【ハル~総合商社の女~】3話の視聴率とネタバレ!寺田心の父との初対面にじんわり!?

ハル総合商社の女3話トップ

【ハル~総合商社の女~】3話の視聴率とネタバレ!

中谷美紀主演のドラマ『ハル~総合商社の女~』(テレビ東京)の第3話が11月4日(月)に放送されました。

ハル(中谷美紀)が、関連会社・西本工業の窮地を救う!?

涼(寺田心)と父・和田部長(藤木直人)の初対面シーンがじんわり感動!

今回はドラマ『ハル~総合商社の女~』第3話の視聴率とあらすじ、ネタバレ感想についてお伝えします!

ドラマ『ハル~総合商社の女~』は、動画配信サービスパラビで配信中!(2019年10月時点の情報です。)
ドラマ【ハル~総合商社の女~】キャストとあらすじ! 2019年10月スタートのテレビ東京系「ドラマBiz」枠は、ドラマ【ハル~…
【ハル~総合商社の女~】の視聴率とネタバレ最終回まで! 中谷美紀主演のドラマ『ハル~総合商社の女~』(テレビ東京) 持ち…
スポンサーリンク

【ハル~総合商社の女~】3話の視聴率

【ハル~総合商社の女~】3話の視聴率は4.9%!

【ハル~総合商社の女~】3話のあらすじ

【ハル~総合商社の女~】3話のあらすじ

ある朝、海原晴(中谷美紀)は驚きの報道を目にする。

五木商事の関連会社である西本工業が日和製作所によって敵対的買収を仕掛けられているというのだ。

西本工業は航空機や工事車両用のタイヤメーカーとして利益を出している優良企業で、五木商事にとって絶対に守りたい会社である。

和田寿史(藤木直人)は、法律に詳しい海原晴(中谷美紀)をチームリーダーに配し、経営企画部一丸となって乗っ取りを阻止するよう指示。

晴は早速、西本工業へ向かう。そこで、社長の西本順造(松澤一之)や社員の及川忠志(長谷川朝晴)ら社員たちはリストラや今後の不安を抱えていることを知り、彼らの生活を守ることを固く約束する。

そして晴は、絶体絶命のピンチだからこそ、「自分たちの会社は自分たちの手で守るべき」とはっぱをかける。

と同時に、商社ならではの戦略を立て、西本工業を守ろうと必死で闘う。

果たして、用意周到に乗っ取りを進める日和製作所にどう立ち向かうのか?

そんな最中、晴は西本工業に息子の涼(寺田心)を見学に連れて行くと、偶然にも和田が来てしまい、父子は思わぬ再会をすることになって……。

ゲスト出演:松澤一之、長谷川朝晴

記事の出展:テレビ東京、公式番組サイト

【ハル~総合商社の女~】3話のネタバレ

【ハル~総合商社の女~】3話のネタバレ

ハルが新規事業を提案

西本工業の株の保有割合は五木商事が3割、日和製作所も3割という状況。

日和製作所は、さらなる株の買い占めを目指して他の株主に接触していた。

西本工業を五木商事の関連会社として守るためには、他の株主に企業価値を証明し株の売却をしないように働きかけるしかない。

ハル(中谷美紀)は、そのために西本工業として、今までにはない新規事業を打ち出して成功させる必要があるという。

そして、さっそく経営企画部のメンバーにインパクトのある新規事業の企画書を考えるように指示、同時に西本工業の従業員たちにも特殊タイヤ以外の新商品開発のアイデアを出しあうように依頼する。

経営企画部で上がった新規事業のアイデアは中古タイヤの海外輸出事業だった。

重機用のタイヤは高価なものなので、発展途上国では中古特殊タイヤの需要が見込まれるとして、ハルはこの事業計画に魅力を感じていた。

しかし、西本工業に輸出事業のノウハウがないことや、海外販路の確保が必要なことなど課題は山積みだった。

一方、西本工業では従業員たちのアイデアを参考に、2030年に開通予定の東部鉄道のリニアトレインの消しゴムを作ることになる。

ハルがリスクの高い提案

そんな中、日和製作所の重役が城東商事、古賀産業、ノガミコーポレーションの3社に西本工業の株を売却するよう圧力を強めていることが判明。

これを知ったハルは、この3社と期限内は西本工業の株を売らないという覚書を締結することを提案。

ハルの設定した期限は1週間、この覚書があれば期限内は株を売られる心配はない。

しかし、期限が過ぎると株は売却され、五木商事は日和製作所よりも高額な値で株を買い取らなければならないというリスクの大きいものだった。

和田部長はハルの提案に驚きつつも「上層部には俺から話しておく」といって受け入れた。

和田部長と息子・涼が初対面

ハルは差し入れの肉まんを持って、息子・涼(寺田心)と共に西本工業を訪れ、熱心にリニアトレインの消しゴム作りをしている従業員たちを労っていた。

涼をみんなに紹介して工場を見学していると、そこへ偶然にも和田部長(藤木直人)がやってきた。

和田部長は、西本工業の社長・西本順造(松澤一之)とあいさつを交わすと、涼の存在に気付く。

思わぬ形で実現した父・和田部長との初対面に、涼は目を輝かせていた。

和田部長も息子・涼との初対面に感動している様子だった。

従業員たちは、涼の意見を参考にリニアトレインの消しゴムの試作品を続ける。

何度も材料の配合を変えながら試作し続けた結果、納得のいく完成品が仕上がったのだった。

ハルに逆風が吹く

西本工業の従業員たちの努力によって完成したリニアトレイン消しゴムだったが、その翌日に突然、東部電鉄の社長が方針転換を表明。

リニアトレイン消しゴムの発売は2029年の開通前年からにしたいと言うのだった。

ほぼ決まりかけていた契約が突然、白紙になってしまったことでハルも西本工業の従業員たちも大きく動揺してしまう。

さらに追い打ちをかけるように、中古タイヤの輸出事業も契約直前で中国の企業に持っていかれてしまった。

株主3社との覚書の期限まであと2日、ハルは窮地に立たされていた。

ハルが西本工業を救う

この状況を打開するために何か良いアイデアはないか?

必死に考えていたハルは、現在中古タイヤの輸入が禁止されていて、かつ近々、法改正で解禁される国なら契約を締結できる可能性が高いと思いつく。

経営企画部で、世界中の国の大使館に連絡を取り、条件に一致する国を探し回った。

その結果、ドミン共和国という国で3か月後に中古タイヤの輸入規制が解禁されることが判明。

すぐに現地企業と契約を結び、西本工業は中古タイヤの輸出事業を新規に開始することができた。

これによって、株主を納得させることが出来た西本工業は日和産業に乗っ取られずに済んだのだった。

そして、和田部長はハルの提案した覚書を誰にも報告していなかったといい、契約が締結できなければ、自身が辞任して責任を取るつもりだったと打ち明けた。

【ハル~総合商社の女~】3話の感想、まとめ

今回は、ハル(中谷美紀)に連れられて西本工業の工場見学にやってきた息子・涼(寺田心)が、父・和田部長(藤木直人)と初対面するシーンが感動的だったと話題になっていました。

初めての父との対面で、目をそらしたり微笑んだり、寺田心くんの豊かな表情がとても印象的で切ない心情を表現していたと思います。

ハルは息子・涼に最後「今度ちゃんと会ってみる?」と聞いていたので、今後は和田部長と親子3人での和気あいあいとしたシーンも期待できるかもしれません。

次回予告では「揺れるハルの女心」と出ていましたので、いよいよハルの恋愛が展開し始めるかも!?

次回、『ハル~総合商社の女~』第4話は11月11日(月)の放送予定です。

記事内の画像出典:テレビ東京、番組公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク