【やすらぎの刻~道】32話の視聴率とあらすじ!菊村(石坂浩二)がスキップする恋の予感

【やすらぎの刻~道】32話の視聴率とあらすじ!
倉本聰脚本『やすらぎの刻~道』32話が2019年5月21日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
菊村(石坂浩二)に恋の予感!?
32話の視聴率とネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】視聴率と最終回ネタバレ! テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』の…
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】32話の視聴率

**

【やすらぎの刻~道】32話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】32話のあらすじを紹介します。

『やすらぎの刻~道』32話・公式HPあらすじ

引き続き、シナリオ『道』の登場人物の履歴を整理する作業に没頭していた菊村栄(石坂浩二)。調べものをしていたとき、新たに着任したコンシェルジュ・有坂エリ(板谷由夏)に声をかけられる。
実は、エリの亡母は、栄の亡き妻・律子(風吹ジュン)の親友だったという…。

『やすらぎの刻~道』32話あらすじ・ネタバレ

しの(清野菜名)の経歴を考えていく菊村(石坂浩二)。ついてない公平の中年期以降にはロク(橋爪功)をイメージしていく。マロやヒデなど、周囲の人物も『道』の中に登場させてもいいと思うのだった。

**

『やすらぎの郷 La Strada』理事長名倉(名高達郎)に血圧などを測ってもらう菊村。
すこぶる健康体だといわれる。どうやら、シナリオを書いていることが良い効果になっているらしい。
名倉(名高達郎)から、大納言の状態もきく。「いけない」状態だという。
ジムで高井(藤竜也)に会うと、毎日大納言に会いに行っているという。高井は、毎日、大納言の絵を描いているだ。

**

調べ物をいていると有坂エリ(板谷由夏)がやってきた。
エリは菊村に「前に1度、会ったことがある」という。20何年か前のこと。
エリの母は菊村の妻・律子の親友だったのだ。
偶然とはいえるのか。エリの母・サチコも律子と同じ日に亡くなっていた。
そして、エリから「話したいことがある」と言われ、カサブランカで待ち合わせをする。
菊村は浮かれ、カサブランカへ行くのだが…。

<続く>

【やすらぎの刻~道】32話の見どころ

菊村(石坂浩二)のシナリオの書き方

かなり詳しくシナリオについてのご説明。シナリオに対するこだわりを感じます。

【やすらぎの刻~道】32話の感想

・菊村の恋のお話の感想もあり、お見舞いに関する疑問も……。

「栄ちゃんは新しいコンシェルジュの方(板谷由夏)にご執心」
「テンションあがってる」
「先生、若い女性に対して本当に弱いな」
など、菊村の恋の予感に感想があります。明らかに喜びいっぱい過ぎる菊村(石坂浩二)。恋は人をあんなにも元気にするのかと感じた32話でした。

記事画像:テレビ朝日公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク