【グッドワイフ】3話の視聴率とネタバレ!ラスト5分のどんでん返しに反響!

グッドワイフ表紙

画像出典:TBS

【グッドワイフ】3話の視聴率とネタバレ!

常盤貴子・主演のドラマ『グッドワイフ』(TBS、日曜よる9時)の第3話が1月27日に放送されました。

痛快なリーガルドラマですが第3話のラスト5分、衝撃のどんでん返しが!?

今回は【グッドワイフ】3話の視聴率とネタバレについて。

【グッドワイフ】の動画&イッキ見※見逃した方は全話・見放題配信のパラビで。

ドラマ【グッドワイフ】のキャストとあらすじ! 2019年1月スタートのTBS冬ドラマで、アメリカの人気ドラマ「グッドワイフ」が…
スポンサーリンク

【グッドワイフ】3話の視聴率

画像出典;https://www.tbs.co.jp/the_good_wife2019/story/story03.html

『グッドワイフ』3話の視聴率9.6%

第2話の11.5%から1.9ポイントのダウンとなりました。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

画像出典:TBS 【グッドワイフ】の視聴率と最終回ネタバレ! 常盤貴子主演でおくる弁護士ドラマで、アメリカドラマを日本版…

【グッドワイフ】3話のネタバレ

回送列車の脱線事故が発生。死亡した運転士の遺族代理人として、杏子(常盤貴子)多田(小泉孝太郎)朝飛(北村匠海)が担当することになった。相手の東神鉄道の代理人を務めるのは河合映美(江口のりこ)。杏子たちは過重労働による事故で1億円の賠償金を提案するが、映美たちは運転士の居眠りだとして50万円の見舞金を提案。真っ向から主張が対立する。しかも、妊婦である映美は形勢が悪くなると打ち合わせ中でも体調不良を理由に交渉を中断する始末。そんな映美に翻弄され、杏子たちは窮地に追い込まれていく。

一方、杏子は拘置所にいる壮一郎(唐沢寿明)と面会し、過去の幸せだったころの話をする。壮一郎の逮捕後、初めて笑顔になった杏子は、もう一度前向きな気持ちになっていく。そんな杏子を見て多田ははがゆい思いだが、気持ちを抑えながら過重労働を証明すべく、勤務実態を調べていく。その過程で、杏子はある違和感に気づき…。

出典:https://www.tbs.co.jp/the_good_wife2019/story/story03.html

杏子の「ある違和感」は電車のオーバラン(停止線を越えてしまうこと)。

豪華すぎるマンションに住む元従業員・北原隆司(平原テツ)に証言してもらいたいが拒否される。

そんな中、同僚社員の小川祥子(山本裕子)が証言する。高額な退職金で口止めした、と。

映美の依頼人・安西博嗣(高木 渉)は「要求をのむ」という。

裁判に持ち込むのは困る、と安西は賠償金1億円と正式な謝罪を受けいれた。

事故現場で汽笛の音を聞いたという人を発見。

寝てたら汽笛を鳴らさない。安西が隠したのはブレーキの故障。運転士・井口の過失でなく車両の問題だ。

北原が証言した。経費節約で2年に1度の点検になったため、オーバランをしたという。

映美は弁護を辞退した。社員を守るためだと言い訳したが通るはずもない。

事件は一件落着。1億円以上の請求も見込める。

テレビのニュースで事故の件が放送中。その中で事故の前に横浜地検が捜査に入っていたことも判明。

当時・横浜地検の責任者にいて、現在・東京地検の特捜部長・脇坂(吉田鋼太郎)にマスコミが殺到。責任を追及する。

杏子は気づく。依頼人・井口に杏子を紹介したのは壮一郎の担当弁護士・林幹夫(博多華丸)だった。

すべては杏子の夫・壮一郎(唐沢寿明)の狙い。子どもの自転車の故障を杏子に話してヒントにしたのも、すべて脇坂を追い詰めるため。

涙する杏子に対して、多田(小泉孝太郎)が「もうやめろよ、別の未来をいけばいい」と抱きしめた。

【グッドワイフ】3話の感想

【グッドワイフ】3話のまとめ

「面白い」と好評の日曜劇場『グッドワイフ』

3話は、特にラスト5分でのどんでん返しが衝撃でした。

吉田鋼太郎が今回の列車事故に関わっていたなんて。

すべて唐沢寿明の手のひらの中でした。

唐沢さんの復讐・挽回も始まりそうで今後も楽しみです。

次回の『グッドワイフ』第4話は2月3日よる9時から54分間の通常放送。お楽しみに!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク