【やすらぎの刻~道】118話のネタバレと感想!しの(清野菜名)たち集合のレア映像!

【やすらぎの刻~道】118話のネタバレと感想!
倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】118話が2019年9月18日に放送。
初期の前立腺がんの菊村(石坂浩二)の手術の日がやってきた……。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
【やすらぎの刻~道】118話のネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末! テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』の続編。…
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】118話のあらすじ・ネタバレ

【やすらぎの刻~道】118話あらすじ

【やすらぎの刻~道】118話ネタバレ

菊村(石坂浩二)は夢を見る。

それは、自分がすでに死んでいて耳だけが聞こえている状態。
遺体の菊村を冴子(浅丘ルリ子)、さくら(丘さとみ)、怜子(大空眞弓)らが囲んでいる。

鼻毛が出てるからカットしよう、抜いてしまおう。
うんちくがうるさくて、あんなのインチキよ、あれで女をくどいてた、紳士ぶってたけど中身はひどい、
など菊村のことを言いたい放題。

「律子、律子」
叫ぶ菊村の前に律子(風吹ジュン)もいる。

さらに夢は続く。

「先生、先生」という声で目が覚める……と思ったら、さらに幻想世界へ。
そこにはしの(清野菜名)がいる。

「私たちどうしたらいいんです。
先生、急に書くのをやめちゃって」
としのに責められる。

さらに枕元では、郷のメンバーが歌を歌いだし、道のメンバーが「起きて、起きて」と叫んでいる。

**

場面かわり現実。

菊村、エリとともに病院へ向かう。
「郷」ではみんなが勢ぞろいして菊村を送り出す。

病院にて。
着替えとして紙おむつも用意されていた。

エリが帰る。
窓から車に乗り込むエリに手を振るが、エリは気づかない。

院長が手術の説明をする。
「たいしたことはない」とはいうのだが「下半身に違和感があるだろう」と。
そのための紙おむつらしい。
院長は、せわしなく、すぐに部屋を出ていってしまった。

翌日、手術。

「菊村さん」の声で目が覚めた。
手術は無事に終わり「もう心配ない」と言われる。

それから、疲れはて眠ってしまった菊村は、トイレを探す夢を見た。

ノックの音で目が覚める。
名倉院長(名高達男)が見舞いにくる。

「股間がおかしいことになっている」と菊村。
さらに、自分が重症なのではないかと心配していると
名倉院長に「みんなに担がれましたね」と笑われた。

心配する必要はなく「これで終わりです」と言われ、ほっとしてきた菊村。

すると、郷のメンバーの言動に腹が立ってきた。

「あいつらに復讐してやらねば」と密かに思う菊村だった。

<続く>

【やすらぎの刻~道】118話の見どころ

現実世界・菊村(石坂浩二)枕元にしの(清野菜名)が!

菊村の夢の中では、郷のメンバーと道のメンバーが勢ぞろい。これってかなり珍しいこと。両方の世界が一緒になり、出演者がそろうことは、もしかしたら、もうないかもしれない!?かなりレアな映像だと思われます。

【やすらぎの刻~道】118話の感想

手術成功してよかったですが、ふつふつとわいてきた怒りの菊村先生。明日は、復讐する!?
笑えるくらい滑稽な復讐ならいいけど、ドロドロの復讐は困りますね。
夢ではみんな、いいたいこと言ってましたが、あれはあくまでも妄想。本当は、みんな愛情があると思います。
兎にも角にも、手術成功でほっとした118話でした。

記事画像:テレビ朝日公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク