2020年秋ドラマ
情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【ブラッディ・マンデイ】滝藤賢一、江口のりこ、野間口徹の怪演がスゴイ!役柄と登場シーンは?

【ブラッディ・マンデイ】の注目キャラ一覧!江口のりこ、滝藤賢一、野間口徹は何役で登場?

三浦春馬主演ドラマ【ブラッディ・マンデイ】は、メインキャストも豪華ながら、実はゲスト出演者もすごいんです。

今をときめく江口のりこをはじめ、滝藤賢一、野間口徹の怪演がすごい!

いったいどんな役を演じていたのか?注目キャストについてまとめました。

今回は、【ブラッディ・マンデイ】の注目キャストと役柄、登場シーンについて!

スポンサーリンク

【ブラッディ・マンデイ】滝藤賢一がテロリストに!

【半沢直樹】でブレイク、いまや名バイプレイヤーとして引っ張りだこの滝藤賢一。

2020年には、大河ドラマ【麒麟が来る!】で足利義昭将軍役、10月から放送の【極主夫道】では主人公・不死身の龍(玉木宏)のライバル・虎次郎役を演じます。

【ブラッディ・マンデイ】序盤で重要な役を演じています。

以下、ネタバレがありますので、閲覧ご注意を。

滝藤賢一の役柄は?何話に登場?

滝藤賢一が出演するのは、【ブラッディ・マンデイ】シーズン1の第1・2話です。

<1話>
ファルコン/藤丸(三浦春馬)を操りたいテロリストにより、妹・遥(川島海荷)が、透析に行ったかかりつけの富永医院で誘拐されるが、サードアイが救出。

テロリストたちが起こしたショッピング・モールで偽のウイルステロを解決した後、ファルコン/藤丸が遥を迎えに行きます。

富永医院に電話すると、「遥は大丈夫」と電話に応対したのは白衣を着た城田学(滝藤賢一)。医師の富永京子(宮澤美保)の夫だと名乗る。

しかし、遥の隣りで眠っていた京子が目を覚ますと…。

あなた、誰?

不敵に笑う城田はいったい何者なのか!?というところで終わっています。

<2話>
ファルコン/藤丸(三浦春馬)が富永医院に到着すると、宝生(片瀬那奈)から電話がある。富永医師の夫は路上で遺体となって発見された。夫を名乗った男(滝藤賢一)は偽物でテロリストだった。

城田学(滝藤賢一)は、富永医師(宮澤美保)を殺害し、再び遥(川島海荷)を誘拐。

遥には爆弾が巻きつけられていて、城田はサードアイのホストにハッキングして「クリスマスの虐殺」のデータを完全に削除しろと脅迫する。制限時間は10分。

仕方なくハッキングを始めるファルコン/藤丸。システムへの侵入を気づかれるものの成功するが、爆弾のタイマーは止まらない。パソコンの充電も切れて絶望する。

現場に駆けつけたサードアイは、城田を捕まえる。城田は「生贄だ! 祝祭は始まった!」。そう叫ぶと死んでしまう。

【ブラッディ・マンデイ】江口のりこが第一の感染者に!

東京乾電池所属の名バイプレイヤー・江口のりこ。

『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』の個性的な校閲部員で注目を浴び、『わたし、定時で帰ります』『これは経費で落ちません』『キワドい2人』など連ドラに次々と出演。

2020年には『半沢直樹2』の国土交通大臣・白井亜希子役の怪演が話題です。

江口のりこの役柄は?何話に登場?

江口のりこは、【ブラッディ・マンデイ】1話のラストから登場します。

安田由紀子というブロガーですが、アクセスはあまりない模様。それでも彼女にとってブログは生きがいのようです。本職はOL?アパートでひとり暮らしをしています。

偽のウイルステロの日もブログを書いていた由紀子のところに、本物のウイルスが送られます。

宅急便で届いた化粧品のサンプルに見せかけた箱を開けると、いきなり不審な粉末が由紀子の顔にプシュー!!それは本物のウイルス「ブラッディX」でした。

テロリストから連絡を受けたサードアイの南海(芦名星)らは、由紀子を保護して入院させます。

何がなんだかわからないままに隔離され、治療や検査を受ける由紀子は、「心配ない」といって採血する看護師の腕に突き刺します!! ショックを受ける看護師や南海たちに由紀子は…

だって、心配ないんでしょ…

たしかに(苦)。かなり衝撃的なシーンでした。

由紀子の病状はどんどんステージが上がり、ついには息を引き取ります。

パソコンを取り寄せ、生きがいだったブログを最後までしたためたのに、書き込まれるのはディスりコメントばかり。

保護からずっと病床に付き添っていた南海(芦名星)は、由紀子の悲しい最期に涙を流します。

「遺族には別の死因で処理して」「患者は…」と言いかける霧島(吉沢悠)に、「患者ではなく、安田由紀子さんです」と言った南海の言葉が切なかった!

患者、感染者として記号化しないで!この人もひとりの人間です!

という叫びに聞こえました。

芦名星さんの【ブラッディ・マンディ】名シーンのひとつです。

【ブラッディ・マンデイ】野間口徹が教祖に操られる看守に!

出てきただけで“なんか怪しい”(笑)、野間口徹。

『相棒』のシリアルキラー、『あなたの番です』のストーカー夫役、『BORDER』のハッカー役など、いろいろな怪しい役を演じてきましたが、そもそも野間口徹=怪演俳優と視聴者に印象付けたのは、この【ブラッディ・マンデイ】看守役なのではないでしょうか。

野間口徹の役柄は?何話に登場?

野間口徹は【ブラッディ・マンデイ】1話から登場。

関東特殊拘置所に囚われている宗教集団の教祖・神島紫門(嶋田久作)を担当する石川看守役を演じています。

担当になるそうそう、人を操る力のある神島とは「話をするな」と注意を受ける石川ですが、どんどん神島の罠にハマっていきます。

「殺したい人間がいれば、ここから殺してあげよう」と言われ、妻の不倫に気づいていた石川の心は大きく揺れる(2話)。

しかしすべては結局、神島が脱獄するために石川を利用していただけのこと。石川も最終的には命を落としてしまいます。

野間口徹さんの微妙な心情の表現にゾクゾクさせられますね。

【ブラッディ・マンデイ】は怪演俳優の登竜門だった!?

東宝とTBSの合作ドラマ【ブラッディ・マンデイ】は、映画さながらの豪華キャストで制作された大ヒット作品。

あらためて見直してみると、地上波放送当時はメインキャストに注目して観ていたドラマにも、令和を代表する怪演バイプレイヤーズの名演が随所に光っていました。

【ブラッディ・マンデイ】は怪演俳優の登竜門だったのかもしれません!?

再放送や動画で再視聴する際は、ぜひ隅々までご注目ください!

Paravi

ブラッディ・マンディ
この記事が気に入ったら
いいねしよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】