【半分、青い】150話あらすじと視聴率!最終週に繋がる回は311当日だった!

半分青い25週

永野芽郁主演、NHK朝ドラの第25週「君といたい!」

150話が9月22日土曜日に放送されました。

今回は【半分、青い。】150話の視聴率・あらすじネタバレ・感想について。

2018年度前期の朝ドラ・連続テレビ小説は【半分、青い。】 主演は、永野芽郁(ながの・めい)! 脚本は『ビューティフルラ…
スポンサーリンク

【半分、青い。】150話の視聴率

半分青い150話

【半分、青い。】150話の視聴率は、22.9%

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の98作目は『半分、青い。』 永野芽郁がヒロインで、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品です。 …

【半分、青い。】150話のあらすじネタバレ

鈴愛(永野芽郁)律(佐藤健)は、津曲(有田哲平)やグリーンパン2号を持ってきた恵子(小西真奈美)を交え、資金調達の作戦会議を開く。

津曲が、投資家たちを集めたお披露目会を開催しようと提案。恵子(小西真奈美)のアドバイスで、学校の郷愁を誘うため、スパロウリズムが入っているシェアオフィスで行うことが決まる。

鈴愛は、扇風機の魅力を伝える動画を元ダンナの涼次(間宮祥太朗)に撮影してもらってはどうかと言い出す。

鈴愛に会うなり、涼次は頭を下げて謝罪。「涼ちゃん、売れて良かったね」鈴愛は微笑んだ。

涼次が撮った動画は、草原の中で長い黒髪の美少女(上杉真由)がそよ風を浴びて泣くものだった。

鈴愛は涼次の才能に嫉妬した。実費だけで得した。使えるものは家族を置いていった夫も使う。律は許す口実が欲しかったように思えて憐れむが…鈴愛は、マグマ大使の笛があるからさびしくなかった。

3月11日。お披露目回当日。蝶も飛んできた。そして午後2時46分、会場が揺れ、青いきれいな蝶が空へ飛んで行った…。

【半分、青い。】150話の感想

最終週に繋がる回は311当日だった!

【半分、青い。】150話のまとめ

「あさイチ」(2018年9月21日放送)で、脚本の北川悦吏子氏が「明日は必ずみて」と、博多華丸さんに語っていました。

最終週に繋がるだから、と。

なんと150話は東日本大震災、311当日でした。

ポエムのような、虫の知らせのような蝶の登場に、賛否両論、喧喧がくがく。

おそらくノベライズと変更なさそうな展開です。

東北が舞台のドラマでないのに、急に宮城・仙台へ行った裕子のシーンからフラグがたっていました…。

311後の鈴愛をどう描くのか。なかなか複雑ですが…最終週を見届けましょう。


【関連記事】

2018年度前期(4月-9月)の朝ドラは『半分、青い』 ヒロインは永野芽郁。相手役は佐藤健!原作・モデルなしの脚本家・北川悦吏…
【半分、青い。】第25週のネタバレと視聴率! 永野芽郁主演、北川悦吏子脚本の朝ドラ/NHK連続テレビ小説。 第25週「君…

(記事内の画像出典:公式サイト)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク