【やすらぎの刻~道】7話の視聴率とあらすじ!橋爪功の逃した魚は大きい!?

【やすらぎの刻~道】7話の視聴率とあらすじ!

倉本聰脚本「やすらぎの郷」の続編『やすらぎの刻~道』7話が2019年4月16日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。
視聴率は前編「やすらぎの郷」を超えるか!?
第6話視聴率とあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】視聴率と最終回ネタバレ! 『やすらぎの郷』の続編「帯ドラマ劇場」 『やすらぎの刻~道』(やすらぎのとき …
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】7話の視聴率

わかり次第更新予定。

【やすらぎの刻~道】7話のあらすじ

『やすらぎの刻~道』7話・公式HPあらすじ

元歌舞伎俳優の“ロク”こと水沼六郎(橋爪功)から、“原風景”への思いを聞いた菊村栄(石坂浩二)は10年前、“ボツ”になったシナリオ『機(はた)の音』を思い出す。
その脚本を書きはじめる前に、白川冴子(浅丘ルリ子)がさりげなく会話に出した、山間の田舎道のことが、栄の脳裏に浮かんで…!?

『やすらぎの刻~道』7話あらすじ・ここからネタバレ

白川冴子(浅丘ルリ子)の話は、菊村栄(石坂浩二)の琴線に触れたようだ。それは、姉妹の話ではなく、冴子の語る『道』。
山間の一本道。それが菊村栄の原風景を蘇らせた。

・場面はホーム。
コーヒーを飲みながら、マロ(ミッキーカーチス)と大納言(山本圭)らと談話。どうやら、大納言は少々ぼけている様子。
マロは今年は昭和94年だという。自分の年に10を足せばいいことなのだと自論をぶちまけ笑う。

・場面は釣り場。
「ツイテナイ」が口グセのロク(橋爪功)と菊村栄(石坂浩二)の会話。
「誕生日」と「お誕生日」の違いについて、過去の誕生日話をロクが話す。
元歌舞伎役者のロク。離婚の原因は誕生日にあったとういうのだ。

――妻の誕生日。
その日、ロクは初舞台というのもあり、すっかり妻の誕生日を忘れていたという。妻に「今日は何の日か知ってる?」と問われたら「初舞台」だと答えたというのだ。
しかし、その日は妻の誕生日。
そのことを思い出したのは舞台の上。
ロクはそのことを思いだした途端、セリフを忘れてしまい、散々な舞台に。
帰宅して妻と大喧嘩したという。
「なんでお前の誕生日なんだ」という具合。
思い出したのが舞台の上で、失敗したことを八つ当たり、というべきだろう。
その日から妻は1か月口をきかなくなった。
ロクは、家に帰るのが嫌になり、あちこちの女のところを巡り歩いたという。
それが原因でのちに歌舞伎界を追放されてしまった。

かつてはトラック1台もの誕生日プレゼントのあったロクだが、今じゃ誰からも貰わない。自分で自分にプレゼントを贈るというロク。
釣りでは魚に逃げられ「ツイテナイ」と言うのだった。
<続く>

【やすらぎの刻~道】7話の見どころ

 ▲やすらぎの刻名言

今日のやすらぎの刻名言は、菊村栄(石坂浩二)の妻との風景から。

— やすらぎの刻〜道 (@yasuragino_toki) 2019年4月16日

▲「お誕生日」と「誕生日」の違い

ロクが釣りをしながら誕生日についてを語る。
どうやら女性はいくつになっても「お誕生日」であり、男性は30歳を過ぎたあたりから「誕生日」になるらしい。
女性はいくつになっても「お誕生日おめでとう」の言葉が欲しいのだという。男性は「どうでもいいこと」なのだとロクは言う。

【やすらぎの刻~道】7話の感想


釣りの場面の映像にはモヤモヤ感もありますが、橋爪功さんの長いセリフはさすがです。

どことなく哀しい誕生日のエピソード。歌舞伎の世界から追放された人生は、どこか寂しく感じます。
釣り場で逃した魚は大きかったかもしれない。
そして、妻との関係を失くしたこと、それはロクにとって大きな後悔なのでは?
「逃した魚は大きい」といいますが、ロクはどこまでそれを感じているのか。
わかってはいても、自分肯定するしかない。そんな風に感じました。
今後、もっと奥深くロクの心情を察するような場面もあるかも!?


▲風吹ジュンさん『徹子の部屋』に出演。

八千草薫さんの代役になられた風吹ジュンさん。『やすらぎの刻~道』のお話をしています。

記事内画像:テレビ朝日公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク