【やめるときも、すこやかなるときも】7話のネタバレと感想!一生懸命の桜子(奈緒)に涙!

日本テレビ・シンドラ【やめるときも、すこやかなるときも】7話のネタバレと感想!
松江に行くことを断った桜子(奈緒)は、壱晴(藤ヶ谷太輔)と向き合うことを決意し……。
頑張れ桜子、頑張れ壱晴!誰もが応援したくなる二人の恋の行方は思いもよらぬ方向に!?

キスマイの藤ヶ谷太輔主演【やめるときも、すこやかなるときも】7話のあらすじ、ネタバレと感想について。

動画配信:【やめるときも、すこやかなるときも】、日本テレビのシンドラ「ブラック校則」「節約ロック」や、奈緒さん出演の「あなたの番です」はHuluで視聴できます。(2020年2月現在)
ドラマ【やめるときも、すこやかなるときも】のキャストとあらすじ! 日本テレビ2020年冬の「シンドラ」は、Kis-My-Ft2(キスマイ)…
日本テレビ・シンドラ【やめるときも、すこやかなるときも】(やめすこ)原作のあらすじとネタバレ! 藤ヶ谷太輔(キスマイ)と奈緒が主人公・壱晴…
【やめるときも、すこやかなるときも】動画と藤ヶ谷出演のドラマ配信サイト一覧! 日本テレビ・シンドラ【やめるときも、すこやかなるときも】…
スポンサーリンク

【やめるときも、すこやかなるときも】7話のあらすじ

壱晴(藤ヶ谷太輔)は桜子(奈緒)に、一緒に松江に行かないかと提案するが、断られてしまう。一人ででも松江に行こうとする壱晴だったが、真織の事故が脳裏をよぎり、なかなか前に進むことができない。
「前に進みたい」という言葉を口にしながらも、過去を拭い去れない様子の壱晴。そんな心情を理解できない桜子だが、想いを断ち切ることもできず「好きすぎて、一緒にいると虚しい」と涙を流す。
桜子が家に帰ると、母・幸枝(手塚理美)の顔には痣が。父・勝己(遠山俊也)と一緒にいることに限界を感じたことはないのかと尋ねると、幸枝は何度もあると答える。それでも、弱い勝己を一人にできないし、そばにいることは自分にしかできないと話す。そんな、幸枝の想いを知った桜子は、過去を打ち明けてくれた壱晴と向き合うために、ともに松江へ行くことを決意する。
松江に到着した壱晴と桜子は、真織(中井友望)との思い出を巡る。桜子は、真織を思い出す壱晴の姿からどうしても目を背けてしまう。墓参りを終え、宍道湖を見つめる二人。「これでやっと前に進めるね」と明るく振舞う桜子に壱晴は、気づいた自分の本当の想いを、率直に桜子に伝える。そんな壱晴の想いを知った桜子は…。
https://www.ntv.co.jp/tomoniikiru/story/07.html

【やめるときも、すこやかなるときも】7話のネタバレ

松江を歩く壱晴(藤ヶ谷太輔)と桜子(奈緒)

壱晴(藤ヶ谷太輔)と桜子(奈緒)は、思い出の場所を歩く。
そこかしこで、真織との出来事を思い出す壱晴。

宍道湖

そこは、真織と壱晴が写真を撮った場所。
壱晴は夕日を眺め、無言。
その時、桜子は仕事の電話をするために
「電話してくるね」
と壱晴に言い、その場を離れる。
壱晴は答えず、ただ、遠くを見つめている。

**

ホテルにて。

真織がバイトをしていた、壱晴の同級生・堀内のホテルだ。

壱晴は、堀内を桜子に紹介。
堀内から真織のお墓の住所を教えてもらう。

ホテルの外を眺め、
「この先で、この道の先で事故があったんだ」
と、壱晴。

松江の夜

夜、二人は別々の部屋で過ごす。

壱晴は、真織が事故に遭った時の夢を見る。
桜子は眠れず、ホテルのロビーにいた。
そこに、堀内がやってきた。
「須藤のこと、お願いします」
と頭をさげる。
「須藤は弱虫だから、ひとりじゃ来れなかった。須藤を救ってやってください」
と。
桜子は
「任せてください」
と、答えた。

壱晴(藤ヶ谷太輔)から衝撃の言葉

翌日。

二人は真織の墓参りをして、真織の家に行く。
真織の家は、ひどく荒れていて古い家だった。

宍道湖を眺める壱晴。

桜子は
「これでやっと前に進めるね、わたしたち」
と言うが、壱晴は松江に来て気づいた気持ちをストレートに伝える。

「ごめん、この街に来て桜子と前に進めると思った。でも、真織は生きてるんだ。
忘れなくちゃと思ったけど、どうしても、忘れられない。
桜子と一緒にいる間もずっと……。
桜子の家に行って、お父さんと会ったとき、桜子と真織が重なった。
桜子と結婚すれば、消せると思ったんだ。
恋じゃなかった」

桜子
「声、出るようになるといいね。須藤さんの声が出るようになれば、私はそれでいい。きっと、大丈夫」

桜子は、真織のことを忘れなくていい、と。
そして、
「この2か月、ありがとう。人を好きになるって、こんなに辛いんだね。私、須藤さんを好きになってよかった」
そして、椅子を作って、と言い、壱晴に背を向けた。

桜子はひとり泣きながら、松江の街を歩く……。

【やめるときも、すこやかなるときも】7話の感想

松江は思い出がいっぱい過ぎです。壱晴はひとりでは来れなかった松江。桜子が背中を押してくれたのです。でも、やっぱり思い出は大きすぎたようで。最後はとても辛かった。
桜子が「須藤さんを好きになってよかった」と言うラスト。桜子、ものすごく頑張っているな、と。その姿が一所懸命で可愛くも切ない。
それでも、少しずつ、前に進めているのでしょう。次回もお見逃しなく♪

ツイートを紹介します。原作者の窪美澄さんのツイートも♪

◆キスマイの藤ヶ谷太輔さんの出演ドラマも掲載◆

Kis-My-Ft2(キスマイフットツー/キスマイ)メンバー出演ドラマ一覧・動画配信情報! Kis-My-Ft2・キスマイ(ジャニーズ…

【やめるときも、すこやかなるときも】は日本テレビ・シンドラ枠で放送です!
アイキャッチ画像:【やめるときも、すこやかなるときも】公式HP

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク