、赤髪海賊団の新たな設定が明かされる(40億巻含む)

など。

『ONE PIECE FILM RED』は十分楽しめる映画となっているはず。ぜひ、劇場で御覧下さい。

画像引用:『ONE PIECE FILM RED』公式サイト

アニメ
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント

  1. HarryHarry より:

    匿名さんコメントありがとうございます。

    キノコの名前修正しました。

    歌の長さについては申し訳ないですが曖昧です。「新時代」と「風のゆくえ(ED時)」はフルだったと思います。

  2. 匿名 より:

    フルバージョンだったのは新時代とトットムジカだけであとは1番しか歌ってなかった気がする
    それとネムラズダケじゃなくてネズキノコですね