【やすらぎの刻~道】74話のネタバレと感想!おりんちゃんが生まれてきた意味は?

【やすらぎの刻~道】74話のネタバレと感想!
倉本聰脚本『やすらぎの刻~道』74話が2019年7月18日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
便配達をする荒木から公平が渡された手紙は…。
『やすらぎの刻~道』74話のネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末! テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』…
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】74話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】74話のあらすじを紹介します。

『やすらぎの刻~道』74話・公式HPあらすじ

やすらぎの刻,感想,ネタバレ,74話,道 軍部の実力者が加わった会合でおしりを触られ、酒をかけて逃げてきたしの(清野菜名)は、長兄・公一(佐藤祐基)に事の次第を打ち明け、ひたすら謝罪する。しのが根来家を出るつもりだったと聞き、公一は「本当の兄弟だと思っていた。情けない…」と静かに怒るのだが…。

『やすらぎの刻~道』74話あらすじ・ネタバレ

荒木は家族を守るために必死なんだという公一。
さらに公一は、荒木が金のために売ったおりんは、売春婦となっているという。

先日のしのの一件。
しのは「私が悪い」と頭を下げる。
「荒木に紹介してもらい、女中になるつもりだった」と告げる。

そして、もう女中になるつもりはないが、大事な場を壊してしまったから謝りに行くという。
公一は、しのがどうして家を出ようと思っているのかと問う。
公一は「ずっと兄弟だと思っていた」と悔しがるが、しのは謝るばかり。

場面変わり沼にて。
三平は仲間と話している。
国がワインを作りたがっているという話になる。

その頃、公平は、鎮守の森で荒木にあった。
荒木は郵便配達をしている。
そして、公平に手紙を渡す。
三平への徴兵検査の呼び出しだった。

荒木は自転車にのるが、ひっくり返ってしまう。
「大丈夫ですか」
公平は荒木に声をかけた。

帰宅後。
公平は三平に手紙を手渡す。
三平は黙って外に出て行った。

その時公平は、三平のことよりひっくり返った荒木のことを思い出していた。

公平・心の声
「荒木に同情がわいた…」

<続く>

【やすらぎの刻~道】74話の感想

「やすらぎの刻~道」74話は、道編。
三平に徴兵検査。とうとう、三平も戦争に行くのでしょうか。続きが気になる『道』シリーズ。

そして、おりんちゃんは何のために生まれてきたのでしょう。お米のためでしょうか。

おりんちゃんの人生を悲しく感じます。昔は親の言い成り。それしか道がなかった。
お金のために何かをなくし、やらなければならないことがある。

荒木の姿が情けなくもあり悲しくも感じた74話でした。

記事画像・あらすじ:テレビ朝日公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク