【監察医 朝顔】特別編の視聴率とネタバレ!回想シーンが視聴者の心を打ち、何度見ても良い感動回に!

監察医 朝顔特別編トップ

月9ドラマ【監察医 朝顔】特別編が9/30(月)に放送されました。

法医学者の娘とベテラン刑事の父が公私ともに寄り添い、遺体の「生きた証」を明らかにしていくドラマとなっています。

回想シーンの中に描かれた新たな話が感動を呼ぶ!

今回は、【監察医 朝顔】特別編の視聴率とあらすじネタバレ、感想についてご紹介。

見逃してしまった方は、FODプレミアムにて視聴できます!

スポンサーリンク

【監察医 朝顔】特別編の視聴率

監察医 朝顔特別編

【監察医 朝顔】最終回の視聴率は10/1(火)に更新予定です。

【監察医 朝顔】特別編のあらすじ

~【監察医 朝顔】特別編のあらすじ~

朝顔(上野樹里)は平(時任三郎)、桑原(風間俊介)、娘のつぐみ(加藤柚凪)とともに、震災以来、行くことができなくなっていた母・里子(石田ひかり)の生まれ故郷を訪れて祖父の嶋田浩之(柄本明)とも再会し、新たな1歩を踏み出す。

そんな朝顔が、ある日、興雲大学法医学教室に出勤すると光子(志田未来)、高橋(中尾明慶)、熊田(田川隼嗣)、丸屋(杉本哲太)、絵美(平岩紙)、藤堂(板尾創路)らがミーティングの準備をしていた。

この日、運ばれてきたのは推定70歳から80歳の高齢者の遺体で、外傷もなく、身元につながる物は一切身につけていなかった。また、指紋を調べても何も出ず、歯も1本もない状態だった。山倉(戸次重幸)、森本(森本慎太郎)、江梨花(坂ノ上茜)ら野毛山署強行犯係は、少しでも遺体について何か分かるよう、解剖に一縷の望みをかけていた。

主任教授の茶子(山口智子)が不在のため、朝顔と藤堂が解剖にあたった。あまりにも手がかりの無い遺体を前に、朝顔が思い出したのはあの事件だった……。

果たして、朝顔たちは遺体の身元を究明できるのか?そして、遺体に秘められた悲しすぎる真実とは?さらに、朝顔と桑原が出会うこととなった、事件とは?

【監察医 朝顔】特別編の感想まとめ

特別編と聞き、きっと総集編・回想シーンが多く、また賛否両論になるのではと思っていましたが。

朝顔は違いました!

回想シーンが多めであっても、視聴者の心を揺さぶる描写を盛り込み、感動を誘ってくれます。

全話を通し、素敵な作品でありました。

約3ヶ月間、キャスト・スタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした!!

記事内の画像・動画出典: 監察医 朝顔 公式HP

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク