【グッドワイフ】2話の視聴率とネタバレ!常盤貴子の証人の発音が気になる?

グッドワイフ表紙

画像出典:TBS

【グッドワイフ】2話の視聴率とネタバレ!

常盤貴子・主演のドラマ『グッドワイフ』(TBS、日曜よる9時)の第2話が1月20日に放送されました。

今回は【グッドワイフ】2話の視聴率とネタバレについて。

【グッドワイフ】の動画&イッキ見※見逃した方は全話・見放題配信のパラビで。

ドラマ【グッドワイフ】のキャストとあらすじ! 2019年1月スタートのTBS冬ドラマで、アメリカの人気ドラマ「グッドワイフ」が…
画像出典:TBS 【グッドワイフ】2話のあらすじとゲスト! 常盤貴子・主演のドラマ『グッドワイフ』(TBS、日曜よる9時…
スポンサーリンク

【グッドワイフ】2話の視聴率

『グッドワイフ』2話の視聴率11.5%!

裏番組では追悼特番「家政婦は見た!25」(テレビ朝日)がドラマかぶりで強力。

ほかに日テレの人気バラエテイ「行列のできる法律相談所」は狩野英孝・石破茂・ダニエル太郎らがゲスト。

その中で、前回の第1話から1.5ポイントのアップとなりました。。

画像出典:TBS 【グッドワイフ】の視聴率と最終回ネタバレ! 常盤貴子主演でおくる弁護士ドラマで、アメリカドラマを日本版…

【グッドワイフ】2話のネタバレ

【グッドワイフ】2話のネタバレ

神山大輔(橋爪功)が事務所を尋ねてくる。

彼は、事務所の名誉顧問であり神山佳恵(賀来千香子)の父親だ。

大輔は車を運転中、物損事故を起こしたという。

通常なら器物損壊罪で略式起訴になるが、警官による飲酒の検査を拒否し、公務執行妨害で起訴された。

大輔は無罪を主張。状況証拠からは、どうみてもクロ(有罪)。

その弁護を杏子(常盤貴子)は大輔から依頼された。

ネタバレ①裁判で一つ勝訴

裁判中に、公務執行妨害を認めないと発言する大輔。

映像を見直したところ、「また手錠をかけますよ」との警察の発言が!

杏子は映像は証拠能力がないと指摘。

映像の前の手錠について、牧原哲也(竹井亮介)は酔っ払いの保護のために手錠をかけたと反論。

しかし飲んでいて「立とうとしなかった」だけなのに保護は必要でない。証拠の収集手続が違法であった。

つまり「違法収集証拠排除法則」の適用により映像は、証拠能力を否定される。

検察は公務執行妨害の訴えを取り下げた。しかし酒酔い運転の罪は取り下げない。

物損事故のあとに酒を飲んだと大輔は言うが、パーティーで日本酒を6杯飲んだという証言があがる。


そんな中、特捜部長の脇坂(吉田鋼太郎)が杏子に接触してくる。

脇坂から夫のワイロの話しを聞かされる。

杏子は壮一郎(唐沢寿明)と接見。トミオカ精工から宝飾品を受け取ったか尋ねた。

すると母の誕生日に真珠のブローチをもらったが、すぐに返したという。

ネタバレ②大輔は妻殺し!?

杏子はパーティーには10分しかいなかったため6杯はあり得ないと思う。

さらに大輔が認知症の薬を飲んでいることに気づいた。

しかし大輔は病気を隠して欲しいと訴える。

依頼人の要望のため、杏子は多田(小泉孝太郎)や円香(水原希子)にも教えない。

神山佳恵(賀来千香子)から「父に騙されてる」「私が判断するから」と言われても口を閉ざす杏子。

佳恵は大輔が妻(佳恵の母)を殺したという。我慢し犠牲になってとのこと。

約20年前、夫・大輔の裁判の心労で妻が亡くなったのは本当のことだ。

杏子は、大輔が甘いもの嫌いと聞いて、大輔の自宅にあった和菓子店のスクラップ写真を思い出す。

妻の月命日に和菓子店を訪問してまわっていた、と突き止める。

ネタバレ③裁判・第2ラウンド

たい焼き店の店主・高井明(木本武宏)の証言によると、事故の当日の20時頃に大輔が来店。

そのときお酒の匂いはなかったという。

車の中で大輔が食べていたら具合悪くなるのが見えた。

そこへ警察が職務質問。1度目の飲酒の検査をした後、大輔は発車。事故を起こした。

職務質問した警察官・牧原哲也(竹井亮介)の検査結果を証拠として提出していなかった。検査の計測は数値ゼロ。

故障だと思って新しい機械をパトカーに取りいっていた間に、大輔は発車した。

計測結果のデータを検察は隠していた!

しかも杏子が牧原を鼻炎だと指摘するとその通りだった。牧原は大輔の様子だけで、軽率に判断したと指摘。

図星だった。そして杏子は勝訴。鼻炎は大輔の助言だった。

そして母が父と楽しい時間を過ごしていたと理解した佳恵。大輔は娘・佳恵に病状を打ち明ける。

大輔は、優秀な弁護士を雇いながら新しく事務所を開くつもりだ。階段を一段飛ばしで軽々と上がる。

そして夫のワイロの件は…。

杏子が、宝石店で店員(村上佳菜子)にトミオカ精工の名を出すと、店員の手が止まった!?

【グッドワイフ】2話の感想

常盤貴子の証人の発音が気になる?

常盤貴子の証人の発音は傍聴経験から!

実は、何年も裁判の傍聴をしていた常盤貴子さんなので、実は「証人」のアクセントはわざとなのです。

違和感をあげる方と同時に正しいんだよ、という声もまぎれています。今のところ混在しているようです。

【グッドワイフ】2話のまとめ

常盤貴子の「しょうにん」の発音問題が話題でした。

が、物語自体に触れると…

どんでん返しあり・父娘の泣かせる展開ありで最後まで興味を持って見られるストーリーでした。

検察なにやってんの!

とツッコミたい結末でしたが、見事に認知症の薬の件を出さずに勝訴。

今後も弁護士つづけるようで何より(!?)

まだまだ元気だぞ、と言っているかのような、橋爪功さんの階段を駆け上がるシーンが印象的でした。

行間を読ませる映像はさすが塚原あゆ子演出か?*湊かなえ作品や『中学聖日記』『コーヒーが冷めないうちに』などの監督さんです。

次回の『グッドワイフ』第3話は1月27日よる9時から54分間の通常放送です。お楽しみに!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク