【やすらぎの刻~道】141話のネタバレと感想!おふざけの度を越したら詐欺罪に!?

【やすらぎの刻~道】141話のネタバレと感想!
倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】141話が2019年10月21日に放送。

冴子(浅丘ルリ子)が孫に渡したお金が偽札で名倉(名高達男)は激怒する。

偽札を冴子に渡したのは誰?

テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
【やすらぎの刻~道】141話のネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道~】戸塚祥太(A.B.C-Z)出演! A.B.C-Z の戸塚祥太 さんが、倉本聰作品のテレビ朝日の昼ドラマ【やすらぎ…
【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末! テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』の続編。…
【やすらぎの郷】(2017年4月~9月)の続編。 「帯ドラマ劇場」【やすらぎの刻~道】(やすらぎのとき ~みち)がスタート。 テレビ朝日…
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】141話のあらすじ・ネタバレ

【やすらぎの刻~道】141話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】141話のネタバレ

冴子(浅丘ルリ子)が柳介(関口まなと)に渡したお金が偽札だった。
しかし、冴子は1万円札を誰から借りたものか思い出せないという。

「どうしても思い出せない。
先生、お聞きになりました?
今、この里にボケ菌が流行している」
なんてことを名倉に言い出し、名倉は激怒する。
冴子は、泣き出してしまう。
そして、話は一旦終わるのだが……。

**

カサブランカ

菊村(石坂浩二)、マヤ(加賀まりこ)、冴子。

菊村に「あの1万円札は英ちゃんがくれた」という冴子。
「違うよ」と菊村。
そこで、柳介が「やすらぎの郷」で働いていることがマヤにばれてしまう。
マヤに隠していたことで、マヤの怒りにふれるのだが、なんとか菊村の声かけで丸く収まる。

マロ(ミッキーカーチス)は、かつて美術スタッフだった知り合いから偽札を受け取る。
ダンボールにいっぱいの偽札。

それを持ちかえり、博打はかなり人気。
参加者は日ごとに増えていった。

**

博打があまりにも流行り
「このままでいいのか」と菊村は心配する。
ロクは「遊びだぜ。おもちゃのお金を賭けてるだけ」だから大丈夫だという。

お互いに年なんだから、余生は明るく生きようよ
反省はやめようよ
反省なんかしないで、元気に明るく生きていこう

そうして、またも博打。
老人たちは大興奮。

**

翌朝。

やすらぎの郷に刑事が訪れる。

町のスーパーとコンビニから
「偽札をつかまされた」と通報があったという。

そのお札が名倉の顔。
例のお札だ。

「これは詐欺行為にあたる」と刑事。

<続く>

【やすらぎの刻~道】141話の感想

冴子は泣き「ボケ菌」があるなんて話が出たら、名倉理事長が激怒するのも理解できます。
偽札がとうとう外に出回るなんて、あれはめぐみさんが間違えて使われたのかなぁ、と想像しています。
22日、ドラマはお休みです。次回は23日です。

記事画像:テレビ朝日公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク