【それぞれの断崖】7話のあらすじと視聴率!遠藤憲一(志方役)の顔が怖い!?

【それぞれの断崖】7話のあらすじと視聴率!

遠藤憲一主演のドラマ【それぞれの断崖】第7話が2019年9月14日(土)深夜に放送されました。

今回は【それぞれの断崖】7話のあらすじと視聴率について。

ドラマ【それぞれの断崖】のキャストとあらすじ! 2019年8月3日スタートのオトナの土ドラはドラマ【それぞれの断崖】! …
【それぞれの断崖】の視聴率と最終回ネタバレ! 遠藤憲一主演のオトナの土ドラ【それぞれの断崖】。 遠藤憲一(恭一郎役)と田…
スポンサーリンク

【それぞれの断崖】7話の視聴率

【それぞれの断崖】7話の視聴率は、2.6%!

(視聴率はビデオリサーチ調べ・リアルタイム・関東地区)

【それぞれの断崖】7話のあらすじ

覚悟を決めて二人で満を受け入れよう――決意を固めた志方(遠藤憲一)とはつみ(田中美里)に、弁護士の若菜(内田滋)が怒りの表情で告げた。
「あなた方は一体何を考えているんですか⁉」
殺人事件の被害者の父と加害者の母が不倫の末、犯人の少年を迎え入れるという前代未聞の事態が週刊誌にすっぱ抜かれ、世間の大きな注目を集めていた。満の更生と社会復帰を第一に考えるなら絶対に別れるべきだ、と強く主張する若菜だったが、二人の気持ちは変わらない。困難な道のりでも、覚悟を決めて進みたいと強く思う二人だった。

そのためには、満に二人の関係を話さなければならない。少年院で満(清水大登)に意を決して打ち明けるはつみ。「…母さん、好きな人がいる」「どんな人?」「…志方恭一郎さん。恭介君のお父さん」――満の笑みが消えた。

満の退院の当日。志方は、はつみのアパートを訪ねる。志方が部屋へあがると、満がそこにいた。視線がぶつかる。思わず満を食い入るように見つめる志方。満が突然口を開く。
「僕のことが憎いんでしょ?」
「ああ、憎い」
「恭介君を殺した僕を、許してくれるんですか?」
いざ犯人の少年を目の前に、どれだけ覚悟をしても憎しみの感情が溢れそうになる。
「いつか、許せる日がくればいいと思う」声を絞り出す志方。

志方は、満とはつみと共に、雪子(田中美佐子)のもとへ謝罪に訪れる。満を憎しみの目でにらみつける真弓(仁村紗和)と真紀(永瀬莉子)。「恭介(渡邉蒼)はこの部屋でずっと生きていたの。よく見ておきなさい」雪子は、遺影に向かって謝罪の言葉を口にする満に、絶対に自分の犯した罪を忘れないで、と告げ、そして問いかけた。
「なぜ恭介を殺したの…」
「…恭介君を失いたくなかった。失うくらいなら、いなくなった方がいい」
満の最後の一言は、志方に向けられたものだった…。

出典https://www.tokai-tv.com/dangai/story/07.html

八巻満(清水大登)は恭介がうらやましかったと言う。恭介が立派な家があり、お金もある、両親もそろった家族がいて、自分に無い物を持っていた。しかし恭介も「オトナは勝手だ、誰も信じられない」と満と同じ不満を持っていて、2人は何でも話せる友達になった。しかし・・・

満「高城秀子さんに夢中になって、ぼくのことなんか忘れたみたいになって、許せなかった。…誰にも恭介君を渡したくなかった。失いたくなかった。失うくらいなら、いなくなった方がいい。だから刺しました。だから恭介君を殺しました。」

雪子(田中美佐子)は「やめてえええ!」と悲鳴を上げて、部屋を出た。

満は志方(遠藤憲一)の方に向き直り、もう一度、「大切な人を失うくらいなら失うくらいなら、いなくなった方がいい」と告げた・・・。

【それぞれの断崖】7話の感想

遠藤憲一さん(志方役)の顔が怖いと話題です。

なぜ3人で暮らそうと決めたのに、満との再会のシーンであんなに怖い顔をするのか!?

もちろん演出でしょう。息子を殺した憎むべき相手。しかしその後、カレーを食べ合うシーンが何とも言えない、何をみせられているんだ状態。

多くの視聴者も理解できていません(笑)

7話のラストシーンでの満の言葉は、かなり意味深。大切な人は母親=はつみ(田中美里)でしょう。はつみを失う=志方にとられる、くらいならいなくなった方がいい、ということ???

遠藤憲一さんの怖い顔に負けない、満役の清水大登くん。

内容は愛する息子を殺した加害者と家族になろうとする、かなりカオスな展開ですが、演技合戦は見どころかも?

注目(?)の【それぞれの断崖】最終回(8話)は、2019年9月21日(土)23時40分から放送です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク