【やすらぎの刻~道】175話のネタバレと感想!いしだあゆみが超大物フィクサーと!?

【やすらぎの刻~道】175話のネタバレと感想!

マキタという大物フィクサーから柳介の携帯にメールが!

スタッフだけで収めることができない事態に発展してしまい……。

倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】175話が2019年12月9日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
【やすらぎの刻~道】175話のネタバレあらすじと感想について。

『八つ墓村』の金田一耕助、映画『男はつらいよ・お帰り寅さん』の満男と主演続きの吉岡秀隆さんがテレビ朝日昼ドラ【やすらぎの刻~道】の【郷】パー…
【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末! テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』の続編。…
【やすらぎの郷】(2017年4月~9月)の続編。 「帯ドラマ劇場」【やすらぎの刻~道】(やすらぎのとき ~みち)がスタート。 テレビ朝日…
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】175話のあらすじ・ネタバレ

【やすらぎの刻~道】175話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】175話のネタバレ

柳介に頻繁にメールをしてくるマキタというのは、大物フィクサー。
そんなマキタからどうして柳介にメールがくるのか、スタッフは危険を感じていた。
柳介に成りすまし、スタッフはマキタにメールをしてみる。

**

菊村は、それよりもマヤの自叙伝が気になっている。

冴子(浅丘ルリ子)は、自分の名前がでてくるのか、と訊くと、マヤは当然だという口ぶり。
さらには、菊村のことも名わき役で出演するなどといい、冴子の男の尽くし方まで書いているという。

そして「実名で書く」と言い切り、すでに編集社にまで見せているという。
出版のことまで話になっているといい、マヤはノリノリだ。

**

マキタからではないが、メールの返信があった。
そこで、中里(加藤久雅)がマキタに会いに行く。

沼田という代理人が現れ、中里は偽名をつかうが、
「中里さんですよね」
と言われてしまう。
中里のことも、柳介が「やすらぎの郷」にいることもバレていたのだ。

そして、柳介の逮捕によって逮捕された売人組織に属する半グレの柿本への慰謝料として三千万を要求された。
警察に届けたら、柳介がやすらぎの郷にいることがバレ、マスコミが騒ぐと考えられた。
そこで中里は秀次に話をすることに。

秀次にマキタのことを訊くと、知っていると言う。

中里は、柳介のこと、マキタからメールがきたこと、代理人と会ったこと、そして、慰謝料を要求されていることを秀次に打ち明ける。

そして、秀次にマキタへ口を利いてくれないか、と頭を下げる。

「わかりました。ただですね、もっとここに適任の人がいる」
と、秀次は電話を掛ける。

マキタの代理人の電話番号を教える中里。

ところで、と秀次は話を始める。

「この前のあの試合、あれ、八百長でしょ。
あれ、あなたたち、わざと負けたでしょ」

「そんなことありません」
と答える中里に

「嘘つき」
と秀次は言う。

その時、ドアをノックする音。
秀次がドアを開けると、そこには、玉子(いしだあゆみ)が立っていた。

<続く>

【やすらぎの刻~道】175話の見どころ

秀次の「うそつき」が可愛い

中里がウソをいうと秀次が「うそつき」という場面。
そこが可愛いと話題に。
怒らないでなにより。秀次さん、なにげに可愛いところもあるのかも。

マヤの自叙伝

実名で出版するとまでいいだすマヤ。
とっても嬉しそうです。暴露本とも思える自叙伝。本当に出版されるのでしょうか。気になりますね。

【やすらぎの刻~道】175話の感想

大物フィクサーの登場でお金がらみ、脅迫と怖い裏社会が描かれています。柳介の罪は深いとつくづく感じる175話。頼りになる秀次ですが、もっと頼りになるのが玉子。
いつもは怜子のいいなりの玉子ですが、過去の玉子を知ることになりそうです。次回は、いしだあゆみさんに大注目です。
【やすらぎの刻~道】絶対見逃せない吉岡秀隆さん登場回まであとわずかです。

記事画像:テレビ朝日公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク