【半分、青い】146話あらすじと視聴率! 鈴愛・永野芽郁が今さらの発言とは?

半分青い25週

永野芽郁主演、NHK朝ドラの第25週「君といたい!」

146話が9月18日火曜日に放送されました。

今回は【半分、青い。】146話の視聴率・あらすじネタバレ・感想について。

2018年度前期の朝ドラ・連続テレビ小説は【半分、青い。】 主演は、永野芽郁(ながの・めい)! 脚本は『ビューティフルラ…
スポンサーリンク

【半分、青い。】146話の視聴率

半分青い146

【半分、青い。】146話の視聴率は,22.2%

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の98作目は『半分、青い。』 永野芽郁がヒロインで、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品です。 …

【半分、青い。】146話のあらすじネタバレ

花野(山崎莉里那)のひと言から、ついにそよ風の完成への糸口を見つけた鈴愛(永野芽郁)

律(佐藤健)

2010年11月の日曜日。試作品第3号のニ重羽根の扇風機を、正人(中村倫也)津曲(有田哲平)恵子(小西真奈美)に試してみた。

そよ風にはもう一歩だという津曲と恵子。律は風の速度を改めて計算し続ける…。

一方、見守るしかない鈴愛(永野芽郁)は手伝いで訪れた正人(中村倫也)とともに食事に出かける。鈴愛は娘を涼次に会せたら取られてしまいそうだ、と不安を口にした。正人は花野を預かって泊まったときに、夜中に「ママ。ママ」と泣いていたことをばらす。

さらに正人は、「俺とやり直す気ない?」と意外な申し出をする。「悪い男だね、あいかわらず」と答え「私、一番大事な人が分かっちゃったんだ。」と続けた。もともと分かっていたことだ、律の前では変わらない自分でいられることを。

永遠にタイミングがないかもしれない。フラれるのが怖いから「今のままでいい」と鈴愛は思っていた。

そんな中、津曲(有田哲平)の息子・修次郎(荒木飛羽)がシェアオフィスを訪ねてくる。自社の倒産を息子にひた隠している津曲は、そよ風の扇風機の開発をしていると嘘をつく。その様子を物陰から鈴愛を黙って見ていた…

【半分、青い。】146話の感想

鈴愛・永野芽郁が今さらな発言!?

【半分、青い。】145話のまとめ

鈴愛・永野芽郁が今さらの発言とは?

「1番大事な人」が分かったとう鈴愛(永野芽郁)

正人(中村鈴也)がわざと引き出したのでは?という感想が皆さん多いです。

たしかに唐突で軽すぎた告白でした。

フラれるのが怖い、という異性の幼なじみ・親友にありがちな関係。

これはラストへの伏線か?今後の鈴愛と律に注目です。


【関連記事】

2018年度前期(4月-9月)の朝ドラは『半分、青い』 ヒロインは永野芽郁。相手役は佐藤健!原作・モデルなしの脚本家・北川悦吏…
【半分、青い。】第25週のネタバレと視聴率! 永野芽郁主演、北川悦吏子脚本の朝ドラ/NHK連続テレビ小説。 第25週「君…

(記事内の画像出典:公式サイト)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク