2021年冬ドラマ
番組情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【エール】80話のあらすじネタバレ感想! 裕一に召集令状の衝撃!

【エール】80話のあらすじネタバレ感想! 裕一に召集令状の衝撃!

木枯(野田洋次郎)が久しぶりに登場!

音楽挺身隊で合唱を提案する音は、非国民なのか。

そして裕一には召集令状が…。

【エール】80話のあらすじネタバレと視聴率、感想について!

スポンサーリンク

【エール】80話の視聴率

【エール】80話の視聴率はわかり次第お知らせします。

【エール】80話のあらすじ

前回のあらすじネタバレ感想はこちら↓↓

音は合唱曲を選定するが…

音(二階堂ふみ)は、音楽挺身隊の慰問で行う合唱曲を選ぶのに夢中。

華は、音がマグロみたいだという。マグロは寝てるときもずっと泳いでいるから。

たしかに音がジッとしているところを裕一(窪田正孝)も見たことがない。

鉄男が木枯(野田洋次郎)を連れてくる。おでん屋時代に残った酒をみんなで飲もうという。

木枯の曲は全部名曲だと絶賛する裕一と鉄男だが、木枯は今は「お前の音楽は軟弱だ」と言われて全然採用されないという。

個性を無理に曲げる必要はないという鉄男と裕一。

鉄男も、今の音楽業界には違和感があると言い出す。戦意高揚、忠君愛国ばっかりじゃつまらないしやりがいもない。だから一旦作詞から離れて新聞記者になった。

裕一はたいしたものだ。求められる音楽を質を落とすことなく次々と生み出している、と木枯。

今はお国のために頑張ってる人を応援したいだけ、と裕一。

酔いつぶれた2人を残して帰る木枯。女が待っているから帰るという木枯を見送りする音。

変わらないですね、裕一は、まっすぐで純粋で。利用されなきゃいいけど…。

大本営発表の日本の戦況はうそ!?

喫茶「竹」のマスターは、勤労動員で近くの工場で働くことになり、店をしばらく閉めるという。

代用コーヒーはコーヒーじゃないし。このまま店を続けることにも疑問があった。

裕一のラジオを聞いているというマスター。新聞記者の鉄男は大本営の発表と実際の戦況はだいぶ違うらしい、という。ガダルカナルも転進じゃなく敗北だった。

これまで素直に軍人の言う通りに戦意高揚の音楽を作り続けてきた裕一にも疑問が生まれる。

音楽は軍需品なの?

神林(円城寺あや)は、音の作ったリストを見る。歌いやすくて心から豊かなにる曲を選んだという音に「なまぬるい」と批判する。

我々の仕事は、軍需産業で働く人々の士気を高めること。芸術なんていらない。

音楽は音楽だと思います。その音楽を聴いてどう思うかは人それぞれで…。

あなたは何をしにここに来ているんですか。

音楽を聴いた人に笑顔になってもらうためです、と答えた音は、お帰りなさい。挺身隊に非国民は必要ありません!と言われてしまう。

【エール】80話のネタバレ

帰宅して落ち込む音は「非国民」と言われたと裕一に打ち明ける。さすがにこたえたけど、みんなが同じ考え方じゃないといけないのかな。そんな世の中は嫌…。

もちろん自分の国は好き。でもまず家族や友達、周りの人たちに幸せでいてほしい。それって自分勝手なことなのかしら。

でもこうなってしまった以上、この国に生きる人間としてできることをやっていくしかないんじゃないのかな、と裕一。

誰かが来る。玄関には軍服を着た男が立っていた。

おめでとうございます。召集令状です。

ついに裕一にも召集令状が来た。昭和18年5月のことだった。

【エール】80話の感想とまとめ

とうとう竹も閉店して創作スイーツでのほっこりシーンが消え、音は非国民呼ばわりで裕一には召集令状。来週辛そう。

久々の木枯君登場も・・ まさか、裕一に召集令状が届くとは・・。驚きました。

トレンドの召集令状でめちゃめちゃしんどくなってる…

裕一に召集令状が来たのは音楽挺身隊で意見した音に対する小山田先生の報復なのかしらとつい勘ぐってしまった 令状が届くタイミングがだな(恐らく当日夕刻)

音も裕一も戦時中に音楽を続けることで壁にぶつかります。どんどん戦争に巻き込まれていきます。

木枯くん(野田洋次郎)久しぶりの登場も、裕一に来た「召集令状」がトレンド入り。

志村けんさんは前回がラスト出演でしたが、裕一と音に対して不快感を表していたのが気になりますね。みなさんの感想にもありましたが、筆者も小山田先生が裕一を戦地に送るのかも…と勘ぐってしまいました。

神林さんはもしかして小山田先生が言うはずだった台詞を代弁してるのかも?

エール
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】