【リーガルV】4話の視聴率とネタバレ!島崎遥香(ぱるる)の演技力に称賛の声!

リーガルV4話

【リーガルV】4話の視聴率とネタバレ!

ゲストは島崎遥香(ぱるる)!200億円の遺産を狙う4時間妻を演じます。

今回も翔子(米倉涼子)の嗅覚が冴える!

今回は、【リーガルV】4話の視聴率、ゲスト、あらすじ、ネタバレ、感想、気になるキャストについて!

【リーガルV】のキャストとあらすじ! 2018年10月スタートの秋ドラマに、米倉涼子の新ドラマが登場! 「ドクターX」が…
【リーガルV】視聴率と最終回ネタバレ!米倉涼子はドクターX、99.9、ガッキーを越える? 2018年秋ドラマでは、ここ数年すっ…
スポンサーリンク

【リーガルV】4話の視聴率

【リーガルV】4話の視聴率は16.5%!先週日本シリーズで放送が流れ、ロス気分だったからか、ゲストのぱるる効果か、前回より順調にアップしています!

【相棒】4話の視聴率は15.2%だったので、首位争いは今回も【リーガルV】の勝利!

【リーガルV】4話のゲスト

島崎遥香(役:峰島玲奈)

リーガルV島崎遥香

峰島玲奈…みねしま・れな。「峰島興業」の会長・峰島恭介(竜雷太)の妻。茨城県出身。

恭介(竜雷太)との出会いは…

勤務先の病院に恭介が検査に訪れた際に世話をしたのがきっかけ。

夜は恭介紹介の銀座の高級クラブでアルバイト。

入院中の恭介からプロポーズされ、婚姻届を役所に提出。

“50歳年下妻”となった4時間後に恭介が死去。遺産の相続権を主張するも納得できない遺族から訴えられる。

竜雷太(役:峰島恭介)

リーガルV竜雷太

峰島恭介…みねしま・きょうすけ。「峰島興業」の会長。40年連れ添った妻とは2年前に離婚。

検査入院した病院で玲奈(島崎遥香)と出会い、プロポーズ。

婚姻届が受理された4時間後に入院先の病院で死去。

生前、見舞いに来ない息子・正太郎(袴田吉彦)や社員の薄情さを嘆いていた。

袴田吉彦(役:峰島正太郎)

リーガルV袴田吉彦

峰島正太郎…みねしましょうたろう。峰島興業社長。会長・峰島恭介(竜雷太)のひとり息子。

遺産200億円の相続権を有していたが、峰島会長の妻・玲奈(島崎遥香)が現れたことで相続権が半分に!

恭介(竜雷太)には結婚の意志がなかったとして婚姻の無効と相続権の不在を争点に、玲奈を訴える。

【リーガルV】4話のあらすじ

今回は遺産相続訴訟で、京極が法廷デビュー!

200億円遺産相続問題勃発!

「峰島興業」の会長・峰島恭介(竜雷太)が入院先の病院で他界した。

会長・恭介の遺産はなんと200億円! 妻とは2年前に離婚し、遺言書もなかったため、ひとり息子の社長・峰島正太郎(袴田吉彦)が全額相続するはずだった。

ところが葬式当日、突然現れた女性・峰島玲奈(島崎遥香)が恭介の妻だという。

峰島会長(竜雷太)が旅立つ4時間前に婚姻届が受理されているので、法律上、遺産の半分の100億円を相続する権利があると主張する。

玲奈の出現に焦る正太郎(袴田吉彦)。

峰島会長に結婚の意志はなかったとして、婚姻の無効と相続権の不在を争点に玲奈を訴える。

玲奈は恭介(竜雷太)との結婚はお金目当てではなく、恭介から「遺産を譲りたいので結婚しよう」と言われたと断言。

玲奈は友達の現役ホスト兼パラリーガル・茅野明(三浦翔平)を通じて、小鳥遊翔子(米倉涼子)が管理人の「京極法律事務所」に弁護を依頼する。

京極(高橋英樹)が法廷デビュー

枯れ専・玲奈の指名で担当弁護士になった京極雅彦(高橋英樹)は、人生初の証人尋問に大はりきり。

しかし茅野(三浦翔平)が原告側の証人として出廷!遺言書の存在も明らかに!

翔子(米倉涼子)は、玲奈が金に執着する理由に疑問を持ちはじめた。

原告側を弁護するのは宿敵「Felix & Temma法律事務所」。海崎勇人(向井理)が謎の行動を始めた理由は?

【リーガルV】4話のネタバレ

ここからネタバレありますのでご注意ください。

ウソつきは誰?

玲奈の全身からウソの臭いが漂ってるという翔子(米倉涼子)。

できすぎた馴れ初めに疑問を持つ。

父があんなオンナに遺産を渡すはずがないと、玲奈を疑う社長(袴田吉彦)。

会長のいない峰島興業は切ってもいいのでは話す天馬と海崎。

家政婦の米田は、会長は指輪をねだる玲奈にちくわで十分だ、といっていた。婚姻届は薬で朦朧としたときに書かせたのではないか、と証言。

病院で出会った友人が、玲奈が甲斐甲斐しく会長の世話をしていたことを証言。さらに遺言書があることを思い出す。

遺言書を探す京極法律事務所一同。会長の備忘録的ビデオを発見。

玲奈は、遺産を寄付するといったり、ウソだといったり。

玲奈は10年前に会長と接点があったことがわかり、翔子と青島ポチは馬場が新たなネタを、つかんだ玲奈の故郷に向かう。

玲奈は峰島恭介が事業のために潰した祖父の牧場を復活させようとしていたのだった。

遺言書は偽造!

銀行の貸金庫にあった遺言書が発見されたが、京極は筆蹟に疑問を持ち、100人の鑑定者から偽造だという結果を得る。社長が依頼した鑑定人は金をもらってウソの鑑定書を作っていたのだった。

海崎(向井理)が玲奈(島崎遥香)を追い詰める

京極側が圧倒的に有利となったとき、海崎が登場!

海崎は死亡診断書が偽造だといい、千代田記念病院の担当医を証人として喚問する。

担当医は玲奈に頼まれて死亡時刻を改ざんし、3000万円を受け取ったという。

玲奈(島崎遥香)は自分がウソをついていたと自白。

余計なことをしたと海崎にチクりという翔子に海崎は、君は事実より感情を優先させることがある。だから一年前もあんな時間を、という。

もう一つの遺言書

玲奈から頼まれた会長の墓参りにいくと、旅行から帰ってきた運転手と遭遇し、別の遺言書があることがわかる。

内容は、高崎牧場を潰した方を後悔しており、償いとして全財産は牧場に寄付するというものだった。

玲奈は捕まったものの、寄付のほうが莫大な相続税もかからず、結果的には牧場再建という願いは叶った。

【リーガルV】4話の気になるキャスト

峰島会長お付きの運転手カルロス役キャストは、ソフトバンクのCMでお馴染みのダンテ・カーヴァーさんでした!

【リーガルV】4話の感想

ぱるるの復讐劇が話題に!

悪女からいい子まで。いろんな表情を使い分けるぱるるの演技に称賛の声!

「失敗しちゃった」はドクターXネタですかね?

【リーガルV】4話のまとめ

会長が玲奈と結婚したのは「好きだったから結婚したかった」といった翔子のセリフにグッときました。

玲奈も翔子に墓参りを頼んだり、会長のことを愛していたのでしょう。

悪女ぶりっ子してた、ホントはいい子の玲奈をぱるるがよく演じていたと思いました。

京極法律事務所の面々も一体感が出てきていいチームになってきましたね!

記事内の画像出典:公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク