2021年冬ドラマ
番組情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【13(サーティーン)】最終回のネタバレと感想!一樹と百合亜の13年間は偏った愛のカタチ?

オトナの土ドラ【13(サーティーン)】(日本版)最終回のネタバレと感想!
海外版のリメイクのクライムサスペンスドラマがいよいよ最終回!
犯人の黒川一樹(藤森慎吾)と百合亜(桜庭ななみ)が再会!?
二人の13年間には何があったの?
桜庭ななみさんと藤森慎吾さんの迫真の演技に注目!
2020年8月22日放送【13(サーティーン)】(日本版)最終回のあらすじ、ネタバレ、感想を紹介します。

見逃し配信はFODプレミアムで♪♪(2020年8月現在。最新情報はFODサイトでご確認ください。)

スポンサーリンク

【13(サーティーン)】最終回のあらすじ

【13】最終回
【13(サーティーン)】最終回
相川百合亜(桜庭ななみ)

【13(サーティーン)】最終回のあらすじを紹介します。

警察に黒川一樹(藤森慎吾)から電話がある。
一樹は、誘拐している少女を解放するかわりに、百合亜(桜庭ななみ)に二人だけで会いたいと言う。
永井(青柳翔)と佐緒里(遊井亮子)は百合亜に協力を求めるが、母の麻美(板谷由夏)は「犯人に再び会わせることはできない」と声を荒らげる。
しかし、百合亜は一樹に会うことを決意。そして、一樹に会う前に渉(井上祐貴)を訪ね……。

【13(サーティーン)】最終回のネタバレ


【13(サーティーン)】最終回のネタバレを紹介します。

黒川一樹(藤森慎吾)の条件

「ゆりりん、出してよ」
警察に黒川一樹(藤森慎吾)からの電話。

百合亜(桜庭ななみ)が電話に出ると
「会いたかった」と黒川一樹。
百合亜は、警察の指示通りに質問をし、誘拐されている少女・麗花を解放してほしいというと、黒川一樹は、百合亜と会うことが条件だと言い出す。

待ち合わせ場所には、百合亜がひとりでくること、それを守らなければ、麗花を殺す、と脅迫してきた。

逆探知はできかった。
母の麻美(板谷由夏)は「絶対に会わせない。今まで警察は何もしてくれなかった」と言い残し、百合亜を連れて家に帰る。

家につき車を降りたところで、百合亜が何者かに襲われる。父の壮一(神保悟志)が飛び出してきて、取り押さえる。
襲ってきたのは、麗花の父親だった。

麗花の父親の気持ちを察した百合亜は、黒川一樹からの電話の件を伝え
「これ以上、私と同じ目にあう少女を増やしたくない」
と、黒川一樹に会うことにする。

**

翌日、百合亜は渉(井上祐貴)に会いに行く。
渉は13年前、百合亜の傍に僕がいれば、と後悔を口にする。

百合亜は
「渉君のせいじゃないよ。みんな自分のせいだと言う。そして、暗い顔になる。そいうのはやめて。悪いのはあの男だけ。次、会う時は笑ってね」
と言い、立ち去る。

百合亜(桜庭ななみ)と黒川一樹の再会

永井(青柳翔)佐緒里(遊井亮子)とともに、待ち合わせ場所に向かった百合亜。
永井は百合亜にGPSを渡し、百合亜を疑ったことに「すまなかった」と謝る。
百合亜は「刑事さんは自分の仕事をしただけ」と。

そして、ひとりで待ち合わせ場所に。
百合亜の周辺には、気づかれないように警察が張り込み、モニタールームでは映像をチェックしている。

百合亜が死角に入り、防犯カメラから消える。
百合亜が向かったのは、証明写真を撮るブース。そこに黒川一樹が麗花を抱いて座っていた。

「やっと会えたね、ゆりりん」
黒川一樹は微笑む。

警察は百合亜を探すが、見つからない。
麗花は解放され、佐緒里が見つける。
麗花の手には、百合亜のGPSが握られていた。

**

地下の駐車場。
黒川一樹は、永井を後ろから殴り、百合亜を連れて逃走。

**

黒川一樹がどこに潜んでいるのか、百合亜を探すために麗花に事情聴取をするが、麗花はショックで話ができない。

百合亜(桜庭ななみ)「私には一樹しかいない」

百合亜は椅子に縛られている。
百合亜を抱きしめる黒川一樹。

「会いたかった、すごく、すごく会いたかったよ」
「私も、一樹に会いたかった。逃げたりしてごめんなさい。私には一樹しかいないの。私はもう逃げないから、これ、とって」

と自由にしてもらう。
黒川一樹と百合亜は抱き合う。

**

永井が佐緒里に連絡。
黒川一樹の車のナンバーを知らせる。

警察が麗花から情報を得られずにいると知り、百合亜の命がかかっているのに
「なぜ(麗花)を返したのだ」
と、永井は佐緒里を責める。

**

百合亜は
「お風呂沸いたよ」と言い、黒川一樹のシャツを脱がせ、ピストルを奪う。
黒川一樹にピストルを向け、発砲するがピストルはおもちゃで弾はでない。
黒川一樹に殴られ、百合亜は気絶する。

父・壮一(神保悟志)の土下座

永井は麗花の家に行き、話をしたいというが断られる。

一方、相川家では、壮一が
「何もしてあげれなくてすまない」
と麻美と千帆(石川瑠華)に頭を下げる。
麻美は
「一緒に待ちましょう」
と、壮一の手に手を添える。
千帆は「私たちにしかできないことがある」と壮一に話す。

**

麗花の家に相川一家が向かうと、玄関には永井がいた。
壮一は、麗花の父に「麗花に会わせてほしい」と頼む。

「あの男からひどい目にあわされ、話すことは無理だ」
と断られるが、壮一は
「うちの娘も同じです。あなたの娘さんを助けるために身代わりになった。今度は娘さんに助けてほしい」
麗花のヒントが必要だと説明をし土下座をする。

麗花と会うことが許され、永井は麗花に話し掛けるが、麗花は話すことができない。
麗花は、自分が拘束されていた窓から見えた絵を描く。
そこには、スカイツリーが。

黒川一樹(藤森慎吾)が百合亜(桜庭ななみ)を好きになった理由

百合亜は目を冷ます。

黒川一樹は
「ごめんね、ゆりりん。もう逃げないでよ。僕にはゆりりんしかいないんだから」

一樹が7歳の時に、父親の暴力がひどくて母親は逃げてしまった。それから一樹は、父親の暴力の餌食になった。
12歳の時、父親が死に、母親が戻って来た。しかし、母親は弟の優樹ばかりをかわいがり、一樹には優しくなかった。

「寂しかった。ずっと。ゆりりんは僕に初めて優しくしてくれた初めての人なんだ」

一樹が学校の用務員をしていたとき、草むしりで指を怪我をした。
そのとき、百合亜が「大丈夫ですか」と声を掛け、指の手当てをした。
それがキッカケで黒川一樹は百合亜に好意を寄せるようになった。

「僕は気づいたんだ。ゆりりんが僕の神様だ。この子といたら幸せになれるって。一緒にいて幸せだったよ。
でも、もうおしまいみたいだ」

ナイフを百合亜の首にあてる。

「そうね、私にはもうあなたしかいない」
「やっと、わかってくれたね。二人だけの世界に行こう」

**

その頃、警察では麗花の絵をヒントに場所を洗い出している。

百合亜(桜庭ななみ)の反撃

百合亜は手錠をかけられベッドにつながれている。
横に寝ている一樹に
「はずして、最後にあなたとひとつになりたい」
と言い、手錠を外してもらう。

そして、一樹にキスをする。
百合亜は一樹の舌を噛み、部屋から逃げ出す。
必死でドアを押さえる百合亜。
ドアの向こうでは、一樹がナイフでドアを叩いている。

室内は心中を図ろうとした練炭のガスが充満し、一樹は倒れる。

そして、百合亜は裸足で外に。
そこにパトカーが。

百合亜を抱きしめる、母、妹、父。

百合亜(桜庭ななみ)27歳の誕生日

百合亜、27歳の誕生日。
家族でパーティーをする。

「27歳のお誕生日おめでとう」
「13年間、あの部屋で生き延びられたのは、家族とのいい思い出があったから。もう失くしたものを考えない。前を向いていきていく」

**

公園。
百合亜がベンチに座り、立ち上がる。

百合亜はメイクをしキレイになった姿で静かにほほ笑む。

<完>

【13(サーティーン)】最終回の感想


【13(サーティーン)】最終回の感想を紹介します。

スピーディーで楽しめた【13(サーティーン)】

【13(サーティーン】がとうとう最終回。終わってしまいました。
全4話なので、本当にあっという間でした。
ストーリーの面白さと桜庭ななみさんや藤森慎吾さんら出演者の迫真の演技で楽しめたドラマです。
「オリラジ藤森の拍車のかかる演技に驚いた」「ドラマ13の藤森さん狂ってるけどイケメンだしなんかちょっと同情してしまった」と犯人役のオリラジの藤森慎吾さんはなかなかの好評価。
主題歌はLiSAさんの「愛掟」で、この歌詞がまたドラマをぐっと盛り上げていて、ツイートでも多くの感想が。
黒川一樹がどうして百合亜を誘拐したのかが判明。偏った愛し方は、育った環境のせいだということでもあり、依存の激しさのせい。寂しい人生を送ってきた男・黒川一樹は、寂しいままに死んでいったのでしょう。ラストに、黒川一樹が死んだとは出てこないので、想像ですが……。
内容はかなりダークでしたが、ラストは家族愛に満ちていてハッピーエンド。ラストシーンの百合亜が立ち直り、前に進んでいく姿がキレイです。
欲を言えば犯人と百合亜の関係性など、深掘り場面も欲しかったかな、と思いましたが、逆に飽きがこないスピーディーさがポイントなので、これはこれでよかったと思います。

次回作は【恐怖新聞】。こちらも土曜の夜に楽しめそうな作品で期待しています。


記事内画像:【13(サーティーン)】公式サイト

13
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】