【やすらぎの刻~道】134話のネタバレと感想!寝返りを打つと妊娠する早業に驚き!?

【やすらぎの刻~道】134話のネタバレと感想!
倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】134話が2019年10月10日に放送。
しの(清野菜名)は3人目を妊娠中。
寝返りを打つと妊娠するという公平(風間俊介)のぶっ飛び発言が笑えます。
さらに、公平、ニキビ(関口アナン)、ハゲ(両角周)は、赤線の話で盛り上がり……。

テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
【やすらぎの刻~道】134話のネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末! テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』の続編。…
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】134話のあらすじ・ネタバレ

【やすらぎの刻~道】134話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】134話のネタバレ

公平(風間俊介)、ニキビ(関口アナン)、ハゲ(両角周)は、休耕地を整えていった。

12月になると荒木のところで瓦礫の整理に出掛けた。
それはいい金になった。

まだ使えるものを探し、拾い集めてきた。
ニキビとハゲは廃物利用の智恵があり、公平もそれを身につけていった。

公一(佐藤祐基)は、ひとりもくもくと山作業をしていた。
鉄兵の釜を利用しての作業だ。

**

公平、ニキビ、ハゲは、荒木から資本主義の話を聞く。

いらないものを持って帰って利用するが、アメリカではそれをせずに捨ててしまうという。

「もったいねぇ」という公平らに荒木は話す。

捨てれば新しいものを買う。
それには労力が必要になり働くところがある。
つまり、そのほうが合理的だと思う、と荒木。
働くチャンスができる、というのだ。

公平は、そういう考え方もあるのか、と思ったが、やはり、それはもったいないと思う。
それが日本人の生き方だった。

しのは古紙の再利用をする。
伸子と幸子は、漬物作り。

モモ(浅丘ルリ子)とウメ(加賀まりこ)。
モモは働きに出て、ウメは部屋にいる。
ウメは犬を可愛がることで少しずつ元気になってきた様子。
鶏も飼い始めた。

**

公平、ニキビ、ハゲ。

「訊いていいか」
「しのちゃん、また腹でかくなってねぇか」
「三人目をもう仕込んだのか」

とハゲとニキビは、公平に質問攻め。

「それってお前から迫るのか」
と訊かれ、
「寝返りうつと勝手にできちゃう」と公平は答える。

さらに、3人は赤線の話になり。

三人でコソコソと話すのは、ゴムの話。
アソコにかぶせれば病気にならないという。

赤線ができたから
「今度3人で社会見学に行こう」
ということになり、3人でにやける。

公平が夜に出掛けようとすると
しのに「どこに行くの」と訊かれ
「農地改革のことで」とごまかす公平。

赤線にて。
ニキビとハゲはそれぞれに女郎のところへ。
公平がひとりでお酒を飲んでいると
「いっぱい貰っていい」と女が声をかけてくる。

そして、店内を見る。カウンターにひとりの女。
それは、モモだった。

モモは、赤線で働いていたのだった。

<続く>

【やすらぎの刻~道】134話の見どころ

公平(風間俊介)が語る日本人の生き方

【やすらぎの刻~道】134話の感想

寝返りをうつと妊娠するという照れた公平の返事に思わず笑いが。さらに、赤線に行くことになった3人のにやけた顔がたまらない。
青っ洟がいなくなったのは寂しいですが、ニキビとハゲと公平が集まるとあの頃のまま。
とにかく笑える三人です。
モモが赤線にいたことは、衝撃的な出来事でした。

記事画像:テレビ朝日公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク