2020年秋ドラマ
情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【警視庁ゼロ係シーズン4】2話の視聴率とあらすじネタバレ!桜庭役の寅三に大受け!

【警視庁ゼロ係シーズン4】2話の視聴率とあらすじネタバレ!

小泉孝太郎主演の金曜8時のドラマ【警視庁ゼロ係シーズン4】第2話が2019年7月26日に放送されました。

敏腕弁護士の裁判中起こった、被疑者毒殺事件!

逃走中の神沼も、新たな殺人を犯す!

ここでは、ドラマ【警視庁ゼロ係4】第2話の視聴率、あらすじやネタバレ、感想を書いていきます。

【警視庁ゼロ係4】の動画

【警視庁ゼロ係4】は、パラビで全話配信予定「1017円(税込)※iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)です」。まずは無料体験!※本ページの情報は2020年2月28日時点のものです。

ドラマ【警視庁ゼロ係4】のキャストとあらすじ!令和のゼロ係はシーズン4へ!
2019年7月からのテレ東、金曜8時のドラマは【警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~シーズン4】!主演の小泉孝太郎、松下由樹の迷コンビとお馴染みのメンバーが帰ってきます!ここでは、【警視庁ゼロ係4】のキャストやあらすじを書いていきます。
スポンサーリンク

【警視庁ゼロ係シーズン4】第2話の視聴率

https://twitter.com/tx_kin8/status/1152198030931554305

【警視庁ゼロ係シーズン4】第2話の視聴率は5.2%!

初回からなんと1.5%ものダウンでした。

筆者個人としては、このシーズンは面白いと感じたので意外な数字です。

【警視庁ゼロ係シーズン4】の視聴率と最終回ネタバレ!人気シリーズの新たな敵は!?
【警視庁ゼロ係シーズン4】の視聴率と最終回ネタバレ!小泉孝太郎主演、【警視庁ゼロ係シーズン4】が7月19日より放送開始!(毎週金曜夜8時より)。 連続殺人が起こる中、平成の吸血鬼と言われたサイコパス・神沼洋が脱獄した! ここでは各話の事件と、この神沼との対決を主軸に展開されるシーズン4を追いかけていきます。

【警視庁ゼロ係シーズン4】第2話のゲスト

松井綾子:敏腕弁護士(演:雛形あきこ)

植草正行:パラリーガル(演:ドロンズ石本)

【警視庁ゼロ係シーズン4】第2話のあらすじネタバレ

第2話のあらすじ

ゼロ係の桜庭勇作(木下隆行)が痴漢容疑で捕まった。冬彦(小泉孝太郎)らが敏腕弁護士・松井綾子(雛形あきこ)に弁護を依頼するため裁判の傍聴へ行くと、痴漢冤罪を訴えて係争中の青木敬之(加藤満)が法廷で死亡。青酸カリによる毒死と判明する。
青木を殺害したのは誰なのか?そして、ゼロ係のメンバーにも信用されていない桜庭の疑いは、晴れるのか…?

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/zerogakari4/story/

第2話のネタバレ

亡くなった被疑者の青木は、でっち上げだと叫び、興奮のあまり持病の心臓病の発作を起こし、許可を得て飲んだ自分の薬を飲んだ途端に亡くなった。

その事件には被害者の他、目撃者もおり、覆すのは難しい状況だった。

青木と同じ会社の同僚・森康夫に事情を聞きに行った冬彦寅三は、この会社で18年前に同じような痴漢冤罪で自殺した久保田と言う男がいたことを知る。

目撃者に事情を聞きに行くと、その男は金に困っていたことがわかる。

一方、被害者も金に困っており、事情聴取した文平は、裏サイトで募集された痴漢でっち上げのバイトだったことをつかんでくる。

冬彦たちが弁護士の綾子に報告すると、綾子青木が自分をハメた人物を名指しする予定だったと話す。そして裁判前に青木が法律事務所で会っていたのは、だったと知る。ふたりは次期取締役を争っていた。

事務所の監視カメラの映像に青木のバックを探るようなの姿が映っていた。ここで被害者のピルケースを入れ替えたと考えるゼロ係だったが、冬彦だけは、裁判前に殺したいなら他に確実な方法を使うのではと考える。

の元へ向かった冬彦たちの前で逃走しようとしたが車にはねられ死亡してしまう。そして、のバックの底からピルケースが見つかる。


一方、指紋から被害者のスカートの繊維が検出されてしまった桜庭の冤罪を晴らすべく、エレベーターに見立てたスペースに入り、実験を行うゼロ係。被害者のおばちゃん役には背丈が近い本条靖子(安達祐実)。桜庭役には寅三。ここで、身長が違い過ぎて桜庭に被害者のお尻は触れないこと、「この人痴漢です」と右手を掴まれて上げる時にスカートに触れてしまうことが判明する。


被疑者死亡で送検される直前、亡くなったは、亡くなる前青木のバックを調べたのは探し物をしただけと言っていたことを思いだす冬彦。そして、の携帯から『お前がでっち上げを仕組んだ証拠を青木はすでに持っている。証拠はバックの中』という差出人不明のメールがあったことが判明する。


桜庭の裁判で、実験から報告を受けた被害者が納得し、冤罪だったことが認められる。犯人は、桜庭が持っていた『カーリーくん』というぬいぐるみのスプーンだった。

そして、ここで冬彦は衝撃発言を始める。青木殺しの犯人がこの法廷内にいると言い出したのだ。

それは・・・弁護士の綾子だった。調べた結果、18年前に冤罪でこの世を去ったのは、綾子の父親だった。そしてそれをでっち上げたのは、青木だったのだ。ピルケースはすり替えられたのではなく、綾子が前もってサプリと偽って青木に毒を飲ませていたのだった。綾子はサイズ違いのカプセルを購入し、裁判中に効いてくるよう、パラリーガルの植草に下剤を飲ませて効き始める時間をあらかじめ調べておいたのだった。青木によってハメられ、冤罪を背負ったまま死んだ父親と、その後悲惨な人生だった自分と母親のために考えた復讐劇だった。


事件も解決し、桜庭の冤罪も晴れてホッとした矢先、殺人事件が起こる。

現場に向かうとその被害者の首には噛まれた痕があった。神沼の仕業だ!

見上げると歩道橋の上から不敵に笑う神沼がいた。慌てて追う冬彦龍美。しかし神沼の姿はどこにもなかった。

【警視庁ゼロ係シーズン4】第2話の感想

今回の見せ場は寅三のコスプレ。大爆笑でしたね。

桜庭への信用の無さも面白かったです。

https://twitter.com/3kin_5/status/1154711846999379969

https://twitter.com/key_smile15/status/1154709335265595392

記事内画像出典:公式サイト

警視庁ゼロ係4
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】