【なつぞら】122話の視聴率とあらすじ!麻子(貫地谷しほり)のマコプロが京アニを彷彿!

natuzora

【なつぞら】122話の視聴率とあらすじ!

広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第122話が2019年8月20日(火)に放送されました。

麻子(貫地谷しほり)がアニメーション制作会社「マコプロダクション」設立!

京アニを彷彿させると話題で…。

今回は【なつぞら】122話の視聴率・あらすじ・感想について。

朝ドラ【なつぞら(夏空)】のキャスト相関図とあらすじ!広瀬すず×岡田将生! 2019年度前期・NHK朝ドラは広瀬すず主演の【な…
【なつぞら】のネタバレ最終週最終回まで! NHK「朝ドラ」こと連続テレビ小説の第100作『なつぞら』が2019年4月~9月まで…
スポンサーリンク

【なつぞら】122話の視聴率

『なつぞら』122話の視聴率は、19.5%!

前回から0.4ポイントのアップとなりました。

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区)

【なつぞら】の視聴率一覧! 広瀬すず主演の朝ドラ【なつぞら】が2019年4月~9月まで放送! 視聴率20%超え連発で、日…

【なつぞら】122話のあらすじ

日本に帰ってきた麻子(貫地谷しほり)が、なつ(広瀬すず)と坂場(中川大志)の自宅に訪ねてきた。

麻子はアニメーションの世界に戻り、製作会社「マコプロダクション」を立ち上げていた。

準備を進めている麻子は、一緒にテレビ漫画を作らないか、と坂場に持ちかける。

坂場にとっては、麻子からの誘いは願ってもないはず。なのにナゼ黙り込んでしまうのか、なつは疑問だ。

坂場は自分が働きに出てたらなつが働けないと思う。生まれてから考えたのでは遅く、(なつが応援しれくれるからといって)誘いをのんきに喜んでる場合でない。

麻子は、なつも誘うが辞められないことが分かった。それでも、いつでも待つつもりだ。

子どもができないこともあり、好きなことをしていくと決めた麻子は、女性のアニメーターが母親になっても安心して働ける場所にしたいと夢を語る。

…その夜の寝床にて。

坂場はなつのために諦めるのでなく子どものためだと説明。

坂場「今もらってる仕事をちゃんとやらなくちゃならない。君はちゃんと産まなくちゃならない。それが一番大事なことだ。」


なつは茜(渡辺麻友)の家を訪問。1歳までは預かってもらうところはないと知る。

そして坂場が茜のもとを訪れ、子育てのことを教わっていることを知ったなつ。とても楽しんでいたという。


夜。自宅に帰ったなつは、坂場から「決めてきた」と聞かされた。麻子の会社で働くことだ。

しかし1年待ってもらうことにしたという。子どもが生まれてから1年ぐらいたてば預けられる保育園も見つかることを坂場は調べていた。

なつは感謝し涙して、「そこまで考えてくれてたんだね。調べてくれたんだね。ありがとう。」

坂場「それじゃ…いいのか?」

なつ「それはこっちのセリフだよ…。ごめんね。イッキュウさんにいろいろ気を遣わせたよね。ごめんね。」

坂場「何を言ってるんだ。全部それも覚悟して結婚したんじゃないか。」

(ナレーション)なつよ イッキュウさんがうれしそうでよかったな。

【なつぞら】122話の感想

麻子(貫地谷しほり)が立ち上げたマコプロが京アニを彷彿させると話題です。

マコプロはルパン三世のタイトルのような「三代目カポネ」を第一回作品として企画中。

カポネは泥棒ではなく「アル・カポネ」 、アメリカのマフィアのボスを思い起こします。

やはりマコプロのモデルは、「ルパン三世」を制作し東映からアニメーターを引き抜いた「Aプロダクション」でしょう。

けれど、明確なモデルがない本作(注:なつや天陽のモデルはあるようです。)なので、京アニの理念も反映されているのかも。

ほか122話では、なつがあまり考えてなく作画監督を引き受けたり、麻子の誘いに喜ぶ中、

坂場の株が上がる言動ばかり。当初のあまりに理屈っぽい男が良い意味で変化してきましたね。

※前回121話のあらすじと感想はコチラ

【なつぞら】121話の視聴率とあらすじ! 広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第121話が2019年8月19日(月)に放送さ…

※第21週のあらすじネタバレ

【なつぞら】21週のあらすじネタバレ!  広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』の第21週「なつよ、新しい命を迎えよ」が201…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク