【記憶捜査】2話の視聴率とネタバレ!相棒の脚本家が描く社会派テーマに絶賛!

記憶捜査表紙

画像出典:テレ東

ドラマ【記憶捜査】2話の視聴率とネタバレ!

テレビ東京系・金曜8時のドラマ「記憶捜査~新宿東署事件ファイル~」第2話が1/25に放送されました。

第2話は大量の白骨死体の謎から意外な社会派展開へ!?

今回はドラマ【記憶捜査】2話の視聴率・あらすじネタバレ・感想について。(見逃した方・テレ東の系列局がない地域の方はTVer、GYAOで期間限定配信あり)

画像出典:テレビ東京 ドラマ【記憶捜査】のキャストとあらすじ! 2019年1月18日スタートのテレビ東京系・金曜8時のド…
スポンサーリンク

【記憶捜査】2話の視聴率

kiokusousa-story02

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/drama/…

『記憶捜査』2話の視聴率6.8%

前回から1.5ポイントのダウンとなりました。

画像出典:テレ東 ドラマ【記憶捜査】の視聴率と最終回ネタバレ! 北大路欣也、風間俊介、上白石萌音の共演で話題の新作・刑事…

【記憶捜査】2話のネタバレ

『記憶捜査』第2話は別々の場所から2体の白骨が発見。

そしてコインロッカーから49体もの白骨死体が見つかり、新宿区だけで51体もの白骨が!

1体は海に撒いて墓じまい?そして、寺の息子の謎行動、散骨業者の社長・失踪が複雑にからみあっていく。

ここから『記憶捜査』第2話のあらすじをネタバレします。ご注意ください。

51体の白骨死体!?

鬼塚(北大路欣也)と親交のあった磯島質店に、人骨が入った九谷焼の壺が送られてきた。

その直後、愛住町の公園からも白骨死体が発見される。

同じ管内で同時に見つかった2体の白骨。

鬼塚は、質屋に送られた人骨は、平成26年つまり5年前に亡くなった前店主の骨ではないかと疑う。

しかし、息子によると、遺骨は愛光寺のお墓に納骨されたいたが、2年前の平成29年に「墓じまい」のため海に散骨したと話す。

磯島は愛光寺の檀家総代だが、寺が「寺じまい」を決めたので渡りに船。

遠山咲(上白石萌音)が散骨業者を訪問すると、たしかに2年前に東京湾で散骨されていた。

当時、社長・井口が失踪して運営が厳しい時期だった。その頃を知る松井を訪ねる。

会社が登記されてないと知った松井が代表になった。

そんな中、新大久保の施錠されたコインロッカーから、49体分の人骨が発見される。

洗骨されていて燃焼血腫*もあった。*注…硬膜が熱により収縮し,骨との間に生じた空間に血液が貯留し,熱せられて生ずるもの。生活反応ではない。

寺の息子と壺と質屋

寺じまいする愛光寺が、篠村誠という息子がいたが5年前から家出中だという。

住職である父の厳しい指導のせいだった。2年前、一度戻ってきたが、誠は金めのモノ(九谷焼の壺)を持ち去りすぐにいなくなった。

遺骨の緑色は、マラカイトという石。質屋にもマラカイトの指輪があった。

質屋に送られた人骨は、質屋の父親のものだ。

質屋はたくさんの位牌があった。今は禁止する傾向だが、父にならって位牌を預かっていた。

父を見ていると死者の冒涜とは思えなかった。だから預かっていた。

事件の悲しき真相とは…

愛住公園の白骨死体は、住職の息子・篠村誠のものだった。

2年前に失踪した井口社長は、本名・篠村誠だった。

失踪でなく、松井が殺害したのだ。

偽名を使い、登記しなかったのは寺の息子だから父にバレるから。

2年前、業業組合の規制で撒くルールが決まった。そのとき、大量の遺骨が会社から発見された。

篠村誠(≒井口社長)は散骨しないで産廃業者に売る。動画を遺族に送っているからバレないという。

「死者への冒涜です」と松井が叱ったが、「親父とおんなじこと言うんじゃねえ!」と遺骨を床へばらまく篠村誠。

井口は怒りで思わず撲殺。その後、少しずつ散骨していくつもりで50人分の骨を洗浄し、コインロッカーに入れていた。

「散骨は弔い方であり遺骨の処分方法ではない」というのが松井の信念だ。

鬼塚「きみ(松井)がした行動は、処分かと弔いか?

松井は答えに詰まり倒れ込んだ。

今後も墓じまいや散骨が増えるだろう、弔い方は生き方だと感慨深い鬼塚たち。

そしてまた電話が鬼塚へきた。次は闇の詐欺グループが相手だ。

【記憶捜査】2話の感想

タイムリーな社会派ドラマに絶賛!

「相棒」シリーズ初期の脚本家に絶賛!

【記憶捜査】2話のまとめ

【記憶捜査】の脚本家は、櫻井武晴氏。「相棒 Season 1」から書いてきた方。特に「ボーダーライン」という回は派遣労働者の貧困を描き「貧困ジャーナリズム2011」を受賞。

ほかに中居正広主演のドラマ『ATARU』(2012年、TBS/全話脚本担当)、『科捜研の女』なども脚本担当。

『刑事ゼロ』の脚本家とともに、視聴者からは納得の声が多数!

少子化の現代だからこそ起きているお墓の問題。

社会派なテーマと事件をからめる構成で視聴者をうならせるとともに…

犯人にはカッとなり殺す背景、事情があった、というホロリともさせる第2話でした。

視聴者絶賛も納得で、今後も楽しみな作品です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク