【イノセンス-冤罪弁護士】9話の視聴率とネタバレ!連続殺人犯と11年前の事件の関係は?

ドラマ【イノセンス-冤罪弁護士】9話の視聴率とあらすじ・ネタバレ

ドラマ【イノセンス-冤罪弁護士】9話が3月16日(土)に放送されました。

9話では、連続殺人事件が発生、被疑者の弁護を担当することになった黒川拓(坂口健太郎)と

和倉楓(川口春奈)は、被害者女性の刺し傷が11年前の事件と酷似していることに気付く。

そんな中、事件の真相を解明しようと奔走する2人に、忍び寄る黒い影が…

この記事では「イノセンス-冤罪弁護士」9話の視聴率と、あらすじ・ネタバレを書いています。

【イノセンス-冤罪弁護士】の視聴率と最終回ネタバレ! 黒川拓には、父親が無実の罪で収監され獄死した悲しい過去を引きずっている?…
土曜ドラマ【イノセンス~冤罪弁護士~】が日本テレビ系列で2019年1月からスタート! 若き弁護士の黒川拓(坂口健太郎)が、科学…
スポンサーリンク

【イノセンス-冤罪弁護士】9話の視聴率

【イノセンス-冤罪弁護士】9話の視聴率は、8.9%でした!

最終回前の重要な9話でしたが、視聴率はダウンという結果でした。

【イノセンス-冤罪弁護士】9話のあらすじ

【イノセンス-冤罪弁護士】9話のあらすじです。

秋保恭一郎(藤木直人)の妹が殺害された11年前の事件の死後再審を考えていた拓は、

前回、弁護を担当した事件の再審請求が棄却されたことで、過去の事件を扱う難しさを痛感、落ち込み塞ぎこんでいた。

そんな中、都内の美大生・花巻京香が殺害される事件が発生、近くの工場に勤務する富士田順平(坂本真)が逮捕される。

聡子(市川実日子)によると、被害者がつけられた喉元の傷跡が、11年前の秋保の妹が殺害された際の傷跡に似ていると言う。

拓と楓は、11年前の事件と今回の事件に何か関係があるかもしれないと思い、富士田の接見へ向かう。

富士田は、犯行を全面的に否定し、取り調べ中に刑事に責められて仕方なく認めてしまったと言う。

拓は富士田と11年前の事件の関連を疑いつつも、調べてみないと分からないと話し、富士田の弁護を決意するのだった…

富士田が逮捕されたのは、自宅に京香の学生証があったこと、さらに富士田の勤務先に京香の血液が付着したスケッチブックが発見されたことからだった。

しかし、富士田が言うには、学生証は公園で偶然拾っただけでスケッチブックに関しては身に覚えがないとのこと。

拓と楓と穂香は、被害者がスケッチに行っていたという公園を検分する。

拓は、富士田が学生証を拾ったことや犯行現場となった写真をSNSに投稿していたことに違和感を感じ、11年前の事件でも同じようなことがあったという。

一方その頃、秋保の元には黒川真(草刈正雄)から電話があり、検察庁直轄の科学捜査機関の主要メンバーになってほしいと打診される。

真から「拓とあなたの想いは同じではない」と指摘された秋保の心は揺れていた…

そんな中、茨城県の山中で若い女性の遺体が新たに発見され、富士田はこの事件も関与していたとして、再逮捕される。

さらに警察の調べによると、被害女性の山代奈々が殺害されたのは京香より前であるとのこと。

しかし、富士田は奈々とは面識がないと、この事件の犯行も否認。

そこで拓と楓は、富士田と奈々の接点がないことを証明するため、事件現場の山に向かう。

死体遺棄付近のレモン畑の存在に閃いた拓は、秋保に検証実験を依頼する。

検証の結果、死亡推定日には大幅なズレがあることが判明。

そして、迎えた弁護側証人尋問の日、拓は奈々の友人を証人に呼び、死亡推定日以降も奈々と会っていたと主張。

しかし、検察は死亡推定時期のズレはただの仮説であると否定、さらに拓は、11年前の事件と本件を結びつけていることは問題だと非難されて窮地に立たされるのだった…

【イノセンス-冤罪弁護士】9話のネタバレ!

ここからはネタバレ内容含みます。

11年前の事件との関係は?

11年前の東央大学生殺人事件で殺害された秋保彩花は、首に勾玉のような形の致命傷を残した遺体で発見された。

聡子によると、今回の事件で発見された京香の遺体の傷は、傷口の形状が秋保彩花の事件と似ているという。

また、当時、彩花はストーカー被害にあっていたとのことで、京香が以前からストーカー被害にあっていたという点でも、共通している。

拓と秋保は、2つの事件に類似点がある理由には、4つの可能性があるという。

・偶然、傷口もたまたま似ていただけ

・模倣犯、関係者が似せたパターン

・富士田が2つの事件の真犯人

・真犯人が他にいて、それぞれ別の人物に容疑を押し付けた

事件の真相が見えない中、拓は富士田が茨城県の出身で、11年前に神奈川県に住んでいたというとことに引っかかる。

秋保、拓との決別のとき

秋保のバルーンを使った実証実験によって、「斜面温暖帯」という自然現象の影響で、

被害者の死亡推定時刻には大幅なズレがあることが判明した。

しかし、秋保は、あくまで「科学的仮説」であり、容疑を晴らす検証には差があるという。

そして、黒川真検事から打診されている「検察庁直轄科学機関設立」について拓に打ち明ける。

さらに、浅間の無実を晴らすことに固執する拓に、秋保は「遺族にとっては浅間が無実かどうかよりも、事件が解決してくれた方が嬉しい」と言い、拓を突き放すのだった…

拓と楓に忍び寄る黒い影

拓は気晴らしにと、夜の公園で缶ビールを呑んでいた。

「そろそろ帰りましょう。」と楓が促すも、拓は「少し1人にしてもらえませんか」と言う。

1人になりたがる拓をそっと置いて帰る楓に、聡子から「真犯人につながる情報があるかも」との連絡が入る。

拓に伝えようと探しに戻った楓は、ナイフを持った男が拓に近づいていることに気付く。

あわてて、拓を庇うために走り寄った楓にナイフが刺さってしまう…

【イノセンス-冤罪弁護士】9話の感想

【イノセンス-冤罪弁護士】9話のまとめ

いよいよ、最終章に入った【イノセンス-冤罪弁護士】9話では、11年前の事件との関係がリンクしてきました。

拓と秋保が11年前の事件に、それぞれの立場で複雑な思いを持っていることが感じられる回でした。

次回、これまで拓を支えてきた秋保が検察側につくかもしれない状況で、拓はどうやって浅間の無実を晴らすのか?

真犯人は誰で、ナイフで刺された楓は無事なのか?

次回、最終回ですべてが明らかになるでしょう!

記事内の画像出典https://www.ntv.co.jp/innocence/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク