【僕らは奇跡でできている】1話が低視聴率な理由は高橋一生のスキャンダルが原因?

【僕らは奇跡でできている】の視聴率と最終回ネタバレ!高橋一生実力が試される初主演の結果は?

「僕らは奇跡でできている」の1話が10月9日に放送されました。

普通や当たり前を考えさせられるコミカルハートフルドラマで、非常に面白かったです!

ただ、低視聴率な理由は高橋一生のスキャンダルが原因か?

この記事では、「僕らは奇跡でできている」1話の視聴率とあらすじについて書いています。

動画は、FODプレミアムでご覧頂けます。

ドラマ【僕らは奇跡でできている】が2018年10月の夜21時からスタート! 高橋一生が民放のゴールデンタイムの連ドラ初主演で、…
【僕らは奇跡でできている】の視聴率と最終回ネタバレ! 2018年10月9日からスタートしたドラマ「僕らは奇跡でできている」は、…
スポンサーリンク

【僕らは奇跡でできている】1話の視聴率

【僕らは奇跡でできている】1話が低視聴率な理由は高橋一生のスキャンダルが原因?

【僕らは奇跡でできている】1話の視聴率は、7.6%でした。

【僕らは奇跡でできている】1話のあらすじ

「僕らは奇跡でできている」1話のあらすじをネタバレ有りで書いていきます。

ジョージと器

森を歩き、岩や昆虫、大きな大木など自然と触れ合う1人の少年。

「一輝、どうしたらこの器が輝くと思う?」

ハエに気を取られ、おじいちゃんの陶芸のお皿を割ってしまった一輝に問いかける相河義高(田中泯)。

時は過ぎ、大人になった相河一輝(高橋一生)。

そのときの器の破片は、現在飼っているペットの亀のジョージの巣となり、輝きを取り戻していた。

遅刻はOK?

動物行動学を教える大学の講師として働く一輝は、住み込みの家政婦の山田妙子(戸田恵子)と一緒に暮らしていた。

山田さんに部屋に入らないよう念押しをして、自転車で通勤するが、行く途中で見かけた生き物に興味を持ってしまい、5分の遅刻。

生徒たちが誰も聞いていない中、ジャイアントパンダが繁殖力が低いのに氷期を生き抜いたこと授業で熱弁をしたあと、事務長の熊野久志(阿南健治)に怒られてしまうが、「誰が困るんですか?」とあっけらかんと答える一輝。

歯医者

鮫島瞬教授(小林薫)がアフリカから帰ってくる。

鮫島教授が持って帰ってきた糞の化石の話をランチをしながら話そうということになり、一輝は弁当を忘れたと焦っていると、治療を放棄していた歯が痛み出し、歯医者に駆け込む。

鮫島教授の紹介で歯医者に行くも、歯科医の水本育実(榮倉奈々)に子供の頃からしっかり磨いてきたから虫歯なはずがないと言い切ってしまう一輝。

歯を抜かなければならない状況に、直せる歯医者を探しますと言って一度は帰ってしまうも、歯が痛む一輝は緊急扱いで後日予約を入れてもらうことに。

他の患者さんの合間を縫って診てもらうので、時間厳守と約束していたのだが、一輝は屋久島で拾ったニホンザルの犬歯を見つけて修復作業に夢中になってしまい大遅刻。

最後の患者のあとに診てもらうことに。

彼氏に振られる水本

輝く女性特集の雑誌の取材を受ける水本。

彼氏と高級店に入り、美味しいディナーを食べたりと、仕事にプライベートに充実しているように見えた。

しかし、彼氏は水本に下に見られてると思っていた気持ちが爆発し、うんざりだよと去っていく。

ウサギとカメとシマウマ

診察を待つ間、一輝はウサギとカメの絵を描く少年と出会う。

「このカメには謎がある。カメは寝ているウサギに声をかけなかった。倒れているかもしれないってどうして思わなかったのか?」

一輝は、子供から謎を解決されるよう託される。

「シマウマはどうしてこんなに綺麗な白黒の縞になっているのか?」

大学の授業で、これを1人ずつ発表してもらうと一輝が言い出したもんだから、慌てる生徒たち。

誰も発表したがらず、グループに分けて考えてもらうも話し合わない生徒たちを見て、少年に聞いたイソップ物語の「ウサギとカメ」の話をするも「ウケる」と生徒たちは冷めた反応。

次の授業で、生徒たちに発表させると、色々な意見が出てくる。

あるグループは、尾崎桜(北香那)がほとんど考えたのに、引っ込み思案の尾崎は代わりに青山琴音(矢作穂香)に発表してもらう。

チャイムが鳴り、新庄龍太郎(西畑大吾)から正解がなんだったのか?と問われるも分かりませんと笑顔で返す一輝に呆れる生徒たち。

カメの世界

ウサギとカメの答えが分かったと少年から話を聞くと、自分も同じことを考えてたと意気投合する一輝。

水本先生からカメの解釈を聞かれ、「カメは全然頑張っていない」と答える一輝。

カメは競争にも勝ち負けにも興味はなく、カメはただ道を前に進むこと自体が楽しいと考えていた。

カメが寝ているウサギに声をかけなかったのは、地面から数センチの見える世界にウサギの存在は映っていなかったのかもしれない。

先生はウサギっぽいと言われた水本がウサギの解釈を聞くと「ウサギはカメを見下すために走る、自分が凄いって証明したいんです」と答える一輝に、彼氏に言われた言葉を思い出すのだった。

【僕らは奇跡でできている】1話の感想

面白かったです!

もし実際に相河一輝(高橋一生)のような人がいたら、不思議ちゃんに映るのかもしれませんが、高橋一生さんだとあのクシャッとした笑顔にただただ癒されました。

亀のジョージのゆっくりと餌の葉っぱを食べる姿も見ていて、ちょっと飼いたいなと思えるほど可愛かったです。

全体的には、ほのぼのとした空気感で物語は進んでいったのですが、ウサギとカメの話を考えもしないような角度から見たりと発見を与えてくれるドラマで面白かったです。

やる気のない生徒たちが、今後どう変わっていくのかも注目したいところ。

それとシマウマの縞の答えを教えてくれなかったので調べてみると、この問題は100年以上も議論され続けているようで、ドラマにも登場した色々な仮説が立てられていました。

現在では、虫を寄せ付けないためなんじゃないか?という説が有力だという記事もありましたが、一輝先生の言う通り、答えはまだ分からないということなのかもしれません。

もっと様々なことに対して「なんでこうなっているんだろう?」と考えることが必要なのかもしれないと思ってきたら、ドラマタイトルの「僕らは奇跡でできている」がものすごく良いものに思えてきました。

低視聴率な理由は高橋一生のスキャンダルが原因?

まだ現時点では視聴率は発表されていませんが、一部のニュース記事では「僕らは奇跡でできている」はドラマとして失敗するのではないか?と予想されています。

その主な原因は、高橋一生さんの彼女の存在。

2018年2月にFLASHによって報じられた高橋一生と森川葵の熱愛交際で、これにより女性ファンが一気に減ったんじゃないか?と考えられています。

このスキャンダルにより、番宣不足で話題性が弱くなったんじゃないかという意見もありますが、私はドラマとプライベートの問題は別の話だと思います。

ドラマ好きな人は、ちゃんとそのドラマが面白いか面白くないかで判断されると思うので、私は僕らは奇跡でできているはたとえ初回の視聴率が低かったとしても、逃げ恥のときのように最終回に向けて徐々に上昇していくような面白いドラマになっていくんじゃないかと予想しています!

追記

初回視聴率は、7.6%と残念ながら予想が当たってしまいましたが、これから伸びていくことを期待しています!

Twitterの反応、評判は?

みなさんが僕らは奇跡でできているの1話を見てどう思ったのか、評判をTwitterで見てみました。

癒し効果を与えられるのが、高橋一生さんの魅力なんでしょうね〜!

尻上がりに面白くなっていったの分かります!

掴みどころのないドラマだという意見も。

確かにこうだ!というハッキリとしたものを示すというよりは、まだぼんやりとしか見えない感じですよね。

全体的には面白いという声が多くあったように感じました。

私も面白く感じたので、2話を楽しみに待ちたいと思います。

※記事内の画像出典:僕らは奇跡でできている公式HP

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク