【まんぷく】23話のあらすじと視聴率!内田有紀の幽霊・咲がブラックで話題!

まんぷく表紙

朝ドラ【まんぷく】23話のあらすじと視聴率!

安藤サクラ主演、NHK朝ドラの第4週「私がみつけます!」第23話が10月26日金曜日に放送されました。

今回は【まんぷく】23話の視聴率とあらすじネタバレについて。(見逃した方はU-NEXTで)

2018年度(平成30年度)後期の朝ドラ・連続テレビ小説は【まんぷく】。 ヒロインは安藤サクラ、夫役に長谷川博己。 脚本…
スポンサーリンク

【まんぷく】23話の視聴率

【まんぷく】23話の視聴率は、21.9%

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の99作目は『まんぷく』 ママさんヒロインの安藤サクラ主演、その夫に長谷川博己! 日清食品…

【まんぷく】23話のあらすじネタバレ

昭和20(1945)年の春。

疎開先の生活にも慣れ、萬平(長谷川博己)は元気になり始めていた。

しかし日本の敗戦は濃厚に。

4月から沖縄戦が始まり、5月には日本の同盟国・ドイツが降伏。

そんな中、萬平へ召集令状=赤紙が届く。

福子(安藤サクラ)は役場の人から、「今戦地に駆り出される兵隊さんは、みんな生きて帰れない」と聞いていた。

敵機に突っ込む特攻のことだった。それでも覚悟を決めた萬平。

鈴(松坂慶子)も賛成したが、その夜、枕元で咲(内田有紀)が現れた。

咲は、萬平が戦死すれば福子が未亡人になれると喜ぶ。

咲の言葉をヒドイと思うが、鈴がいつも言っていたことだという。

翌朝、萬平を激しい腹痛が襲う。福子が走って医師を読んでくると…

腹膜炎と診断され、薬で治るかどうかは「五分五分」と言われる。

鈴は神社で必死に何度も祈る。(石を置いて数えていることから、百度参り)

福子は涙を流しながら、萬平に付き添う…

【まんぷく】23話の感想まとめ

鈴さんの「お百度」が話題です。

咲姉さんの言葉が深層心理というか、意識していなかった醜い心の表現。

そんな事はない、と否定しているかのような必死な、神社のお参りが印象的。

萬平と対立していたはずの鈴に、こういうギャップがあると…

一貫性がないとの批判もありますが、

人間の多面性を描いているとも言えます。

一緒に疎開して月日が経ち愛情も沸いたし、娘を不幸にさせたくないといのもあるのかも…。

『まんぷく』23話のネットでの反響は?

やはり、SNSでも内田有紀の演じる幽霊・咲姉ちゃんがブラックで話題です!

そういえば、疎開するべきかどうかで、福子と鈴の夢で正反対に登場していた咲姉ちゃん。

各自の願望だなとは分かっていたのですが、23話で分かったのは本人も知らない無意識の表現なのですね。幽霊・咲姉ちゃんは…。

萬平が戦死で喜ぶなんて、そこまで悪い人には見えない鈴さん。

漫画で自分の中の天使と悪魔がぶつかり合う絵があるように、ちょっと見ていてゾッとしましたが、鈴さんも自分の黒い思いに気づいての、お百度参りなのでしょう。

モデルが長生きするので、萬平が助かるのは分かっているのですが、引き込まれる仕掛けがたくさんある『まんぷく』23話でした。


【関連記事】

2018年度後期(10月-2019年3月)の朝ドラは『まんぷく』 ヒロインは安藤サクラ。夫役は長谷川博己!モデルはインスタント…
【まんぷく】第4週のあらすじネタバレと視聴率! 安藤サクラ主演、長谷川博己共演、福田靖脚本の朝ドラ/NHK連続テレビ小説『まん…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク