2020年秋ドラマ
情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【なつぞら】143話の視聴率とあらすじ!沢城みゆき登場に「プロは凄い」とネットざわつく!

natuzora

【なつぞら】143話の視聴率とあらすじ!

広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第143話が2019年9月13日(金)に放送されました。

今回は【なつぞら】143話の視聴率・あらすじ・感想について。

朝ドラ【なつぞら】のキャスト一覧・相関図とあらすじ!広瀬すず主演!
朝ドラ【なつぞら】のキャストとあらすじ!2019年度前期・朝ドラは広瀬すず主演の【なつぞら】(夏空-なつぞら-から改題)岡田将生・松嶋奈々子・地元北海道のTEAM NACSメンバーら豪華出演者でおくる話題作!今回は本作『なつぞら』の気になるあらすじ・キャストをご紹介。 朝ドラの愛称で親しまれる連続テレビ小説『なつぞら…
【なつぞら】のネタバレ最終週最終回まで!なつ(広瀬すず)と坂場(中川大志)の夢はあの「火垂るの墓」!
朝ドラ【なつぞら】の最終回ネタバレ!映画主演多数の若手女優・広瀬すずがNHK朝ドラ『なつぞら』ヒロインで、老若男女に知れ渡る“国民的女優”へ駆け上がる!?今回は朝ドラ第100作の【なつぞら】(2019年4月-9月放送)のネタバレあらすじを最終週・最終回までまとめます。 【なつぞら】の最終回をネタバレします。 時は、…
スポンサーリンク

【なつぞら】143話の視聴率

『なつぞら』143話の視聴率は、19.6%!

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区)

【なつぞら】の視聴率一覧!広瀬すず主演の朝ドラ!
【なつぞら】視聴率の一覧! 広瀬すず主演の朝ドラ【なつぞら】が2019年4月~9月まで放送! 視聴率20%超え連発で、日本のドラマでひとり勝ちのNHK朝ドラ(連続テレビ小説)。 それは2019年度前期も続くのか。 今回は【なつぞら】視聴率の一覧について。 ※動画はNHKオンデマンド、またはU-NEXTで配信あり…

【なつぞら】143話のあらすじ

坂場家

坂場「君の実体験と重ねるように描いてもいいと思ってるんだ。そうしなければ 君と作る意味がないとも思ってる。」

なつ「飛び出してくるのはどう? 少年は初めて涙を見せる。」

坂場「孤児となったレイは、ソラたち家族と一緒に新天地に向かって旅をすることになる。」

陽平「その少年も主人公の家族として育っていくという話?」

なつ「そうです。ソラとレイ、この2人の成長を通して開拓者家族の物語を描きたいです。』

(ナレーション)なつは時間に追われながらも充実した毎日を送っていました。


マコプロダクション

なつ「戻りました。」

麻子「買い出し、ご苦労さま。重かったでしょ 優ちゃん。ありがとう。あっ重いね。」

桃代「あっいいね。優ちゃん、色のセンスがママとそっくり。」

優「モモッチのもすてき。」

桃代「ありがとう。やっぱり、あんたともセンス合うのね。」

なつ「モモッチ 悪いね。」

桃代「いいわよ。そっちが進まなきゃ、こっちは出番来ないんだから。」

麻子「お待たせ!マコさん特製のナポリタンです!」

なつ「え~本場の味ですか!?」

麻子「イタリアにナポリタンはない。」

一同:笑い

麻子「優ちゃんどうぞ。早く食べましょうよ。」

(ナレーション)イッキュウさんのアイデアで 登場人物たちの声優はオーデションで選ぶことになりました。


録音スタジオ

坂場「以上です。ありがとうございました」。

受験者「ありがとうございました。」

係員「お疲れさまです。」

坂場「次の方 どうぞ」。

白本「父さん、母さん、あそこ! 人が流されてる!」。

坂場「はい。次はもっと必死になって助けを求めるようにセリフを言って下さい」。

白本「はい。…生きてる!生きてるわ、父さん! 助けを呼んでる! 早く! 早く助けなきゃ! 父さん!」

坂場「ありがとうございました。」

白本「ありがとうございました。」

坂場・麻子「いいですね。いいと思う。」

なつ「ソラの声を聞いた気がした。」

咲太郎「だろ? 俺は台本を読んだ時から、もう彼女の声しかないと思ったんだよ。」

なつ「でもいいの? お兄ちゃんの事務所に所属してる人じゃないんでしょ。」

咲太郎「そんな小さいこと言うなよ。俺たちの仕事は自分の利益だけを求めることじゃないんだ。俺たちの仕事はなつたちと同じように作品を良くすることを一番に考えることなんだよ。」

光子「それが結局、信用を生むのよ。咲ちゃんはそれをやってきた人だから、今があるの。」

なつ「お兄ちゃん…さすが!」

咲太郎「今頃言うなよ。(笑)」

(ナレーション)主人公ソラの役は、声優初挑戦の若手女優:白本知香子に。

レミ子「父さんも母さんも死んだんだ」。

(ナレーション)レイの役は、今や売れっ子の土間レミ子に。お母さんの役はベテランの亀山蘭子に。

島貫:「新しい土地へ」。

お父さんの役は島貫健太に決まりました。こうして放送日は刻一刻と迫ってきました。


マコプロダクション

なつ「じゃ、原画のAパートをなるべく早く上げてもらってきて下さい。」

石沢「はい、回収しに行ってきます。」

なつ「お願いします。」

神地「なっちゃん、ちょっといい?」

なつ「はい。」

神地「この牛なんだけどさ、どうしたらもっと迫力出るかね? リアルに描こうとすると、どうしてもかわいく見えちゃうんだよね。表情を怖くするとギャグ漫画になっちゃうし。」

なつ「これはソラの目から見た牛でしょ?」

神地「そう。突然襲ってくる。」

なつ「牛はかわいいけど、子どもの目から見ると本当に大きくて、それだけで迫力があるの。だからもっと大きく見えていいと思う。」

神地「なるほど。子どもの気持ちに立って牛を大きく描いてみるか!

なつ「うん。劇画タッチのものを描いている時はいつもそういう誇張をリアルに描くことばかり考えてたから。」

神地「なるほど。いやさすが、「キックジャガー」や「魔界の番長」の経験が生きてるじゃない?」

なつ「そこは徹底的にやりましたから。」

神地「よし。それでやってみる。」

なつ「お願いします。」


(書き直した絵を見せて)神地「これでどう?」

なつ「うん。おお。牛がグンと迫ってくる感じがよく出てる! さすが神っち! 今度は子どもの気持ちをよくとらえてる。」

神地「僕には子どもがいないけど、子どもにはいつだってなれるからね。」

(坂場に絵を見せて)なつ「どう? イッキュウさん。」

坂場「うん?」

なつ「牛の大きさを誇張してあるけど。」

坂場「これはこれでありです。面白い。これでいきましょう。」

神地「よっしゃ!」

麻子「作画監督として、いろいろな奥原なつらしさを見につけてきたわね。」

なつ「いや 神っちの力ですよ。」

神地「オホホ!」

下山「よし、負けないぞ」

下山「なっちゃん、これどうかな? 牛になめられるところなんだけど、レイが。やり過ぎかな?」

なつ「いや、私はありだと思います。さすが下山さんです。」

神地「確かにこんなの、下山さんにしか描けないよ。」

麻子「らしくはあるけど…。」

坂場「これもこれでありです。面白いです。」

下山「よし! ハハハ。よかった。」


なつ「お世話さまです。」

蕎麦の出前「毎度どうも。」中華の出前「毎度あり。」

なつ「どうぞこっちです。」

なつ・優「戻りました。」

麻子「お疲れさま。 あっ待ってました。あのそこのテーブルに置いてもらって。」

蕎麦の出前「毎度どうも。」中華の出前「どうも。」

麻子「ありがとうございます。」

(ナレーション)作業は連日連夜 ほぼ休みなく続きました。


石沢「ただいま戻りました。」

麻子「ご苦労さま。」

石沢「原画、動画、回収してきました」

町田「仕上げも回収してきました」

麻子「じゃみんなの方に。」

石沢「はい。はい。よいしょ。」

(ナレーション)なつは家に帰っても原画の直しを続けました。

石沢「うん? えっ?」

町田「11時です。」

石沢「うわ。もうそんな時間か。」

(ナレーション)イッキュウさんたちは会社に泊り込むこともしばしばでした。

坂場「マコさん、これ。たき火の火の動きが変だと思うんですが。」

麻子「火? 火まで私に直せって? 夜中の動画チェックは私一人なのよ。」

坂場「だから。お願いします。」


なつ回想「一緒に行きましょう」「君には僕の気持ちなんて分からないよ」「あなたが悲しいことだけは分かるわ」

なつ「じいちゃん 誰もが支え合って開拓者は強くなったんだよね」


録音スタジオ

坂場「音、チェックして下さい。」

係員「はい。」

(ナレーション)そしてこの人も参加することになりました。

カスミ「この度は本当にありがとう。私が主題歌を歌わせてもらえるなんて 本当にうれしいわ。」

咲太郎「俺もうれしいです。カスミねえさんのレコードが出せるんですから。」

カス「咲ちゃんのおかげね。」

咲太郎「いえ。決めたのはプロデューサーと演出ですよ。」

麻子「イッキュウさんと誰に歌ってもらうか話している時にカスミさんの歌を思い出したんです。」

カスミ「光栄だわ。なっちゃんは元気にしてる?」

坂場「あ…はい。彼女もカスミさんの歌を楽しみにしています。」

カスミ「魂込めて歌うわね。」

●カスミが歌う「大草原の少女ソラ」主題歌
「まぶしい大地に広がる空
風は優しさ運んでくれる
森は心を育ててくれる
昨日の涙と明日の笑顔は
きっと友達
ラララ ラララ」


(ナレーション)昭和49年10月。ついに初回放送日がやって来ました。

柴田家

富士子「あっ始まった。」

テレビのナレーション:「それは今から50年ほど前のことです。北の大地を旅する開拓者の家族がいました」

地平「あっ。ひいじいちゃん、そっくり。」

照男「そうだべや、きっと。」

テレビのナレーション「今まで住んた場所を洪水で流され、新しい土地へ移ることにしたのです。娘のソラは9歳」

砂良「母親の方はお義母さんに似てますね。」

富士子「そう?」

砂良「うん。」

剛男「なつが描いたんだからな…。あれっ僕は?」

テレビのナレーション「お父さんとお母さんと まだ幼い妹と一緒に これから始まることに胸をワクワクさせていました」

(ナレーション)残念ながら今日はここまで。なつたち こん身のテレビアニメよ 明日に続けよ。

【なつぞら】143話の感想

沢城みゆきさんゲスト出演!

沢城みゆきさわしろ みゆき)プロフィール:1985年6月2日生まれ。代表作に『ルパン三世』峰不二子役(三代目:2011年~)、『ゲゲゲの鬼太郎(第6作)』(2018年4月~放送中、フジテレビ)の鬼太郎役など。『人気声優200人が本気で選んだ!声優総選挙!3時間SP』(2017年1月、テレビ朝日)にて第4位にもなった。アニメーションの声優からナレーションなど数々の作品に出演中。

沢城みゆきさんの珍しい顔出し出演にネットもざわついた!?

沢城みゆきさんの声に「プロってすごい!」

沢城みゆきさんの出演にネットがざわつきました。アニメファンはもちろん、報道やバラエティ番組でもナレーションを務めている方なのでとても有名。まだ30代でお若いのですね。

次回の9月14日(土)回、次週:9月18日(水)、再来週:9月24日(火)、9月25日(水)とまだまだ出演するのでファン必見です。

※142話のあらすじと感想はコチラ

【なつぞら】142話の視聴率とあらすじ!広瀬すずスカウトの逸材/鈴鹿央士が朝ドラデビュー!
【なつぞら】142話の視聴率とあらすじ!広瀬すずスカウトの逸材/鈴鹿央士が朝ドラデビュー!広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第142話が2019年9月12日(木)に放送されました。今回は【なつぞら】142話の視聴率・あらすじ・感想について。東京に戻ったなつ(広瀬すず)は、早速、「大草原の少女ソラ」の主人公ソラのキ…

※第24週のあらすじネタバレはコチラ

【なつぞら】24週のあらすじネタバレ!山口智子・清原果耶が再登場の嬉しい展開に!?
【なつぞら】24週のあらすじネタバレ!  広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』の第24週「なつよ、この十勝をアニメに」が2019年9月9日から同9月14日まで放送されます。 亜矢美(山口智子)・千遥(清原果耶)が再登場...
なつぞら
この記事が気に入ったら
いいねしよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】