【イノセンス-冤罪弁護士】5話の視聴率とネタバレ!フェンシング部の部員が体罰で心停止?

ドラマ【イノセンス-冤罪弁護士】5話の視聴率とあらすじ・ネタバレ

ドラマ【イノセンス-冤罪弁護士】5話が2月16日(土)に放送されました。

名門フェンシング部の顧問、高松洋介(豊原功補)は、部活動の指導中にエース選手の

藤里(清水尋也)が心停止を起こしたことで体罰を疑われることに…

しかし、そこには高松を貶めるための生徒の巧妙な仕掛けがあった!?

この記事では【イノセンス-冤罪弁護士】5話の視聴率と、あらすじ・ネタバレを書いています。

土曜ドラマ【イノセンス~冤罪弁護士~】が日本テレビ系列で2019年1月からスタート! 若き弁護士の黒川拓(坂口健太郎)が、科学…
【イノセンス-冤罪弁護士】の視聴率と最終回ネタバレ! 黒川拓には、父親が無実の罪で収監され獄死した悲しい過去を引きずっている?…
スポンサーリンク

【イノセンス-冤罪弁護士】5話の視聴率

【イノセンス-冤罪弁護士】5話の視聴率は、9.0%でした。

前回、8.3%に落ちてしまった視聴率も今回は9.0%まで回復しました。

今後は、黒川拓(坂口健太郎)が弁護士になるきっかけとなった、

東央大事件のことなども明らかになっていくようで、

ストーリーの展開と共に、視聴率も上がっていくことが予想されます。

【イノセンス-冤罪弁護士】5話のあらすじ

【イノセンス-冤罪弁護士】5話のあらすじです。

黒川拓(坂口健太郎)が弁護士になるきっかけとなった事件について、

秋保恭一郎(藤木直人)から聞いていた和倉楓(川口春奈)は、

拓の部屋で11年前の『東央大学生殺人事件』に関するファイルを見つける。

楓が弁護士になった理由と事件の関係を尋ねると、拓はあっさり事件のファイルを渡す。

気になる事件のファイルとはいえ、いざ開けるとなると躊躇する楓…

そんな中、開南高校フェンシング部の顧問である高松洋介(豊原功補)が事務所を訪れる。

高松は、部活の指導でエース選手の藤里(清水尋也)を剣で突いた際、

不整脈による心停止を起こさせたとして、業務上過失傷害で在宅起訴されたという。

週刊紙はこの事件を大きく取り上げ、高松のことを行き過ぎた体罰パワハラ教師と報道する。

高松は報道されているような体罰はしていないと言い、拓と楓に弁護を依頼する。

拓と楓は翌日、学校を訪れ聞き取り調査を行うも、教頭や部員は高松と藤里の間にトラブルはなかったと話す。

部員の一人、田代(柾木玲弥)は、高松先生のためなら法廷で証言をしてもいいと申し出る。

事務所に戻った拓は、聡子(市川実日子)が手に入れた事故当時の練習の様子が映り込んだ映像をチェックする。

しかし、肝心の事故の瞬間にちょうどノイズが入っていてよく見えない。

そんな中、楓がかつて所属していた弁護士事務所で悪質なセクハラが表沙汰となる。

週刊誌の取材が殺到することになった楓は、過去の辛い記憶に悩まされることに…

迎えた高松の弁護側証人尋問の日、証言台に立った田代が「高松は体罰を行なっていた」

と驚きの証言をしたことで、法廷は大混乱に陥ることになった。

地道な調査を続ける拓と楓は、秋保(藤木直人)の協力のもと、事件の真相を明かし始める。

そして、拓がたどり着いた真相は、誰も予想しなかった意外なものだった…!

【イノセンス-冤罪弁護士】5話のネタバレ!

ここからネタバレありますので、まだドラマをご覧になっていない方はご注意を。

高松洋介監督のパワハラ体罰の真相

事故当時の練習の様子が映り込んだ映像を見る限り、高松の指導は体罰を疑われても仕方がないと思えるものだった。

さらに、高松を擁護する姿勢だった部員の田代が、一転して弁護側証人尋問で高松の体罰を告発したことで、弁護側はピンチに陥る。

「どれだけきれいごとを言っても、スポーツには才能が必要になってくる。部員たちを平等に扱うことは自分には出来なかった。」

そう話す高松はエース選手の藤里に相当期待していた。

そんな、藤里が酒とたばこを持ち込んでいるのを見た高松は、思わずビンタをしてしまったのだった。

藤里の心停止の原因は?

拓は、事故当時の練習の様子が映り込んだ映像に、事故の瞬間ノイズが入っていたことから、電磁波を使った仕掛けが利用されたことに気付く。

体育館ステージの下にテスラコイルと呼ばれる、無線で送電を行うことができるものを設置し、それによってフェンシングの剣先が接触した瞬間に高圧電流が流れる仕組みが作られていた。

この仕掛けを作ったのは、科学部の森吉だったのです。

いじめを受けていた森吉は田代たちから装置をつくるよう命令されていた。

そして、森吉は藤里本人から頼まれて心停止を起こすように剣に仕掛けを行なっていたと言う…

藤里本人が黒幕だった

エース選手だった藤里は、高松監督からの期待を重荷に感じており、フェンシングを辞めたいと考えていた。

しかし、親も高松もそれを許してはくれず、もう死ぬしかないと考えるようになった。

そして田代の発案で、高松からフェンシングを奪い、自分も死ぬための計画を立てたのでした。

【イノセンス-冤罪弁護士】5話の感想!

まとめ

ドラマ「イノセンス-冤罪弁護士」5話の視聴率とあらすじ・ネタバレを紹介しました。

生徒によるいじめ、嫉妬、絶望など…、いろいろな要素が組み合わさった内容でしたね。

また、学生時代に拓を大きく変えた事件についても、徐々にその全貌が明らかになってきています。

記事内の画像出典https://www.ntv.co.jp/innocence/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク