2020年夏ドラマ一覧2020年秋ドラマ一覧

【カメラを止めるな!リモート大作戦!】キャストとあらすじ!新作配信でコロナに負けるな!

カメラを止めるな!リモート大作戦!サムネイル

この記事のサムネで使用している画像の引用元:映画「カメラを止めるな!」公式 リモ止め制作中!

【カメラを止めるな!リモート大作戦!】キャストとあらすじ!濱津隆之らが短編映画をリモートで作成、ネットで配信!コロナに負けるな!

コロナの影響で映画業界も大きな影響を受け、人々も不安になっています。

そこで映画【カメラを止めるな!】の上田慎一郎監督、主演俳優・濱津隆之さんらキャスト・スタッフが再集結、視聴者も巻き込んで完全リモートで新作短編映画(ネット配信)が製作され、配信されました。

今回の記事では【カメラを止めるな!リモート大作戦!】キャストとあらすじなどをお伝えします。

映画「カメラを止めるな!」を視聴するには?
本家の映画【カメラを止めるな!】はHuluで配信中です。
初めての利用ならば2週間無料トライアルで楽しむことが出来ます。
※ 全て2020年5月1日(金)の情報です。最新の配信状況、価格については公式サイトをが確認ください。
スポンサーリンク

ネット配信【カメラを止めるな!リモート大作戦!】あらすじと概要

あらすじ

新型コロナウィルスが猛威を振るい、映画業界も撮影の中止など大きな影響が出ていた。そんな中、スマホ撮影のリモートで映画関係者が集まり会議をしていた。

笹原芳子(どんぐり)「おーい」

古沢真一郎(大沢真一郎)「あっ、お疲れ様です。」

笹原芳子「これで映っているの?聞こえている?」

古沢真一郎「映ってます。聞こえています。少し下がった方がいいですね。」

笹原芳子「はぁ、えらい時代になったな。」

古沢真一郎「お疲れ様です。よろしくお願います。」

日暮隆之(濱津隆之)「よろしくお願いしまーーす。」

笹原芳子「日暮さん聞こえてる?今家?」

日暮隆之「はい、っで話というのは?」

古沢真一郎「実はうちがネットテレビで番組やらして貰えることになりまして。」

「そのディレクターを日暮さんにお願いしたく。上手くいけばレギュラー化も。」

日暮隆之「ありがとうございます。で、どういう?」

笹原芳子「実際にあった珍犯罪を再現ドラマにしてお届けする。そんな番組や。今月中に。」

日暮隆之「えっでも今、撮影できる状況では無いですよ。」

笹原芳子「ええ、そこでやエモートで作んねん。」

古沢真一郎「リモートです。」

「スタッフ、キャスト全員一度も会わずに作ります。」

日暮隆之「一度も会わずに…?いやいやいやいや、古沢さんそれはちょっと..,」

古沢真一郎「やっていただけますか?」

こうして前代未聞の全てリモートでの映画撮影が始まったのだった。

概要

新型コロナウィルスで映画業界も打撃を受ける中、少しでも業界と視聴者を盛り上げようと映画【カメラを止めるな!リモート大作戦!】のキャストとスタッフが再集結しました。

  • 上記の依頼の様子
  • 打ち合わせ
  • 実際の撮影
  • 役者が撮った映像へのダメ出し

など全てがリモートで行われて、その様子を纏めたものが短編映画として完成しました。

ネット配信【カメラを止めるな!リモート大作戦!】配信情報

そして、完成した短編映画は2020年5月1日よりYouTubeで無料配信されています。

短編映画『カメラを止めるな!リモート大作戦!』本編

ネット配信【カメラを止めるな!リモート大作戦!】一般参加者を募集

さらに配信の2週間ほど前に「主題歌に乗せて踊ってみた」動画を募集、応募者は作品のエンドロールで使われました。

ネット配信【カメラを止めるな!リモート大作戦!】キャスト

濱津隆之(役:濱津隆之)

主人公で映像監督。古沢から「全てリモートで映像作品を作って欲しい」と依頼を受ける。

真魚(役:日暮真央)

隆之の娘で大学生、父と同じく製造制作の道を歩んでいる。

父親とは離れて暮らしているが、リモート映像作品の相談を受けアドバイスを送る。

しゅはまはるみ(役:日暮晴美)

隆之の妻で良き理解者。元女優の経歴を持つ。

現在は隆之とは離れて海外に移住している。

古沢真一郎(役:大沢真一郎)

ラインプロデューサー。こんな時代だからこそ勇気付けるために隆之にリモート映像作品の制作を依頼する。

どんぐり/竹原芳子の名義(役:笹原芳子)

テレビプロデューサーで古沢と同じく依頼者。スマホの用語や機械操作は苦手な様子。

秋山ゆずき(役:松本逢花)

アイドルで隆之のリモート映像作品に女優として参加する。

長屋和彰(役:神谷和明)

かなりの売れっ子イケメン俳優。リモート映像作品では主役を務める。

市原洋(役:山ノ内洋)

メガネをかけている気弱な俳優。自宅にあったものを使って役を演じきる。

細井学(役:細田学)

隆之とは長い付き合いの中年の俳優。アルコール依存症で酔ったまま撮影に参加してしまった。

ネット配信【カメラを止めるな!リモート大作戦!】上田慎一郎監督からのメッセージ

ネット配信の最後には監督を務めた上田慎一郎氏からのコロナで不安になっている視聴者へのメッセージで締められていました。

上田慎一郎「おはようございます。こんにちは。こんばんは。本作を担当しました上田慎一郎です。」

「ご視聴いただきまして真琴にありがとうございます。」

「本作を多くの方に届けたいと思っております。良かったらSNSで“#リモ止め”を付けて感想を書いてくれると嬉しいです。」

「また、本作のメイキング映像や未公開映像を含めた特典映像を現在実施中のクラウドファンディング“ミニシアター・エイド基金”支援者の方へのリターンとして提供しています。」

「この作品が誰かの気分を少しでも明るく出来ていたら幸いです。」

「それでは、また現場で。」

ネット配信【カメラを止めるな!リモート大作戦!】特典映像とミニシアター・エイド基金のお知らせ

上田監督がお話していたクラウドファンディングへの参加は以下のリンクから行えます。

コロナの影響で小規模の映像団体はピンチを迎えています。皆様の温かい支援をよろしくお願いします。

ミニシアター・エイド(Mini-Theater AID)基金

支援後「サンクスシアター」より特典映像を視聴できます。

期限は2020年5月14日23:59までです。

映画【カメラを止めるな!リモート大作戦!】「#リモート大作戦」、「#リモ止め」で大反響

リモート映像作品公開直後からTwitterでは“#リモート大作戦”、“#リモ止め”を付けた感想で溢れ、大反響となっています。

コロナで時代だからこそ元気になれる短編映画となっています。ぜひご覧になって“#リモート大作戦”、“#リモ止め”でどんどん拡散してください。

ネット配信
この記事が気に入ったら
いいねしよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
【dorama9】