【まんぷく】12話のあらすじと視聴率!真一・大谷亮平のなんという説得力!

まんぷく表紙

朝ドラ【まんぷく】12話のあらすじと視聴率!

安藤サクラ主演、NHK朝ドラの第2週「…会いません。今は」第12話が10月13日土曜日に放送されました。

今回は【まんぷく】12話の視聴率・見どころ・あらすじネタバレ・感想について。

2018年度(平成30年度)後期の朝ドラ・連続テレビ小説は【まんぷく】。 ヒロインは安藤サクラ、夫役に長谷川博己。 脚本…
スポンサーリンク

【まんぷく】12話の視聴率

【まんぷく】12話の視聴率は、20.9%

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の99作目は『まんぷく』 ママさんヒロインの安藤サクラ主演、その夫に長谷川博己! 日清食品…

【まんぷく】12話のあらすじネタバレ

ときは昭和17(1942)年夏。

軍は勝ち進んでいると報じられているが、人々の暮らしは苦しくなり始めた。

福子(安藤サクラ)が仕事から家に帰ると、鈴(松坂慶子)が暗がりの中で仏壇の前に座っていた。

昼間、咲(内田有紀)の幻を見たという。

向こうで亡き夫の世話を焼いてくれていた、としみじみ語る。

福子は薪をくべながら、ひとり咲を思い出して泣いた…。

萬平(長谷川博己)は福子と会わない日々が続き、ため息をつく日々。

善之助(浜野謙太)は蘭丸を軍に取られて落ち込んでいた。

野呂(藤山扇治郎)恵(橋本マナミ)に告白しようとすると…

いきなり善之助が結婚を申し込んで去る。あわてる野呂だった。

ある日、福子は咲の旦那・真一(大谷亮平)の家を訪ねる。

真一も戦争に行くことになった。姉が守ってくれるはずと伝えた福子。

真一は、いい病院を紹介してくれた萬平に感謝していた。

咲の死や母の反対を言い訳にして会ってないと言う福子。

真一は福子の本当の気持ちを尋ねて…

真一「自分の気持ちに正直になるべきだ。咲や義母さんは関係ないんと違うか。大事な人がいるなら、生きてそこにいるなら、簡単に手放してはいけない。いけないよ。」

背中を押された福子は萬平さんの会社を訪れ、連絡しなかったことを謝った。

そこに憲兵隊が突然踏み込んできて…

【まんぷく】12話の感想

真一(大谷亮平)の言葉が良いし、福子役の安藤サクラさんが久しぶりに萬平(長谷川博尾己)に会ったときの表情の嬉しそうなこと。

会いたくても会えなかった哀しみが伝わる泣きながらの笑顔。

画面が福子の心情を雄弁に語ってくれます。

これは良くも悪くも、主婦が家事をしながら見るドラマではありません。

第1週は可愛らしさが少しあざとく若作りがイタイと評された安藤さん、2週目にきて俄然、本領発揮です。

もちろんSNSの急上昇ワードに上がった咲姉ちゃん・内田有紀も高評価。

ぜひ役者たちの演技を堪能してほしい、そう思わされました。

【まんぷく】12話の反響まとめ

真一・大谷亮平のなんという説得力!

真一(大谷亮平)の説得力ある台詞が話題です。

内田有紀さんの最期のシーンでもらい泣きした方なら、真一の台詞の重みが想像できるはず。

萬平は生きてる。

それなのに簡単に手放しいいのか?

私も大切な人のことを浮かべましたが、視聴者それぞれも思うところのある台詞になったようです。


【関連記事】

2018年度後期(10月-2019年3月)の朝ドラは『まんぷく』 ヒロインは安藤サクラ。夫役は長谷川博己!モデルはインスタント…
【まんぷく】第2週のあらすじネタバレと視聴率! 安藤サクラ主演、長谷川博己共演、福田靖脚本の朝ドラ/NHK連続テレビ小説『まん…

(記事内の画像出典:公式サイト)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク