2020年秋ドラマ
情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【朝ドラエール】44話の視聴率とあらすじ!裕一(窪田正孝)がデビューへ!

エール44
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/05/27/gazo/20200516s00041000293000p.html

【朝ドラエール】44話の視聴率とあらすじ!

窪田正孝主演のNHK朝ドラ『エール』第44話が2020年5月28日(木)に放送されました。

記念公演の最終選考が迫る中、音(二階堂ふみ)はカフェーで出会った希穂子(入山法子)と鉄男(中村蒼)の複雑な事情を知ることになる。鉄男と希穂子はどうなるのか!?

今回は【朝ドラエール】44話の視聴率とあらすじネタバレについて。

スポンサーリンク

【朝ドラエール】44話の視聴率

【エール】44話の視聴率は21.3%

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区・リアルタイム・世帯)

【朝ドラエール】44話のあらすじ

あらすじ

音(二階堂ふみ)の記念公演の最終選考まであとわずか。選考に向けて必死に練習する時期に、音がカフェーで働いたり、結婚もしていることをはじめて知って、千鶴子(小南満佑子)は「私のすべてをかけて、プリマドンナを勝ち取って見せる」と宣言する。一方、鉄男(中村蒼)は再会した希穂子(入山法子)をたずねてカフェーにやってくる。ちゃんと話がしたいと話す鉄男に、希穂子は冷たい態度をとる。

出典:テレビ番組表

あらすじネタバレ

希穂子は鉄男に「はっきり言いますね。福島から離れたのはあなたが重荷だったからです。勘違いされて困ってたの。お帰り下さい。」と冷たく言い放つ。

雨の中立ち去る鉄男。恋愛の機微を目のあたりにした音のカフェーの最終日だった。

その頃、古山家では…鉄男を励ますため、久志(山崎育三郎)を呼び、3人で酒を飲酌み交わす。すると鉄男は裕一に久しぶりに詩を書いてみたと、渡す。その詩は福島の地方小唄「福島行進曲」。裕一も久志もその詩を絶賛した。

裕一「紺碧の空書いた時に思ったんだ。歌詞に共感するってすんごく大事だって思ったんだよ。こういう、こういうグッとくる歌詞待ってた!僕、福島捨ててここに来たんだ。でも、忘れたことは一度もない。鉄男、僕にこの詩で曲をつけさせてくれ!」

裕一は「福島行進曲」を完成させ、廿日市(古田新太)に見せると、いつもより真剣な様子。秘書の杉山(加弥乃)が「福島行進曲」を褒めた。彼女の視点はまだ他社が手をつけていない地方であり、商売的な意味も含めての評価だが、結果的に採用となった。

そして裕一の初めてのレコードが吹き込まれる日。歌うのは久志ではなく廿日市が連れてきた女性歌手だった。無名の学生をいきなり抜擢するのは難しかったのだ。上京して2年、ついに裕一はプロの作曲家デビューを果たす。

【朝ドラエール】44話の感想

千鶴子は嫉妬?

千鶴子が音に燃やす対抗心。裕一の弟が兄へ抱いた嫉妬とかぶります。何もかも手に入れて羨ましいという気持ちが根底にあるのでしょうが、努力の過程は人それぞれ。千鶴子さんも肩ひじ張らずに頑張ってほしいのですが…。

裕一(窪田正孝)ついにデビュー!

ついに裕一もレコードを出します。なかなか苦労しましたね。モデルの古関裕而さんが5000曲におよぶ作曲をしたことが信じられないくらい不採用の連続。幼なじみ3人のシーンも仲良しで好感持てますね。

【朝ドラエール】基本情報

【番組タイトル】連続テレビ小説「エール」

【出演】窪田正孝,二階堂ふみ,柴咲コウ,古田新太,中村蒼,仲里依紗,野間口徹,入山法子,山崎育三郎,松井玲奈,黒沢あすか,立花恵理,加弥乃,山田麗,小南満佑子,清水葉月,金澤美穂,蔵原健,ほか

【脚本】清水友佳子

【語り】津田健次郎

【音楽】瀬川英史

【放送局:放送時間】

  • NHK総合(本放送):月~土 あさ8時~、(再放送)午後0時45分~(土曜はバナナマン日村さんによる解説回)
  • BSプレミアム(本放送):月~金 あさ7時30分~(再放送)午後11時~
  • BSプレミアム(1週間まとめて再放送):土曜 あさ9時45分~午前11時
  • NHK総合(土曜の回の再放送):毎週日曜 午前11時~11時15分

※放送は変更される場合があります。

エール
この記事が気に入ったら
いいねしよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】