【西郷どん】45話のあらすじと視聴率!視察を刺殺と読み間違えた?

【西郷どん】45話のあらすじと視聴率!視察を刺殺と読み間違えた?

NHK大河ドラマ「西郷どん」の45話が12月2日に放送されました。

ついに西郷が立ってしまう。

そのキッカケとなった“シサツ”は視察なのか刺殺なのか?

この記事では、「西郷どん」45話の視聴率とあらすじについて書いています。

動画はU-NEXTでどうぞ。

ドラマ【西郷どん】全話視聴率と最終回ネタバレ! 三度結婚し二回島流しになるなど、謎多き男“西郷隆盛”を、林真理子さんにしか書け…
出典:NHK 2018年1月7日から始まったNHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」 主演の鈴木亮平さんをはじめ、豪華キャス…
スポンサーリンク

【西郷どん】45話の視聴率

【西郷どん】45話のあらすじと視聴率!視察を刺殺と読み間違えた?

【西郷どん】45話の視聴率は、11.5%でした。

【西郷どん】45話のあらすじ

西郷(鈴木亮平)が創立した私学校には続々と若者たちが集まり、その数は2000人を超え、さらに増え続けていた。

それを警戒する大久保(瑛太)は、元薩摩藩士の中原尚雄を密偵として薩摩に送り込む。

菊次郎の妹の菊草を西郷が引き取ってきて、暖かく迎え入れる西郷家。

明治9年、3月。

刀を腰に差してはいけないという廃刀令に、刀は侍の魂だと反発するも、私学校のためだと耐えて受け入れる若者たちだったが、血の気の多い者たちが暴発寸前となっていく。

密偵の中原は、暴発を抑えるため仲間を集めようとするもそれは叶わず、中原から情報を引き出した私学校の者たちは政府軍の武器庫を襲い武器を運び出す。

それを知った西郷は、半次郎たちを殴り激怒するが、大久保が自分を暗殺しようとしていたことを知った西郷は、ついに立つことを決意するのだった。

【西郷どん】45話の感想

回を重ねるごとに半次郎がカッコよくなってきましたね。

視察か刺殺で意味合いが大きく変わってきます。

視察と刺殺には諸説あるようですが、西郷どんを見ていると、暗殺と書けば殺意が明らかになってしまうから、見られたとしても言い訳ができるようにシサツとしたんじゃないか?と大久保のずる賢さを感じてしまう。

ついに立ってしまった。西南戦争、見るのが怖いです。

※記事内の画像出典:NHK公式HP

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク