2021年春ドラマ
番組情報まとめ
2021年冬ドラマ
視聴率ランキング

【澪つくし】106話のネタバレと感想!坂東家と吉武家がかをるの奪い合い!

【澪つくし】106話のネタバレと感想!坂東家と吉武家がかをるの奪い合い!

退院したかをるを入兆に連れ帰ったことで再び揉める坂東家と吉武家。

梅木とハマの関係に気づいた番頭・小畑の忠告に梅木は…!?

【澪つくし】106話のあらすじネタバレと感想について!


ADVERTISEMENT

【澪つくし】106話のあらすじネタバレ

【澪つくし】106話のあらすじネタバレです。

吉武家がかをるを取り戻しに入兆へ

かをるを取り戻しに入兆にやってきた吉武家の船村、善吉、漁師たち。番頭の小畑(高品格)や梅木(柴田恭兵)と衝突する。

惣吉は死んだのにかをるさんをずっと外川に縛り付けるつもりか、と小畑。善吉はちゃんと手続きをした上で入兆に返すと言うが、漁師たちと入兆の従業員たちがまた揉め始める。

お面をかぶってついてきた弥太郎(明石家さんま)は、執行猶予中だと漁師たちをなだめるが、声で弥太郎だと入兆の従業員たちにもバレてしまう。

るい(加賀まりこ)が出てくる。外出中の久兵衛の代わりに返事する。

あなたがたはかをるの気持ちがわからないんですか。かをるは、吉武家の嫁だから外川へ帰ると言った。でも心身ともに疲れ切っている。外川に行けば惣吉のことばかり思い出すし、周りは他人ばかり。どうかかをるを帰さないことをわかってほしい。

頭を下げて頼むるい。善吉はるいの気持ちとかをるのことを思い、引き上げることにする。

夕食時、るいさんも立派だったけど、善吉くんも立派だった。見違えるほど成長した、と英一郎。久兵衛が吉武家とのことは自分がやるから心配するな、戸籍の問題もあると言うと、かをるはちょっと待ってほしいと声を上げる。

笑われるかもしれないけど、惣吉さんがもしも生きていたら…。

惣吉の遺体はまだ発見されていない。かをるは惣吉の生存をまだ信じているのだった。

ツエ(鷲尾真知子)が戻ってくる。見捨てないでください、というツエ。吉武家は黒不浄で漁にも出られず暗い雰囲気で居た堪れなかった。久兵衛がツエを入兆に置いてあげることにすると、かをるも喜んで笑顔を見せる。

梅木とハマの関係に小畑が忠告

かをるさんはかわいそうだが、吉武惣吉はもっとかわいそうだ。あの若さで恋女房残して死んでも死に切れなかっただろう。醤油屋と漁師の縁談なんて考えられないが、惣吉は久兵衛に直訴するために雨の日も雪の日も門前で待っていた。

見かねて熱燗を1杯飲ませたことがある。アイツはグイッと飲んで礼を言った。にっこり笑ってよ。まったく惜しい男を失くしたもんだ。

ハマ(根岸季衣)がやってくる。小畑の姿を見ると「紀之を探しにきた」と嘘をつき出ていくが、小畑は2人の関係をわかっている。従業員同士の関係はご法度、久兵衛にバレたら大事だ。でも所帯を持つつもりなら俺が話をしてやる。

所帯を持つ気はありません、という梅木に、罪作りな野郎だ、それならすぐに別れろと小畑。

その頃かをるは、初めて出会ったときからこれまでの惣吉との思い出を噛み締めていた。

【澪つくし】106話の感想とまとめ

またもやもめだした漁師と醤油屋のみなさん。

みんなちょっとずつ、思いやりと言葉が足りないとの声が上がっています。
・黙ってかをるを連れ帰る久兵衛
・かをるは他人じゃなく家族と言わない善吉
・ツエを置いてきぼりにしたのに謝らない久兵衛やるい
・ハマは「遊びじゃない」けど何か言えない梅木
・番頭小畑の忠告は梅木の出世のため?ハマの気持ちは?

いやいや、こういうひとつひとつの掛け違えでトラブルが起きていくんですよね。

これがすべて計算尽くであるとすれば、ジェームス三木さんおそるべし!

でも、ツエが戻ってきて、久しぶりにかをるの笑顔が見られたのはよかったですね!久兵衛もかをるの笑顔が見たかったのでしょう。

105話◀︎ ▶︎107話

澪つくし
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】