【まんぷく】15話のあらすじと視聴率! 稲村・六平直政の不味い握り飯が泣ける

まんぷく表紙

朝ドラ【まんぷく】15話のあらすじと視聴率!

安藤サクラ主演、NHK朝ドラの第3週「そんなん絶対ウソ!」第15話が10月17日水曜日に放送されました。

今回は【まんぷく】15話の視聴率・見どころ・あらすじネタバレ・感想について。

2018年度(平成30年度)後期の朝ドラ・連続テレビ小説は【まんぷく】。 ヒロインは安藤サクラ、夫役に長谷川博己。 脚本…
スポンサーリンク

【まんぷく】15話の視聴率

【まんぷく】15話の視聴率は、22.8%

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の99作目は『まんぷく』 ママさんヒロインの安藤サクラ主演、その夫に長谷川博己! 日清食品…

【まんぷく】15話のあらすじネタバレ

萬平(長谷川博己)が軍の物資を横流しした罪で逮捕された。

雨の中、福子(安藤サクラ)は、敏子(松井玲奈)ハナ(呉城久美)とともに憲兵隊の庁舎に乗り込む。

しかしあきらめない福子が危うく逮捕されそうに…。

そこへ牧(浜野謙太)野呂(藤山扇治郎)が必死になって助けてくれた。

びしょ濡れで帰った福子たちから事情を聞いた鈴(松坂慶子)はびっくり…。

友人たちから事情を聞いたが、鈴にとっての萬平の印象がさら悪くなることに。

世良(桐谷健太)がホテルで福子に気づいて、萬平の親友だと宣言する。

が、萬平が逮捕されたと知るとラーメン一緒に食べただけだ、と手のひらを返す。

世良は加地谷(片岡愛之助)の元へ行くがどうにもならない。部下の竹ノ原(宮田佳典)だけが味方のようだ。

忠彦(要潤)の留守番していたところ、真一(大谷亮平)が入隊の挨拶に来た。

そして桜の絵を預かって欲しいと忠彦にお願いした。亡き咲(内田有紀)の大事な形見だ。

真一は自分が福子の背中を押したと気づくが、本当の思いだと思う。

夜。忠彦は真一の話しを克子(松下奈緒)に告げて、その後悔のな生き方に同意した。

福子と鈴の話しは平行線のままだ…。

ハンガーストライキ中の萬平は、稲村大悟(六平直政)から家族の存在を尋ねられる。

萬平は大切な人がいると答えた。

稲村「ほな、生きてここでなな。死んでもうたら二度会えんぞ。食え。生きて大事な女に会いたかったら食わんとアカン」

横たわる萬平は、握り飯を「まずい」と言いながらクチにする。

「当たり前や」稲村は高笑いした…

【まんぷく】15話の感想

稲村(六平直政)が萬平(長谷川博己)にやたら話しかけるな、と思っていたら虐める役ではなくて、助けてくれる役でした。

握り飯を食べて「不味い」というセリフのなんと希望的なこと…

泣かすじゃないですか六平(むさか)さん!

「大事な人が生きているなら手放してはいけない」という真一の言葉も思い出されます。

稲村の「大事な女に会いたかったら」は、”大事な人”繋がりです。

萬平と福子は本当に想いあっているのですね。

―食べることは生きること、です。

クサい飯を食べて生き延びて、「食」への想いも深まっていきそうです。

【まんぷく】15話の反響

稲村(六平直政)の不味い握り飯が泣ける!

稲村に涙あり、感謝あり、と大きな反響が!

希望をもらった方が多かったようです。

重い話しなのに視聴者に力を与える心にくい程の上手い脚本・演出・役者たち。

お見事な15話でした。


【関連記事】

2018年度後期(10月-2019年3月)の朝ドラは『まんぷく』 ヒロインは安藤サクラ。夫役は長谷川博己!モデルはインスタント…
【まんぷく】第3週のあらすじネタバレと視聴率! 安藤サクラ主演、長谷川博己共演、福田靖脚本の朝ドラ/NHK連続テレビ小説『まん…

(記事内の画像出典:公式サイト)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク