【なつぞら】22話の視聴率とあらすじ! 松嶋菜々子「それが親子」に感銘!

【なつぞら】22話の視聴率とあらすじ!

広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第22話が2019年4月25日(木)に放送されました。

22話は演劇論から、家族論へ!?

富士子役・松嶋菜々子「それが親子」に多くの視聴者が感銘を受けました。

今回は【なつぞら】22話の視聴率・あらすじ・感想について。

【なつぞら】21話の視聴率とあらすじ! 広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第21話が2019年4月24日(水)に放送。 放送…
朝ドラ【なつぞら(夏空)】のキャスト相関図とあらすじ!広瀬すず×岡田将生! 2019年度前期・NHK朝ドラは広瀬すず主演の【な…
スポンサーリンク

【なつぞら】22話の視聴率

なつぞら22話

https://mantan-web.jp/article/20190423dog00m200023000c.html

『なつぞら』22話の視聴率は、22.7%!

【なつぞら】の視聴率とネタバレあらすじ・最終週まで! 映画主演多数の若手女優・広瀬すずがNHK朝ドラ『なつぞら』ヒロインに抜擢…

【なつぞら】22話のあらすじ

22話のあらすじ(事前情報)

倉田先生(柄本佑)が指示する言葉の意味がわからないなつ(広瀬すず)。演劇の稽古を見ていた天陽(吉沢亮)は倉田に疑問を投げかける。すると倉田は、思わぬこと天陽たちに打ち明けた。そのころ剛男(藤木直人)は、山田正治(戸次重幸)とタミ(小林綾子)に、今後は牛乳を農協が一括管理してメーカーに売りたいと説明。ところが山田は、泰樹(草刈正雄)がそのことに反対しているのではないかと剛男にこぼし…。

出典https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/…

22話のあらすじから事前レビュー

22話は、倉田先生(柄本佑)が打ち明ける発言内容が見どころです。

前回、天陽(吉沢亮)が疑問を投げかけました。

「魂を作ることはできない」

演技も絵画も作り物。魂を込めて、魂を感じさせることはできるのか、というのは創作の本質的な問題です。

人は、フィクションでも感動します。

その時、観客は魂を感じていると思うので、魂を作ることはできると思うのですが、果たして倉田先生の答えとは?

22話のあらすじネタバレ

倉田先生(柄本佑)は天陽(吉沢亮)の言うとおりだと認めた。自分が言いたいのも同じことだともいう。

登場人物の気持ちや魂は存在しない。台本を読んだ者の魂を使って演じるしかないという。

倉田「奥原なつらしく、自分の気持ちや自分の魂を見せるしかないんだよ。それが演劇を作るってことだ」

その頃、剛男(藤木直人)は山田家へ。脂肪検査に口を出せないと謝る。正治(戸次重幸)は、泰樹(草刈正雄)が反対しているからだと愚痴を言う。剛男はなんとかすると約束し、今は乳量を増やす提案をする。

雪次郎(山田裕貴)は柴田家を訪問。想像力が大事だとアドバイスした。

難しい議論に富士子(松嶋菜々子)は面食らう。なつは演劇以外も考え、富士子に「農業高校らしく酪農をアピールしたい。みんなに親切にしてもらってるんだから役に立ちたい」という。

富士子は雪月を訪ね、妙子(仙道敦子)に牛乳を使ったお菓子をお願いする。母に親切にされてると思うなつに、壁があった。しかし、それでいいから応援したいのだ。

稽古にて、「家族を守るんです」の台詞のとき、なつは気持ちが入った…。

【なつぞら】22話の感想

松嶋菜々子「それが親子」に感銘!

富士子役・松嶋菜々子の「それが親子」には胸に迫るものがありました。

しかも、なつの演劇とダブる演出。

あてがきしたのでそうなるのですが、上手いラストでした。

広瀬すずが急にわざと下手に演劇をしているのは明らかですが、ラストは少しだけ上手くなっている・気持ちが入っているのも見てる側に伝わります。

血がつながらなくても家族なのだと思わせる、富士子の応援したい、なつの守りたい発言。

この演劇はぜひ柴田家に見てほしい、そのシーンを見たいと本当に思います。

*次回23話のあらすじネタバレと感想はコチラ

【なつぞら】23話の視聴率とあらすじ! 広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第23話が2019年4月26日(金)に放送されました。 …

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク