【みかづき】4話のあらすじネタバレと視聴率! 高橋一生・永作博美の再会に反響!

みかづきtop

画像出典:NHK

【みかづき】4話のあらすじネタバレと視聴率!

高橋一生・永作博美主演のNHK土曜ドラマ『みかづき』第4話が2019年2月16日(土)に放送。

家を出て行った吾郎と、ひとりで塾経営していた千明。

2人の再会シーンには大きな反響がありました。

今回はドラマ「みかづき」4話の視聴率とあらすじネタバレについて。(見逃し配信はNHKオンデマンド、U-NEXTで)

画像出典:NHKPR 高橋一生、永作博美のダブル主演で、本屋大賞2位の人気小説『みかづき』が待望の実写化! 太陽のような…
スポンサーリンク

【みかづき】4話の視聴率

【みかづき】4の視聴率7.0%

前回の第3話から2.1ポイントのアップとなりました。

・前作、20時15分時代の『不惑のスクラム』の第4話の視聴率は5.4%。

・本作『みかづき』4話は「不惑…」4話を1・6ポイント上回る数字となりました。

【みかづき】4話のあらすじネタバレ

土曜ドラマ【みかづき】第4話 「懐かし我が家」 NHK総合:2019年2月16日(土)よる9時初放送

3年後。昭和58 年(1983年)12月。

吾郎(高橋一生)が去った後、千葉進塾の塾長・千明(永作博美)は津田沼に自社ビルを建設。

生き残り競争が激化する中、首都圏にも拡大、4千人の塾生を抱えるほどに発展。

千明(永作博美):家庭問題に悩む

しかし家庭では次女の蘭(大政絢)が千明の経営に異を唱える。

音信不通の夫・吾郎とは「もう関係ない」と問い合わせの電話に応じたことだ。

家出した長女・蕗子(黒川芽以)の行方も分からない。

中学二年生で三女の菜々美(桜井日奈子)が遅く帰ってきた。

遅すぎると千明と口論するが、菜々美は聞く耳を持たない反抗的な態度。

千明が教師の立場をやめたのは、母親の立場も時間をつくりたいと思っていたからだが、上手くいかない…。

千明(永作博美):中傷や菜々美に悩む

ある日。千葉進塾へ中傷のビラがまかれる。塾業界の津田沼戦争だ。

次女・蘭(大政絢)は他社へのビラも似ているとつかむ。

蘭は母を超える経営者を本気で目指していた。すぐに保護者説明会の開催し、被害届も出すという。

また遅く戻ってきた三女・菜々美。

千明が説教すると、菜々美は塾も高校も行かないと言い出す!!

菜々美「ガツガツ勉強していい大学入って、いいところに就職して、それって何?

お金いっぱい稼ぐ為?他のみんなに勝って幸せになる為?

そんな競争で人生つぶしてる段階で、もうみんな全員負けなんじゃないの?

放任主義なら放っておいてよ!」

千明(永作博美):ストライキに悩む

さらに給料や定年制など労働条件に反対し、

ストライキを起こした古参教員・小笠原(阿南健治)から、

「今の千葉進塾には吾郎が描いた理想はない」と言われた千明。

菜々美は「どうぞ辞めてくださって結構です」と強気にでる。

退職後三年は競業避止義務が規則として契約されていたからだ。

小笠原ひとりが仲間から孤立し、辞めることに。

千明(永作博美):勝見にも辞められ、涙

千明が創業したころから一緒の勝見(勝矢)が退職することになった。

生前、千明の母・頼子が、吾郎に余計なことを言ったと千明に語っていた。

頼子「親が子どものためにできること…人生は生きる価値があると、自分の人生をもって教えること。吾郎さんは吾郎さんの人生を生きればいいのよって、余計なことを言っちゃった」

塾についていけない生徒、勉強が嫌いな娘・菜々美…千明は「見捨てない」と語っていた吾郎のことを想う。

家を出ていくのが吾郎の望みなら「大丈夫、ひとりでもやっていける」と思っていた千明。なのに…

なのに泣けてきてしまう。

千明(永作博美):冗談じゃない再会!

帰り。塾の入口にて「塾長」との声が。声の主は吾郎!

勝見先生に聞いて来たという。

何年も音信不通だったが、勝見先生とたまに連絡取り合っていたそうだ。

いつも自社ビルの前でキョロキョロするのは、吾郎を探しているから、そう勝見が推測していたという。

待ってるに違いない、と。

千明「違うわ、塾がそりゃあそりゃあ増えて、塾同士の争いが…(涙)」

吾郎「ひとりで大変だったね」

千明「勘違いしないで」

吾郎「あー」

千明「図々しい、誰があんたなんか、誰がキョロキョロなんか、冗談じゃないわ」

千明は吾郎の手を強引にひいて帰る。

吾郎(高橋一生):教壇に復帰

吾郎が海外の旅の話しをすると、菜々美は興味津々。

吾郎は「今いるべき所で今やるべきことを楽しめないようじゃ どこ行っても楽しめない」とくぎを刺したあと、

勉強を一生懸命やれば、楽しいと思える瞬間に出会う、と菜々美に告げる。

そして遺影の頼子と約束した。高校を目指して勉強する、と。

「いただきます」大島家が4人そろって食事をした。千明の初・手料理にむせつつ。(長女は家出中)

吾郎は、千葉進塾の教壇に復帰した。

授業が分からず抜け出していた生徒に対して、吾郎はジュースを飲ませて、成分を考えさせる。

吾郎「そう。果汁の量が違うんだ。20%は100のうちの…」

国分寺(六角精児)はナゼ用務員さんがいないのに用務員室があるのか、塾長の千明に問う。

レレレのおばさん(掃除してるから)となっていた千明は、無償の補習教室を創設することを吾郎に提案。用務員室で。

平成時代。

一郎は、補習に2人の教室がいればいいと祖父の考えを知人に話す。

すると教育学部の女子大生「あーちゃん」こと井上阿里(いのうえ・あり)(演:岡本玲)と出会う。

吾郎の著書のファンであり孫に会うのも「うわー」という感じだという。

補習授業に興味を持ってくれたので家に来てもらった。

自伝「みかづき」を読む阿里は、一郎の母・蕗子(黒川芽以)が家出後、再登場するシーンを読む。

37才になっていた蕗子は離婚してシングルマザーになっていた。

千明が訪ねたのは数年後、平成の時代。

次女・蘭は大卒後、千葉進塾に就職している。三女・菜々美はカナダへ留学中。

千明が私立の学校を創設するから、と蕗子にお願いしてきた…。最後の夢だという。

【みかづき】4話の感想

高橋一生・永作博美の再会に反響!

【みかづき】4話のまとめ

千明(永作博美)がひとりで塾を支え追い込まれていく第4話。

まさかの再会シーン、なんという自然な2人の演技でしょう。

高橋一生さんだから、という声もSNSで上がっていますが、たしかに吾郎の魅力が原作よりアップしているように思われます。

勉強、塾、家族…。いろいろと考えさせられるストーリーでもあり、これが全5話というのももったいない。

ずっとずっと高橋一生、永作博美の夫婦を、大島家の家族をみていたい、そんな作品です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク