【死命~刑事のタイムリミット~】のネタバレと感想!対決の行方へと最後の結末の意味は?

画像引用:ドラマスペシャル 死命 ~刑事のタイムリミット~|テレビ朝日

スペシャルドラマ【死命~刑事のタイムリミット~】が放送されました。

余命を宣告され、一方は欲望のままに犯行を重ねる殺人鬼を賀来賢人、刑事としての使命を全うする男を吉田鋼太郎が演じ、二人の正反対の男の戦いや生き方が描かれます。

【死命~刑事のタイムリミット~】のネタバレと感想を最後の結末までお届けします。

スペシャルドラマ【死命~刑事のタイムリミット~】が放送され、2018年秋ドラマ「今日から俺は!!」で親子役の賀来賢人×吉田鋼太郎が再…
【スペシャルドラマ2019年放送】の一覧と視聴率!松本潤・米倉涼子・白い巨塔、他 2019年のNHK、民放テレビ各局で放送予定の最新ス…
スポンサーリンク

SPドラマ【死命】あらすじ

デイトレーダーの榊信一(賀来賢人)は、幼なじみで元恋人の山口澄乃(蓮佛美沙子)ら、学生時代のボランティア仲間たちと再会。今や豪奢な生活を送る榊には羨望の眼差しが注がれるが、実はその裏で、彼は想像を絶する人生の局面に直面していた。病で余命宣告を受けた榊は密かに、これまで抑え込んでいた“殺人衝動”を解き放とうと決心していたのだ!

翌日、若い女性・岡本真紀が絞殺体となって発見された! 警視庁捜査一課の刑事・蒼井凌(吉田鋼太郎)は所轄の刑事・矢部知樹(中尾明慶)と組み、捜査を開始。人知れず3年前の病を再発していた蒼井は体調不良を覚えながらも、捜査にまい進する。ところが…ほどなく蒼井の病状は命が危ぶまれるほど深刻だと判明! 蒼井は死の恐怖に襲われながらも、犯人逮捕に命を注ぐことを決断する。

一方、榊が余命わずかだと知った澄乃は、彼に再び寄り添うことを決意する。澄乃の存在に安堵感を覚える榊。だが、本人にすらまるで得体の知れない殺人衝動を抑えることはできず、夜の街を徘徊する…。

そんな中、新たな女性の遺体が発見される。やがて、真紀の足取りを追って防犯カメラの映像をチェックしていた蒼井は、彼女に声を掛けるサングラス姿の男を発見。男の何気ない行動から、聴覚に障がいがあるとにらんだ蒼井は、その線から新たな目撃証言を集めようと奔走する。だがその矢先、聞き込み先で不意に倒れ、病院に搬送されてしまうことに…! 知らせを受け、病院に駆けつける蒼井の娘・瑞希(山谷花純)。ところが、そんな彼女にほかでもない榊が近づていき…!? そこから物語は驚きの展開を繰り返し、やがて誰も予想できない衝撃のラストが待ち受ける!!

引用元:ドラマスペシャル 死命 ~刑事のタイムリミット~|テレビ朝日

SPドラマ【死命】ネタバレ

二人の使命

病院に矢部がやってきたことで信一は瑞希から離れていく。

が、蒼井と矢部の会話を盗み聞きし「犯人に聴覚障がいがある = 自身の手がかりを掴みかけている」ことに気付く。

一方、蒼井は矢部や主治医の高木庄司(金井勇太)の説得にも耳を貸さず捜査を続行しようとする。

そんな蒼井に娘の瑞希は強く反発するのであった。

信一は証拠を隠すための別荘を購入する。

その後、幼いころの悪夢にうなされていた信一は衝動的に澄乃の首を絞めてしまう。

そして、信一は第三、第四の犯行を重ねていく…..!!

悲劇…

信一の様子を不振がっていた澄乃は大学の同級生から信一が別荘を購入したことを聞かされる。

気が気でない澄乃は信一の別荘を調べ、殺人の証拠を掴んでしまうのであった…..

失意のうちに捜査本部にかけた澄乃の電話を蒼井が取るが澄乃は交通事故に巻き込まれてしまう。

  • 「出会わなければよかった。そうしたら愛することもなかったのに」

とあの人に伝えてと言い残し澄乃はおなかの中にいた信一の子供と共に帰らぬ人となってしまうのだった。

対決

澄乃がなぜ電話をかけていたのかと疑問に思った蒼井は携帯電話の履歴と澄乃の先輩であった高木医師から信一の情報を聞き出す。

澄乃の死を知り、過去にナイフを澄乃から渡されていたことと自分の真の「使命」を思い出した信一は一心不乱にナイフをクッションに突き立てる。

そこに蒼井たちがついにやってくるのであった。

信一から話を聞いた蒼井は信一に聴覚障害があることを見抜く。

矢部が疑問に思っていた信一の殺人の引き金を考えていた蒼井は事件の被害者の年齢がだんだんと上がっていたことから「殺意の根底には母親の存在があるのでは?」と考える。

そんな中、信一が車に乗り込み尾行を開始しようとするが信一は吐血をし倒れる。

蒼井は警備員に救急車を呼ぶように指示を出しつつ信一の血をぬぐう、そして、信一は「やっと分かった、自分の使命が….」と呟くのだった。

父親と娘

娘の瑞希は刑務課長の安東徳次郎(モロ師岡)から蒼井と妻の由美子(大路恵美)の馴れ初めを聞かされる。

ある殺人事件の通報者だった由美子は「自分が勇気を出していれば被害者を助けられたかも」と後悔していた。

蒼井が刑事として懸命に仕事をする姿を見て由美子は癒され、惹かれていたのであった。

一方、DNAも一致しついに犯行の決定的な証拠を手にしたが、信一は病院から脱走してしまう。

最後の自分の使命として蒼井は信一の足取りを追おうとするも

  • 「大バカヤロウ!!」

と瑞希がやってくる。

「すまん…」と言葉にならない蒼井に対し、瑞希は「犯人絶対捕まえてよね」と最後の使命を全うしようとする父親を送り出すのであった。

おぞましい記憶と真の使命

信一は故郷の実の母親・榊奈保子(黒沢あすか)の元へ向かい彼女を襲う。

信一は東京に旅立つ前に母親に襲われており、それを澄乃にも目撃されていた。

つまり、信一の真の使命とは母親を殺すことだったのだ。

蒼井は間一髪のところで信一を止め、逮捕するも母親の保子はナイフで自殺をしてしまう。

決着!!

逮捕されるも母親の死にも不敵な笑みを浮かべ、「殺人をすることで最大の快楽を手に入れた」と語る信一。

死すらも恐れていない信一に憤る矢部たち。

そんな中、蒼井は信一に話をしにいく。

  • 「子どもと一緒にあなたのことを待ってる」

が澄乃の最後の言葉だったという嘘と信一の子供を身ごもっていた事実を伝える蒼井。

そして、信一は殺人鬼である自分を持っている澄乃の幻影を見て激しく錯乱するのであった。

最期のとき

その直後、信一は死亡し事件は終わりを告げる。

矢部は蒼井に「捜査一課の刑事を目指すこと」決意する。

蒼井は娘の瑞希と共に妻の由美子にプロポーズをした木を訪れ残された最後の時間を過ごすのであった。

SPドラマ【死命】最後のシーンの意味は?

蒼井が嘘をついた理由

信一は余命が短いために十分な刑罰を与えることができず、勝ち逃げに等しい状況でした。

澄乃の本当の最期の言葉は「信一との決別」を意味していましたが、蒼井は真逆の意味になるように伝えました。

その結果、信一は「死後、殺人鬼である自分を純粋に待っている澄乃」=「自分自身の死」に恐怖、錯乱しました。

こうして蒼井は「信一とって最も重く、苦しい罰」を与えることに成功したわけです。

逆転

余命わずかな二人は一方は刑事、一方は殺人鬼としてそれぞれの使命を全うしていきました。

  • 蒼井:地道に仕事をしながらも不器用で周囲からも疎まれている
  • 信一:若くして成功し、狡猾で周囲を欺いている

と2人の仕事、周囲からの評価、生き方など何もかもが正反対で信一も蒼井のことを蔑んでいました。

しかし、蒼井が伝えた嘘により、

  • 蒼井:全てを全うし希望を持って残りの人生を過ごす
  • 信一:死に恐怖し、絶望のまま死亡

最後の最後に二人の関係は逆転したのでした。

ドラマは全てこの最期の逆転へと繋がっていたのです。

SPドラマ【死命】感想まとめ

圧巻の演技力

冷酷で狡猾な殺人鬼を演じる賀来賢人さんと不器用ながら刑事として生きる吉田鋼太郎さんの演技に圧巻された方が多かったです。

日本テレビ系「今日から俺は!!」ではコミカルな親子で競演していたお二人ですが、真逆のシリアスな演技へのふり幅とギャップが凄まじかったですね。

個人的にクライマックスで娘役の山谷花純に送り出される場面で何も言わず背中で刑事や父親そしての存在を示していたのが最も印象に残りました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク