【シャーロック】4話の視聴率とネタバレ!金子ノブアキの嫉妬で狂った演技が大絶賛!

シャーロック3

月9ドラマ【シャーロック】4が10/28(月)に放送されました。

犯罪捜査専門コンサルタントと、とある事件で出会った精神科医である相棒が、難事件を解決していくドラマとなっています。

ボクシング世界チャンピオンが失踪した訳とは?

今回は、【シャーロック】4話の視聴率とあらすじネタバレ、感想についてご紹介。

見逃してしまった方は、FODプレミアムにて視聴できます!

スポンサーリンク

【シャーロック】4話の視聴率

シャーロック4話

【シャーロック】4話の視聴率は10.6%。

前回10%にギリギリ届かずでしたが、今回は0.7%のアップで2桁獲得!

【シャーロック】4話のあらすじとネタバレ

~【シャーロック】4話のあらすじ~

誉獅子雄(ディーン・フジオカ)は、若宮潤一(岩田剛典)とボクシングの試合観戦。ボクシングのこととなると熱くなる獅子雄が飛ばすキツい野次に辟易する若宮は帰ろうとするが、獅子雄に無理矢理引き止められウンザリ顔。この日のメインイベントは、二階級制覇の世界チャンピオンである梶山裕太(矢野聖人)の初防衛をかけた注目の戦い。観客のボルテージも最高潮となる中、その時を迎えた。

しかし、リングアナウンサーが派手にコールするも、梶山は一切姿を現さない。異様な状況に観客がどよめき始めると、梶山急病による試合中止のアナウンスが。騒然とする観客席を後に、獅子雄は若宮の制止も聞かず梶山の選手控室へと入って行ってしまう。すぐに獅子雄は、梶山の急病は嘘と見抜き、ボクシングジム会長の石橋卓也(金子ノブアキ)に梶山を出せと迫る。

その時、江藤礼二(佐々木蔵之介)が現れ、梶山の行方を捜していると言う。一時間ほど前に、近くの坂で、ある男性の遺体が発見され、付近で梶山が目撃されていたのだ。世界チャンピオンから一転して殺人事件の重要参考人となった梶山は一体どこへ消えたのか?そんな中、獅子雄は、梶山の控え室に置かれたプレゼントの山の中に、女性物の傘を見つけ目を輝かせる…。

~【シャーロック】4話のネタバレ~

梶山の試合前の映像には映っていなかった、オレンジ色の傘はブランド物で15年前から発売されていた。

発見された遺体の男・村川は過去に公園のアスレチックにイタズラをし、とある親子に怪我をさせ母親・細谷優子(小島藤子)が寝たきりの末、最近死亡。

息子の潤(小林喜日)は14歳となり、石橋のボクシングジムに通っていた。

潤の祖母に会いに行った若宮は、優子が妊娠するまで高校の英語教師だったことを聞き、さらに位牌の側にあったオレンジ色の傘を見つける。

そして優子が教師をしていた高校に向かった若宮は、その高校が梶山の出身校であったことも突き止め獅子雄に「梶山が潤の父親だ」と報告を兼ね推測。

しかし獅子雄は「甘いな」と言い放ち、なぜ梶山に傘が送られたのか、潤は父親が誰か知っていると断言する。

その頃、逃亡している梶山は傘に付いていたメッセージカードと、昔優子に傘をプレゼントした時のことを思い出していた。

一方、獅子雄はレオ(ゆうたろう)から傘を買った男の特徴と、SNSで梶山の目撃情報が出ていることを聞く。

そのまま石橋のジムへ向かった獅子雄は、梶山からの手紙だという「迷惑かけてすまない。死んでお詫びする」と書かれたメッセージカードを渡され、2人で試合会場だった場所へと向かった。

会場で石橋から梶山と出会ったころの話を聞く獅子雄。

元々優子と石橋は大学時代の友人で、15年前に「面倒を見てほしい」と相談され梶山を預かり、1年経ったところで妊娠の話を聞いたという。

優子は梶山のことを思い、デートの日にプレゼントされた傘を取りに行くと言ったまま戻らず、そのまま黙って目の前から消えた。

荒れ狂う梶山だったが何とか乗り越え頂点にたつところまできたが、息子である潤がジムに入会してくることとなり石橋は優子が死亡したことを聞き、梶山にそのことを話してしまったために村川への復讐を考えたのでは?という。

リングに上がった獅子雄は、梶山が何から逃げたのか、なぜ華やかな場所を捨てたのかと問い、石橋が話し始めたところで梶山が登場。

梶山からの手紙だと思われていたメッセージカードは、獅子雄が書いたもので「あの日の行動を真似しただけ」と、試合当日の傘に付いていたメッセージカードを書いたのは石橋であり潤ではなかった。

勘違いした梶山が現場に向かった時にはすでに死んでいる村川が。

当日、石橋の右手が血だらけで腫れていたのに注目していた獅子雄は、村川を殺害したのは石橋であると突きつけた。

「来いよ」と挑発し石橋をリングに呼んだ獅子雄は打ち合いを始めるが、石橋は獅子雄に敵うことなく泣き崩れる。

そんな石橋に、頂点からどん底へ突き落したかった、一番身近な勝てない相手に嫉妬したのだろうと獅子雄は話した。

優子に思いを寄せていた石橋の嫉妬相手は、子供も作っていて自分より強くなっていった梶山。

石橋は「この15年間、誰よりも憎かった。一生勝てないと、ずっと嫌いだった」と感情むき出しで、梶山へ言葉を浴びせるのだった。

事件後、若宮が優子はいつまでも自分のことを覚えていてほしかったのだろう、と呟くと獅子雄が反応したが若宮はそれを話すことはしない。

若宮「矛盾した感情は、あいつには理解できない」

【シャーロック】4話の感想まとめ

イケメン揃いの第4話!とてもいいお写真です!!

今回のゲストである、金子ノブアキさんの豹変の演技が視聴者の方から大絶賛で、男の嫉妬というものが素晴らしく表現されていたのではないでしょうか。

女の嫉妬はよく描かれるし、確かに男側が描かれているのは珍しいなーと。

色々な人の色んな思いが交差して発生してしまった悲しい事件。

ラストに若宮が優子の矛盾した感情を語っていましたが、犯人の石橋も好きだった相手の死因に繋がる事件を起こした相手を殺し嫉妬の対象である梶山に罪を着せる、という好きな相手の為だったのか自分の為だったのかという、こちらも何だか複雑な感情だなと思ってしまいました。

これも獅子雄には関係なく、若宮の言う通り理解できないことでしょう(笑)

 

次回の第5話は11/4(月)21時~の放送となりますので、お見逃しなく!!

記事内の画像・動画出典:シャーロック  公式HP